1. トップ
  2. 妊活
  3. 人気インスタグラマーが不妊治療を振り返る、「いざ病院も…袋小路に」

人気インスタグラマーが不妊治療を振り返る、「いざ病院も…袋小路に」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


連載2回目は「いざ病院も…不妊治療の袋小路に」。

現在たまひよONLINEで、1歳の息子くんとの日々を描いた「ハハのさけび」を連載中のわぐりさん。
実はわぐりさんも不妊治療経験者。恐ろしいと思っていた不妊治療をどう始め、どうステップアップしたのか。過去の連載「モヤサバ妊活」に詳しく描かれています。
今回は、あらためて当時の気持ちを、ダイジェスト的にマンガにしてもらいました。全四回でお届けします。

「妊活~育児インスタグラマー・わぐりさんが振り返る 私が妊娠するまで」 #2
※参考:「妊活たまごクラブ 不妊治療クリニック受診ガイド 2019-2020年版」

連載1回目はこちら→ 人気インスタグラマーが不妊治療をマンガで振り返る「妊娠は思いどおりにならず」

精神的負担、ステップアップ。不妊治療の袋小路に






不妊治療は想像以上に精神的負担が大きいです。治療のために会社を休む申し訳なさ。仕事のストレスで妊娠しにくくなるのではないかという不安。妊婦さんに対するうらやましさ。だめだったときの落胆。

前進あるのみですが、不妊治療のステップアップは自分で決めなければなりません。
当時の仕事は数年単位のプロジェクトが多く、妊娠したら会社に迷惑がかかるし、体外受精は採卵時に痛みを伴うとも聞きます。いつステップアップすべきか、その決断に妊娠の成否がかかっているかもしれないのに、ふんぎりがつかない。
いろんな思いがごちゃまぜになって、先の人生を考えることが怖く、体外受精をためらっていました。

[わぐり]
6年間の妊活を経て、2018年4月に第1子を出産。
たまひよONLINE連載「モヤサバ妊活」では、妊活・不妊治療をしていたときの体験と気持ちについて、全10回にわたり詳しくレポートしている。

●わぐりさんのマンガ紹介
「モヤサバ妊活」:2年の不妊治療を経て子どもを授かるまで
「妊婦のハッケン」:妊娠中に発見して面白いなーと思ったことを紹介
「ハハになった日」:自分の出産・産後体験をベースに、出産前の自分に伝えたいことを紹介
「ハハのさけび」:育児をする中での気持ちの変化や、母親になって変わった世の中の見方を紹介

関連:保田圭さん 妊活インタビュー 妊活宣言から5年。今だから言えること。

イラスト/わぐり
構成・取材・文/津島千佳

※記事内容、日付、監修者の肩書、年齢などは掲載当時のものです。

▼『妊活たまごクラブ 不妊治療クリニック受診ガイド2019-2020』は、妊活から一歩踏み出して、不妊治療を考え始めたら手に取ってほしい1冊。

■おすすめ記事
不妊治療でよく使われる用語を50音順に解説・な行~ら行

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活の人気記事ランキング

関連記事

妊活の人気テーマ

新着記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら
病院検索
たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし
不妊治療クリニック&体質改善施設
「ふたり妊活」のススメ イベントリポート
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/