SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 日記・マンガ
  4. テリー派? ステア派? 『キャンディ♡キャンディ』の男性の登場人物で好きなのは誰? ママ達の声

テリー派? ステア派? 『キャンディ♡キャンディ』の男性の登場人物で好きなのは誰? ママ達の声

更新

教育の概念を読む。アジアの子供の女の子は、輝きの光の効果で若い大人のフィクションの本を読みます。
Pornpak Khunatorn/gettyimages

コミックのみならずテレビアニメも映画も大ヒットとなった昭和の名作漫画『キャンディ♡キャンディ』。口コミサイト「ウィメンズパーク』に「登場人物の男性で誰が一番好きですか? ずっと一緒にいたいのは誰ですか? 」という声が届きました。

意外(?)にもテリー派とステア派で人気は真っ二つ!

『キャンディ♡キャンディ』(原作・水木杏子、作画・いがらしゆみこ)は、少女漫画雑誌『なかよし』(講談社)で1975年4月号から1979年3月号に連載された少女漫画の金字塔です。
時代は20世紀初頭。アメリカの孤児院で明るく元気に育ったキャンディは、周囲の偏見やいじめにもめげず、たくましく成長していきます。
そして登場人物の男性ほぼ全員から恋心を抱かれるキャンディに、誰もが前のめりになるストーリーでした。


アンソニー、テリィ、ステア、アーチー、アルバートさん、ついでにニールなどなど。誰が好きだった? という問いかけに、大いに盛り上がります。

ツンデレがたまらないテリィ派

イギリス名門一族の出身で母親はブロードウェイの人気女優。不良な振る舞いで孤立していましが、やがてキャンディと相思相愛に。しかし自分をかばって大ケガをしたスザナを選びます。


「ちょいワルなところがカッコよかった。なんでスザナなのーーーと、悲しくなりました」

「Gグランチェスターって名前がカッコ良すぎ。
クールでちょっといじわるだったけど、大人になるにつれてイケメンに。スザナには殺意を持ちました(笑)」

「不幸な生い立ちで影あって、キザでカッコよくて貴族で不良。小学生女子のハートをわしづかみです」

「うーん、やっぱりテリィ。大人になってステアの魅力に気づいたけど『いい人』どまりかな』

「やっぱりテリィかなぁ。でも大人になってあらためてみると、彼の人生って波乱万丈すぎる……(笑)」

大人になってその魅力に気づくステア派

アードレー一族のコーンウェル家の長男。発明好きだが失敗作ばかりという、ちょっと抜けてるけど誰からも愛される性格。キャンディに恋心を抱くも見守る姿勢を貫きました。

「明るくてムードメーカー。でも周りを見て気配りもちゃんとできる。
そして何よりメガネ外すとイケメンってのがツボでした」

「今も昔もステアです。メンタル弱めですぐにウジウジする私のことを、明るく励ましてくれそう」

「子どもの頃はアンソニー派でしたが、大人になってから読み返してステア派にありました」

「結婚するならステアでしょう。優しくて賢くて穏やか」


ほぼテリィ派とステア派で埋め尽くされた結果となりました。そしてこんな声もありました。

少数派だったけど根強い人気のアルバート派

動物とともに放浪する自由人。要所要所でキャンディを助け、最後のシーンでは壮大な秘密がわかります……。


「包容力があって素敵なのよね。でも突然放浪の旅に出られたら困る」

「中年おじさんだと思っていたら青年でした。それからキュンとなりました」

「最終回の最後の見開きページの光景。美しかったわー」

完璧な王子様キャラのアンソニー派

金髪で青い瞳、趣味はバラの品種改良と乗馬で性格も温和。キャンディと互いに惹かれ合うも落馬で命を落とします。

「ただの優等生かと思ったら、大叔母様に反抗してキャンディを庇ったり、おぼっちゃまらしからぬ所が好きでした」

チャラいけどそこが素敵なアーチー派

ステアの弟。ストレートの髪にひらひらブラウスを着こなすおしゃれさん。キャンディに惹かれるが、キャンディの幼馴染アニーの気持ちを知って受け入れます。

「あのサラサラヘアーに惹かれました」



昔はテリィ、今はステアという人の多いこと! そしてスザナに敵意を抱いた人の多いこと!  あ〜読み返したい、なんで捨てちゃったんだろ〜、と後悔する人が多いこと! 懐かし〜の声であふれたスレッドとなりました。




文/和兎 尊美


■文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿を抜粋したものです。

■おすすめ記事
女子力高めの3歳児?関西弁にほっこりするyakanさんの育児絵日記

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。