1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 出産

出産

出産まであと少し!お産のはじまりからの流れや出産方法、陣痛を乗り切るコツや方法、帝王切開についてなど、事前に知っておきたい出産のための基本情報をまとめました。

出産のための基礎知識

お産の進み方は人それぞれですが、初産では11~17時間かかるといわれています。本番であわてないよう、大まかな流れを頭に入れておきましょう。

少子化・産院の減少で、お産方法を選べないこともあります。でも、どんなお産をしたいか考えるのは大事なこと。お産に前向きになれます。自分がお産する産院はどんな出産スタイルなのか、確認しておきましょう。

いざというときにあわてないように、お産の始まるサインを知っておきましょう。

心と体をリラックスさせることが「陣痛を乗りきる」コツ。子宮口が全開大になるまでは、いかにリラックスして過ごすかがカギです。分娩室に移動しても、自分に合ったリラックスの方法を試してみましょう。

さかごや多胎妊娠などで予定帝王切開分娩になるケースのほか、お産の途中で帝王切開分娩に切り替わることもあります。だれにもあり得る出産方法ですから、事前にしっかり頭に入れておきましょう。

予定帝王切開分娩の場合には、心の準備もできますが、緊急の場合は予期せぬ出来事に、とまどうことがあるかもしれません。でも、だれにでも可能性のある手術です。流れを把握しておきましょう。

帝王切開分娩での出産でも、入院中は基本的には経腟分娩したママと同じ生活を送ります。痛みはありますが、ママの体の状態がよければ、体をどんどん動かしましょう。赤ちゃんのお世話も積極的に行いましょう。
※入院スケジュールは産院により異なります。

無事、出産を終え、赤ちゃんと感動の対面をしたあとは、いよいよ赤ちゃんのお世話が始まります。体を休めつつ、赤ちゃんのお世話にも慣れていきましょう。

お産がなんの問題もなく、スムーズに進んでいけばいいのですが、ときにはなんらかの原因でお産が進まなくなることもあります。そんなときに必要に応じてさまざまな医療処置が行われます。行うかどうかは産院の方針や、医師の間でも意見が分かれるところです。あとで後悔することのないよう、自分の希望を伝えたり、産院の方針を確認しておきましょう。

子宮口が全開大になり、いよいよ生まれる、というときになってトラブルが発生することもあります。赤ちゃんの頭が見えているのに、そこから先にお産が進まない状態が続くと、赤ちゃんの心拍低下や酸素不足が心配されます。そんなときに早く赤ちゃんを出したほうがいいと判断されると、吸引器や鉗子(かんし)を使ってお産を手助けします。吸引、鉗子のどちらになるかは、産院や医師の方針によって違います。

お産が始まらないときや、進まないときに行われる処置です。

妊娠・出産 お金の話

従来は、妊婦健診や分娩入院費にはまとまった費用が必要でしたが、最近は国や自治体の助成が拡大してきました。自己負担がどのくらいになるか最新情報を入手しましょう。

妊娠中や出産時にトラブルがあった場合は健康保険がきくケースもあります。事前に確認しておきましょう。

公的なサポートを受けるためには、手続きのしかたやタイミングを押さえておきましょう。

出産・育児費用をサポートする制度です。

育児にかかる費用を支援する制度です。

育児にかかる費用を支援する制度です。

治療にかかる費用を支援する制度です。

産後すぐに入院治療が必要な赤ちゃんを助ける制度です。

医療費の負担を軽減する制度です。

払いすぎた税金を戻してもらう制度です。

産休中の生活を支援する制度です。

産休以外に病気などで休職した場合をサポートします。

休中の生活を支援する制度です。

一時退職するママを支援する制度です。

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る