1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 【出産準備】ベビーベッド、いる?いらない?必要かどうかを簡単にチェック!

【出産準備】ベビーベッド、いる?いらない?必要かどうかを簡単にチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LightFieldStudios/gettyimages

赤ちゃんのねんねは、ベビーベッドにベビー布団を敷いて寝かせるか、床にベビー布団を敷いて寝かせるか、どちらかになりますよね。出産準備でそろえておきたいものの一つですが、「そもそもうちって、ベビーベッドいるのかな?」と迷う家庭も多いはず。チェック項目を参考にしながら、自分たちのケースを当てはめてみてください。

住環境やライフスタイルで、必要かどうかを考えてみる

「ベビーベッドがあるといい」Aタイプと、「ベビー布団だけでいい」Bタイプに分けてみました。どちらのチェックが多いか、確認してみましょう。

Aタイプ:ベビーベッドがあるといい

□ママとパパがベッドで寝ている
□年の近い上の子やペットがいて、赤ちゃんを布団に寝かせると危なそう
□床がフローリングで、寒さやほこりが気になる
□安全に赤ちゃんを寝かせる場所が確保しづらい
□2人目、3人目を考えていて、ベビーベッドを使いまわせそう
 ↓ ↓ ↓
★こちらのチェックが多いなら…
「ベビーベッドがあるといい」派

Bタイプ:ベビー布団だけでいい

□ママとパパが布団で寝ている
□安全にベビー布団を敷けるスペースがある
□産後しばらくはママが布団で寝起きする
 ↓ ↓ ↓
★こちらのチェックが多いなら…
「ベビー布団だけでいい」派

ベビーベッドを買う(orレンタルする)と決めた人は、どこに置くかを考えてサイズを測る

生まれたばかりの赤ちゃんは、夜中も何度も起きて授乳やおむつ替えをする必要があります。お世話のしやすさも考えながら、置き場所を決めましょう。

寝室に置く場合のチェックポイント

□大人のベッド側の柵が開くか

大人のベッドとベビーベッドを横づけさせる場合、大人のベッド側の柵が開くかが大事なポイントに。横づけ専用のベビーベッドもあります。

□ベビーベッドが入るスペースの幅はいくらか

ベビーベッドが入る幅を計測。十分に広さがないなら、コンパクトタイプを選ぶといいでしょう。

□大人のベッドと高さがそろえられるか

最近のベビーベッドは高さを調整できるものがほとんどですが、中古品やおさがりだと、できないものも。大人のベッドに横づけするなら必ず確認を。

「あると便利」なベビーベッドの機能をチェック!

ほかにも、ベビーベッドには便利な機能がついているものがあります。自分たちの生活スタイルに合わせて、必要な機能を検討してみてください。

折りたたみタイプ

部屋の間口が狭い場合や、掃除などで移動させるときに便利。使わない期間、コンパクトに収納したい人にも最適です。

変形タイプ

赤ちゃんの成長に合わせて、「ベッド→サークル→収納ラック」などに変化できるタイプもあります。長期間使えてお得!

ベビーベッドが必要かどうか、また、必要な場合のチェックポイントも参考になったでしょうか。大型のベビーグッズは、そこそこ値も張るし、長期間使うものなので、慎重に選びたいですよね。赤ちゃんを迎える前に、家族で話し合っておいてください。(文・たまごクラブ編集部)

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る