SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 【新型コロナワクチン接種に関するQ&A】妊婦さん&授乳中のママの疑問や不安に医師が回答

【新型コロナワクチン接種に関するQ&A】妊婦さん&授乳中のママの疑問や不安に医師が回答

更新

Prostock-Studio/gettyimages

妊娠中のママや、授乳中のママの中には、新型コロナウイルスのワクチンを接種しようかどうか迷っている人もいるのでは? 妊娠中や授乳中も、ワクチンを接種すべきなの? クリニックフォア田町院の山田光泰先生にお話をうかがいました。

妊娠中に感染すると、重症化しやすい

——日本でも新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、妊婦さんの中にも受ける人が増えてきました。妊婦さんは、ワクチンを接種したほうがよいのでしょうか?

山田光泰先生(以下、敬称略) 新型コロナウイルスの感染拡大が始まったばかりのころは、はっきりしないことも多かったのですが、徐々に世界中でさまざまなデータが蓄積されてきました。その結果、妊婦さんが、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染した場合、重症化しやすく、早産や妊娠合併症などのリスクが上がることがわかっています。
最も心配なのは、肺炎が悪化した場合、胎盤を通して十分な酸素を届けられず、おなかの赤ちゃんが低酸素の状態に陥ることでしょう。こうしたことから、日本の厚生労働省やアメリカのCDC(疾病予防管理センター)では、妊娠週数を問わず、妊婦さんのワクチン接種を推奨しています。

ワクチン接種後の数日間に、腕の痛みや発熱などの副反応が見られることはよく知られていますが、10年後、20年後の未来に何が起こるかはだれにもわかりません。ただ、どんな医薬品も、世に出るまでには想像を絶するような検証が重ねられています。そのため、理論上は、何十年もたってから異常が出るようなことはまず考えられません。

妊婦さんが新型コロナウイルスに感染してしまった場合、重症化しやすいことは確かです。妊娠中に起こりうるリスクと、起こるかどうかわからない将来のリスクをてんびんにかけて、ワクチンを接種するかどうか、ぜひ考えてみてほしいです。

妊娠中と授乳中、赤ちゃんには影響しない?

——妊娠中にワクチンを接種しようかどうか検討する中で、多くの妊婦さんにとっていちばんの心配事は、おなかの赤ちゃんへの影響です。ワクチン接種が、赤ちゃんにとってのリスクとなることはありませんか?

山田 アメリカのCDC(疾病予防管理センター)が、妊娠中にワクチンを接種した女性を追跡調査したところ、流産や早産、胎児の発育不全、先天奇形、新生児死亡の発症率は上がらないことが示されました。

一方で、妊娠中にワクチンを接種したママの臍帯血(胎児の血液と同じ)や母乳には、新型コロナウイルスに対する抗体があることが確認されています。つまり、妊娠中のママがワクチン接種によって獲得した抗体が、赤ちゃんにも移行する可能性があるということ。生まれたばかりの赤ちゃんが、感染から守られる効果が期待されています。

——タイミングが合わなかったりして、「希望していたけれど、妊娠中にワクチンを接種できなかった」というママも多いと思います。産後、授乳中のママがワクチンを接種してもいいのでしょうか?

山田 授乳中にワクチンを接種したママの母乳には、新型コロナウイルスに対する抗体が確認されています。こうした抗体が、母乳を介して赤ちゃんに移行し、赤ちゃんを感染から守る効果が期待されているので、授乳中もワクチン接種は推奨されます。

ワクチン接種にあたってのアドバイス

——妊娠中や授乳中のママがワクチンを接種するときは、産院の主治医などに相談したほうがいいですか?

山田 入院が必要になるほどの重い症状や合併症があるのでなければ、基本的にそのために産院を受診して相談する必要はありません。接種会場にもちゃんと医師はいるので、そこで判断してもらってもいいでしょう。

——妊娠中は「仕事で平日にワクチン接種のための時間が取れない」、産後は「新生児を抱えて接種会場まで行くのはたいへん」というママもいると思います。何かアドバイスはありますか?

山田 最近は、自治体の接種予約も、以前に比べてだいぶ簡単に取れるようになってきたようです。ただ、予約は簡単に取れても、実際のワクチン接種は、平日の18時ごろまでしか受けつけていないというところが多いかもしれません。

その場合は、自宅や職場の近くにある診療所の中に、平日の夜遅くまで、または、土日にもワクチン接種を受けてつけているというところがないか、探してみるといいでしょう。また、パパが休みの日に赤ちゃんを見て、ママがワクチン接種に行けるようにするなど、家族の協力も大切です。

監修/山田光泰先生 取材・文/綾城和美、たまごクラブ編集部

新型コロナウイルスに感染した妊婦さんのうち、8割はパパからの感染と報告されています。ママと赤ちゃんを守るために、パパもワクチン接種を検討してください。

●本記事の情報は2021年10月現在のものです。

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。