1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 働く理由、目標...etc.働くママに聞きたい4つの質問!

働く理由、目標...etc.働くママに聞きたい4つの質問!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


家事・仕事・育児、3足のわらじをスマートに履きこなしているように見える世の中の働くママたち。職業はもちろん、働く理由だって人それぞれ。今回は、そんな彼女たちに聞いてみたい働きがいやリアルな本音をまとめてみました!

ワーキングママが働く理由

「妊娠・出産・育児」では、女性がより多くの負担を負わなければいけないのも現実です。それでも、働くママが働くことを決めたきっかけ、その理由はどういうものなのでしょうか?

自分が自分であるために

仕事が大好きです。若い人ともお話できる、仕事を通じてお話できる相手がいる、特殊な世界を垣間見ることができるからです。ママ友とだけの会話ってつまらなかったです、私の場合は。いろいろな世界を見させてもらって、お金ももらえるので!

子どもの自立後を見据えて

子どもが成人したあと、まだまだ人生長いです。そのときに、専業主婦ってのが嫌です。嫌というか怖いです。かといってその時に仕事が見つかるか...たいした資格を持っているわけではないので、やっぱり限られた仕事しかないかなと。それなら、今の仕事を続けていったほうが身になると思っています。

自分と家族のために

働く理由は自分のためでもあり、家族のためでもあります。夫の収入だけでもギリギリ生活はできると思いますが、住宅ローンを少しでも早く返したいし、たまには自分のために好きなものを食べたり、服を買ったりしたい。なにより、子どもの学業面ではお金で我慢させることはしたくないと思っています。

離婚しても自立できるように

働く理由はもちろん「子どもの教育費を貯めるため」です。2人の子どもたちが大学に行くときに困らないように、結婚するときに少しでも持たせてあげられるように...。でも、本音は「夫といつでも離婚できるように」です。

たいへんだけどやりがいを感じる

ネットショップの雑用をしています。アラフィフなのに雇ってもらえて感謝していますし、上司も同僚もいい人たちなので、売り上げに貢献できるようになりたくて、勉強しながら試行錯誤。たいへんだけど、やりがいを感じています。

働くママに聞きたい! モチベーションの高め方

時間や気持ちも追われ、忙しい毎日を送るワ―ママたち。そんな日々でも、モチベーションを上げる"なにか"があれば、もっとがんばれそうな気がしませんか?

仕事終わりのビール!

働いて心身共にクタクタになり、帰宅するのが毎日6時ごろ。すぐに夕飯づくりに取りかかりますが、そのときに飲むビールは最高においしいですね。つくりながらビールを1缶、そして子どもたちと食事しながら熱燗をいただきます(笑)。働いたあとのお酒は最高ですね!

子どもの笑顔が見たいから

1番は収入ですが、仕事を辞めたいと思ったときに踏みとどまったのは、テーマパークで子どもの笑顔を見た瞬間。また、この笑顔を見るために仕事をがんばろうって思いました。働いて、色んなところに連れて行ってあげて、また子どもの笑顔が見たいなと思います。

子どもにおいしいものを

働く目的は子どもたちにおいしいものを食べさせてあげることかな?外食するということではなく、時短料理が人気なので!

心にお金に余裕のある生活

働く目的は、心の余裕(経済的な余裕と、共働きの安心感)がほしいから。家も買ったし、旅行など趣味も楽しみたいし、おいしいものも食べたいので、ライフスタイル維持のためには共働きが必須です。

夢はハワイにシニア留学!

定年退職したら、退職金でハワイにシニア留学したいな、と最近は思うようになりました。もちろん働いていないと、宝くじでも当たらない限り無理なので、実現できるようにと思いながら働いていると結構がんばれます!

ワーキングママに聞く「働いていてよかった!」エピソード

つらいこともあるけれど、働いていてよかったと思える瞬間とは? 皆さんのプチ自慢を聞いてみました!

新居を購入できました!

昨年、念願の新居を一括払いで購入しました。長年の社宅住まいで資金も貯まり、共働きでそれなりに収入があったため、気に入った物件に出会ったとき、すんなりと話を運ぶことができました。子育てしながらのフルタイム勤務でたいへんなこともありましたが、ずっと働き続けてきて、本当によかったと思っています。

人間力が上がった!

仕事の効率、家事の効率は出産後のほうが上がりました。キャリアをどう捉えるか次第かもしれませんが、人間力としては、出産後のほうが格段に上がったと思います。

保育園は心強い味方! 預けてよかったことは?

働きながら子育てをするママたちの力強い味方、保育園。幼稚園と保育園を比べる人も多く、もやもやした気持ちになったことのあるワーママも多いのでは。「保育園ってすばらしい!」これから子どもを預けて働こうと考えるママへの参考になりそうなエピソードです。

働くママ同士、気が合いやすい

うちの保育園はバスで送迎もあるし、先生がたにも本当によくしていただいています。あと、保育園ママはみんな働いていることが前提だから話も合いやすいかもね。

プロによる食事や環境が素晴らしい

プロがつくる離乳食はおいしく、おやつまで手作り。きちんと成長に合わせたしつけ、家事もやる母親と違って遊びにつきっきりの先生たち、自然とできるお友だち、家では甘えてなにもしないのに、自立して行動する子ども...。「保育園って素晴らしい」と思いました。

皆さんの意識の高さが垣間見えるエピソードの数々、いかがでしたか?働くママがなぜキラキラ輝くのか、その理由がわかったような気がします。

※文中のコメントは「ウィメンズパーク」からの引用です。
※この記事は「ウィメンズパーク」で過去に公開されたものです。

■関連記事
【働くママに聞く!】朝、家を出る前にどこまで家事しますか?
仕事と育児のヒントがいっぱい! 働くママのタイムスケジュール
夫を乗せる?変える?放置する?ワーママ家庭のリアル「家事育児シェア事情」

■おすすめ記事
正社員?パート?在宅ワーク?あなたに合う育児と両立させる働き方

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る