SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. キラキラしていないママたちのリアル「私終わってる……」と思わずつぶやく爆笑エピソード

キラキラしていないママたちのリアル「私終わってる……」と思わずつぶやく爆笑エピソード

緑色の背景に孤立した若いアジアの女性の興奮した叫び声の肖像画、うわーと驚いたコンセプト
comzeal/gettyimages

加齢なのか疲れているのか、自分の言動に「私、終わってる…」と、思うことありませんか? という声が口コミサイト「ウィメンズパーク」に寄せられました。その第二弾です。今回は勘違い編と忘れ物編。とくに忘れ物のバリエーションはほぼ無限大。みんないい感じで“終わってます“。さぁ、笑って新年を迎えましょう。

あぁ、勘違い。視力の衰えと脳の識別能力の衰えの相乗効果編

「庭に見たこのない黒猫を発見。“どこからきたんでちゅか? かわいいでちゅね”と、赤ちゃん言葉で話しかけながら近寄ったら、黒いゴミ袋でした。
終わってるというより、目が腐っとる」

「仲間がいたー! ペットショップでやりました。ショーケースを眺めながらポメラニアンかわい〜、トイプードルもいいね〜、なんて子どもと話していて、茶色いワンちゃんがいる〜と思って、大きな声で“この子はなんていうワンちゃんかな〜”と、近づいたら、ただの茶色い毛布でした。恥ずかしかった…」

「よくやります。我が家の猫を蹴飛ばしそうになり“ごめんごめん”と謝ったら、夫が脱ぎ捨てたフリースでした。
外でもしょっちゅう猫と何かを見間違えます。猫発見! と、ときめいた喜びを返して欲しい」

「我が家は白猫だったので、白いボールやレジ袋に何度微笑みかけたことか(遠い目)」

「猫の話で思い出しました。川に黄色の水鳥が規則正しく並んでいて、なんの鳥だろうとスマホで写そうと駆け寄ったらブイだった」

「ガラケーの頃、幼稚園で電話番号の交換をしようと携帯電話を取り出したら、テレビのリモコンでした」

「颯爽とガラスのドアを開けて通過するはずが、ドアに激突しました。ガラスの向こうが暗くて距離感が狂ったようで。イテテと開けた先に若い男性がいて、ビビってました」

「車庫入れしようと運転席の窓に勢いよく頭突き。何度もあります」

「寝坊で会社に遅刻しそうになり、玄関の靴を急いで履いて出かけました。3分ほど歩いてふと足元を見ると、左右別の靴。色だけ合ってました」

「他人の車に乗り込んだことあります。
スーパーで私が買い物をして、夫は車で待ってました。ちょっと嫌なことがあって、ぶつくさ愚痴を言いながら助手席に乗り込んだら、運転席の男性は見知らぬ人。お互い目が点。だって、同じ車種だったんだもーん!」

「幼稚園の子どもの遠足の日、早起きしてお弁当作って“楽しんでおいで〜”と、送り出しました。帰宅後、子どもがが“ママ、今日の遠足は自分ひとりだったよ”と。遠足は来週でした」

終わってる主婦の遺失物は、車からブラジャーまで何でもあり。

「車に荷物を積むのを忘れて羽田空港に到着。赤ちゃん連れなのに手ぶらで北海道へ行きました。帰ったらリビングのど真ん中で、トランクが悲しそうに佇んでいました。
その次は車を走らせて3分で気づいてUターン。駐車場にトランクがポツンとありました。危うく沖縄も手ぶらで行くところでした。
親族の結婚式で1泊したときは、ドレスを着ていて良かった、パーティバッグも手に持っていて良かった。無事に結婚式に参加できました。
でも他はすべて忘れました。翌日も家族全員ドレスアップしたままでした」

「ブラジャー忘れました。ノーブラで会社へ行き、帰宅してから気づきました」

「携帯忘れて家に戻り、やれやれと思って家を出たら定期を忘れて再び戻り、今度こそと携帯と定期を握りしめて家を出たら、カバンを忘れました」

「日曜の夜、娘が実家にお泊まりしました。月曜は幼稚園だったので朝、車で迎えに行ってそのまま幼稚園へ送る予定でした。
月曜の朝、迎えに行こうと車を走らせたらいつもの癖で幼稚園へ。駐車場に停めて我に返って慌てて実家へ。
再び幼稚園に到着すると先生から“先ほど来ましたよね。忘れ物ですか?”と、聞かれ、娘が“ママは私を忘れたの”と、他のお母さんがいる前で言われました」

「車を忘れたことあります。近所のスーパーまで車で行き、レジで駐車券の処理までしてもらったのに歩いて帰宅。車庫に車がないのを見ても“長男が乗って行ったのかな”と、そこでも気がつかない。脳細胞だいぶ破壊されてます」

「私もあります。コンビニまで自転車で行って歩いて帰宅。翌朝、自転車がなくて“盗まれた〜”と、大騒ぎ。娘に指摘されて気がついたけど、あやうく警察呼ぶとこでした」

「忘れ物というか、自分の体の幅を忘れてよく車のドアに挟まります」

「羞恥心をどっかへ忘れました。腰の激痛で整形外科へ。先生から“ズボンと一緒に下着を少しずらして”と、言われたのですが、あまりに痛くて加減ができず、お尻丸見え状態までペロンと下着を下げました。先生から“それは下げすぎ”と、冷静に言われました」


他人の車に乗り込んだことあります。ベビーカーを病院に、自転車を幼稚園に忘れたことあります。
そして一泊の温泉旅行で、旅行鞄を車に詰め忘れたことあります。冬だったこともあり、旅行先で下着と靴下だけ買えばなんとかなりました。日本の旅館はすばらしいと実感しました。
帰宅後、リビングに旅行カバンがポツンとありました。体験者さんの言う通り、本当に悲しげに佇んでました。
きっと猫も間もなくでしょう。



文/和兎 尊美


■文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿を抜粋したものです。

■おすすめ記事
意外によくあるトラブル?! わが子がお友だちを叩いてしまったら?

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。