SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 幼稚園・保育園
  4. GWじゃもう遅い!? 令和のラン活、コロナでさらに早めに!「年中には」というママたちの声

GWじゃもう遅い!? 令和のラン活、コロナでさらに早めに!「年中には」というママたちの声

Hakase_/gettyimages

ラン活って知っていますか? その名もランドセル購入活動。令和は昭和と違って個性派ランドセルが花盛り。「みなさん、ランドセルはいつ、どんな基準で買いましたか?」という声が口コミサイト「ウィメンズパーク」に寄せられました。購入時期、選ぶポイント、コロナ対策など、先輩ママからのアドバイスが寄せられました。

ラン活ピークはGWって本当?まずはコロナ前(2019年)のラン活事情

ランドセルの購入時期が年々早まっています。

その理由のひとつが、工房系ランドセルの人気の高まりです。
素材や手作業にこだわるため生産数が限られ、早い者勝ちなのでGWには売り切れるモデルがあるほど。
令和に入ってからのラン活、とくに2019年は、10月に消費税増税があったため、例年よりも早めにラン活する人が多かったようです。


「年中の12月に工房系を中心にカタログを取り寄せて、土屋鞄に決めて、GW明けの平日(休園日)の午前中にお店へ行って、ゆっくり選び購入(予約)しました。
上の子(小5)は池田屋です。
当時は年長の7月からネット販売開始だったのですが、アクセスが集中してダウン。即完売でした。
なので展示会へ行ったら、入場制限がかかるほどの大混雑。
その体験をふまえて、早めに動きました」

「年中の1月からカタログ請求をしました。
地方在住なので近所に工房はありませんが、GWなどには地方でも展示会が開催されます。
貴重なチャンスを逃すまいとしっかり計画。いくつか巡って実際に触って決めました」

「早いかと思いましたが、5月に池田屋で購入しました。早すぎだよ〜、私はじっくり選ぶわ〜と、ママ友と笑い話にしたのですが。
増税を意識してか、お盆前には人気カラーは売り切れ続出。ママ友は出遅れて、本命が完売してたと落ち込んでました」

「下の子は年中の3月末からラン活開始しました。
小4の上の子の時は、欲しいモデルはGWに売り切れて苦労したので、その経験から早めに動きました。
が、小柄な娘は軽いランドセルが良いと言うので、結局は大手メーカーになりました」

「田舎なので実物を手にできるのはニトリとイオンぐらい。なのでネットでポチッとしました。
メーカーはすぐに決まったのですが、子どもが色で迷ってなかなか決まらず。
どんどん売り切れになるから、気が気じゃなかったです。
来年は下の子のラン活です。あー、めんどくさい。学校指定になったらいいのに、と思います」

コロナ禍はラン活にも異変あり。来場は予約制、時間制限あり。さらに新サービスの貸し出しも!

昨年の春、コロナの影響で展示会は軒並み中止になり、開催されても予約制や入場規制など、制限がありました。
新一年生のラン活事情です。

「資料請求は年中のお正月明け。しかしステイホームとなって、実物を見に行けたのはGWでした。
今日、決まらなかったらまた予約かぁと気が重かったけど、娘が即決したので購入(予約)。ホッとしました」

「春にいくつか展示会をめぐる予定が、コロナで軒並み中止。
その後は入店制限、時間制限(40分〜1時間)で再開されたので、行くお店と欲しいモデルを絞り込んで巡りました。
が、実物を目の前に本人の言うことがコロコロ変わり、下調べはあまり意味なかっです。
ラン活が終わった時はホッとしました」

「遠征できないので近場の店を探し、カタログやネットでモデルを決めて緊急事態宣言明けにお店へ。
しかし実物の与えるインパクトは絶大で、子どもはまったく別のランドセルに一目惚れ。そちらを購入しました。
開店と同時に入店したので気がつきませんでしたが、入店制限がかかっていて、私たちが帰る頃には行列ができていました」

「展示会が中止になったので、貸し出しサービスを利用しました。
我が家は大柄な家系です。身長185cmの夫でも背負える、機能性の高いモデルを選びました。
貸し出しサービスは送料が実費になるけれど、時間も周りの目も気にせず、とことん試すことができるのでおすすめです。
早めに予約しないとすぐ埋まるようなので、ご注意を」

3月購入も増、3月は3月でも、年中の3月にラン活終了という声が

人気モデル、限定カラーなどはGWでも売り切れということもあり、年中の3月に購入(予約)という声もありました。


「ランドセルにこだわりがある人は、早く動きますよね。
そういう私も、年中の3月に購入(予約)しました。どうしても牛革のランドセルが欲しかったので。
上の子(小4)のときはGW明けでも購入できたけど、早まっていると聞いて3月に『とりあえず見るだけ〜』と、店へ行ったらすでに3組の親子が並んでました。入店1組の人数制限がかかっていたんです。
結局、そのとき娘が即決したので購入(予約)。スタッフさんによると、もう60個以上売れているとのこと。
みんな、はえ〜! と、びっくりしました」

「年長の子がいます。今年3月に購入(予約)しました。工房系のランドセルです。
私の住まいに店がなく、実家近所にあるので春休み中に決めてしまいました。
コロナはまだまだ収束しそうもないし、決まった時は肩の荷が降りた感じ。早く決めて良かったです」


ラン活にこだわりのある方が熱く書き込んでいる一方で、「型落ちを半額で買った」「ネットでポチッと購入」「入学式1か月前に大手メーカーを購入」など、あっさりした意見も多くありました。
いずれも「子どもは喜んでくれた」そうです。それが一番大切なポイントですね。




文/和兎 尊美


■文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿を抜粋したものです。



■おすすめ記事
【参観日コーデ|テイスト別】おしゃれママは何着てる?

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。