1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. [妊娠5カ月]安定期!「胎動」を感じ始めるころ

[妊娠5カ月]安定期!「胎動」を感じ始めるころ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


妊娠16~19週目にあたる5カ月目。この時期はいわゆる「安定期」と言われ、個人差はあるものの、吐き気やにおいに敏感だった"つわり"の症状が落ち着く人が増えてくる時期です。だんだんおなかが目立ち始め、今まで着ていた服がキツく感じ、服装をマタニティウエアに切り替える人もいるようです。また、はじめて胎動を感じたという人や、赤ちゃんの性別が判明したなんていう人もちらほら。妊娠5カ月に入った最初の「戌(いぬ)の日」にするとよいとされている安産祈願も、この時期の大きな行事ですね。
性別がわかる時期や、戌の日の安産祈願、はじめて胎動を感じたときのことについて、先輩ママたちの体験談をチェックしていきましょう。

はじめての胎動

このころになると、はじめて胎動を感じたという妊婦さんが増えてくるようです。胎動は、それまではエコーでしか確認することができなかったおなかの赤ちゃんのようすを体で感じることができ、みなさんとても感動するようですが、いつどのように感じたのかは人それぞれ。ふとした瞬間に「ぐにゃり」「ポコポコ」といった動きを感じたけれど、胎動かどうか分からなかったという先輩ママの声もありました。ウィメンズパークで実施した“胎動を感じ始めた時期”に関するアンケートによると、5カ月までに胎動を感じた人は半数強となりました。ですが、残り半数近くの人はこれからですし、同じ妊娠期の妊婦さんと比較することはせずに、おなかの赤ちゃんからの合図を楽しみに待ちたいですね。

【5カ月目のその日】 5カ月に入ったその日の夜に、布団に入って寝ようとしていたら、「ポコッ」と感じました。「え?」っとびっくりして、心のなかで「今の胎動?もう1回!」って赤ちゃんに話しかけたら、また「ポコッ」としてくれて感動しました。 ・・・18週 初妊娠 胎動っていつから感じましたか?

【胎動を感じなくて不安】 なかなか胎動を感じなくて不安でした。母親教室では、私と同じぐらいの妊婦さんが胎動を感じているとお話をされていて、「私だけ…」という不安でいっぱいでした。 ・・・18週/胎動が感じられない…

【胎動がなくても大丈夫!】 日中の活動中は、お母さんの体も活動しているので胎動は感じにくいです。リラックスしていたほうが胎動は感じやすいです。長いようで短い妊娠期間ですから、変化を楽しんでくださいね。 ・・・胎動の感じ方

気になる性別と「胎児ネーム」




つわりが落ち着くにつれ、「赤ちゃんのことがこれまで以上に気になりだした」という人も多くなってくるころでしょう。特に気になるのが性別。ウィメンズパークで実施した“性別判明の時期”に関するアンケートによると、3割くらいの人が妊娠5カ月までに性別がわかったと回答しています。性別が気になる人は特に、毎回の健診がすごく待ち遠しいのではないでしょうか。
また、おなかの赤ちゃんに「胎児ネーム」をつけて話しかけている夫婦も多いようです。赤ちゃんに「胎児ネーム」で呼びかけ、コミュニケーションをとっていくうちに愛着がわき、「胎児ネーム」をそのまま名前にしたという人もいましたよ。

【24週でもまだ確定できず】 20週で「このおまたのハート型は…女の子かも」と言われて、ほぼ名前の候補も固まったのですが、24週の健診で「あっ、見えちゃったかも…おちんちん!」とひっくり返されました!それでも、いつもチラッとしか見せてくれないので、まだいまいち確定できないんだそうです。 ・・・性別はどのくらいの時期でわかりましたか?

【22週まで性別を教えない方針の病院も】 病院側が早めに性別を教えてしまって変わることがあるといけないので、よほど確信が得られないと教えないようにしている、という話を聞いたことがあります。 ・・・18週前後の皆さん、性別わかりましたか?

【胎児ネーム「あーちゃん」】 「赤ちゃんいるね~」と次男に言うと、「あーちゃん!あーちゃん!」って言うので、そう呼ぶようになりました。命名はそのまま、「ア行」から始まる名前になりそうです。 ・・・16週で性別が…(駄)

安産祈願、何を着ていく?

妊娠5カ月のころに、住んでいる地域の神社やお寺に安産祈願にいく人が多いようです。お参りまでした人もいれば、ご祈祷ずみの腹帯や安産守りをいただきに行っただけという人もいて、形式はさまざま。また、安産祈願の帯祝いに関しては母方の実家が用意するなど、地域によって風習も違うようなので確認してみましょう。
気になる服装はというと、ふだん着よりも少しきちんとした服装を選ぶ人が多いようです。混雑している神社やお寺では長時間並ぶ場合もありますし、安定期とはいえ、妊娠中は体調をくずしやすいもの。できるだけラクな服装や靴を選び、無理のないスケジュールで祈願に行くとよさそうですね。どんな服装で行くべきか、また安産祈願ではどんなことをするのかなどギモンがある人は、先輩ママたちの体験談が参考になりますよ。

【ふだん着で行きました】 ご祈祷ずみの腹帯や安産守りをいただきに行くだけだったので、ふだん着で行きました。きちんとした形でご祈祷されるなら少しきれいな格好でもいいかも知れませんが、ほとんどのかたはふだん着でしたよ。 ・・・戌の日。

【少しきれいめなくらいでOK】 ほとんどの人がふだん着~ちょっときれいめな程度でした。おなかも大きくて着られる服も限られると思いますので、わざわざ用意することはないかなと思います。 ・・・戌の日。

はじめての胎動は、忘れられない瞬間。「おなかに赤ちゃんがいること」を実感して感動する人も多いようです。ただし、感じ方や時期は個人差があるため、あせりは禁物。まだ胎動を感じられなくとも、あせらずのんびり、心穏やかにこの時期を過ごせるといいですね。

※投稿内容は投稿者の個人的な見解・体験に基づくものですので、あくまでもアドバイスとして参考にしていただき、症状などについては医療機関にご確認ください。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る