1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 生後0ヶ月~1歳、男女別・赤ちゃんの脳はどう育つ?ママとの関係はどう変わる?

生後0ヶ月~1歳、男女別・赤ちゃんの脳はどう育つ?ママとの関係はどう変わる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

triocean/gettyimages

生まれたての0ヶ月から1歳になるまでの、気になる「子どもの脳の成長過程」について、人工知能研究者、脳科学コメンテーターの黒川伊保子先生にお聞きしました。男の子・女の子別の、かかわり方もぜひ参考にしてください。

関連:「男の子脳・女の子脳」を理解すれば子育てがもっと楽しくなる

0~3ヶ月のころ:男女共にママとの「ハネムーン期」

授乳や抱っこなど、ママとのスキンシップを通して、赤ちゃんのコミュニケーション能力が大きく育つ時期。

“携帯を操作しながら〇〇する”のは、脳科学的にはもったいない! 

無理に赤ちゃんをあやしたり、目を合わせたりする必要はありませんが、赤ちゃんを寄せて声をかけてあげて。赤ちゃんは体全体でママを感じていて、ママの喜怒哀楽のすべてが赤ちゃんの感性をはぐくみます。

0~3ヶ月:男の子のかかわり方

女の子より、男の子のほうが生まれつき「空間認知力」が高く、空間を広く見ています。抱っこをしたときに、積極的に少し遠くのものを見せてあげるといいでしょう。

0~3ヶ月:女の子のかかわり方

男の子より「共感力」が高く、親の笑顔などの感情を自分の感情のように認知します。赤ちゃんがハッピーでいられるように、ママ&パパはおおらかな気持ちで過ごすと◎。

6~11ヶ月のころ:ママを追いかける「人見知り&ストーカー期」

おすわりから、はいはい、つかまり立ち、伝い歩きと、大きく運動機能が発達する時期。赤ちゃんも自分で遊びを見つけて楽しむようになり、脳もぐんと成長します。

ママとほかの人との区別がつき、ママが自分にとってかけがえのない存在と認識するようになることから、人見知りや後追いが始まります。ママは困る場合もありますが、赤ちゃんの気持ちを受け止めて。その後の自立がスムーズになります。

6~11ヶ月:男の子のかかわり方

常に「原点との距離感」を意識している男の子は、原点であるママの位置を認識できないと不安になるもの。ママがそばを離れるときは必ず、自分の居場所を伝えて。

6~11ヶ月:女の子のかかわり方

女の子は、肌触りのいいものが好きな傾向に。ママがそばを離れるときは、赤ちゃんのお気に入りのぬいぐるみを持たせて「くまちゃんと待っててね」などと伝えてみましょう。

関連:ママが男の子の行動を理解できないのは当たり前!? 男脳と女脳の違い

脳の成長過程がわかると、赤ちゃんの将来がますます楽しみになってきますね。男の子と女の子のかかわり方を参考に、ぜひこれからの育児に役立ててください。(文・たまごクラブ編集部)

■監修:感性リサーチ代表取締役 黒川伊保子先生
■参考:『たまごクラブ』2018年7月号「男の子baby 女の子baby大解説!!」

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る