1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 戌の日に安産祈願に行こう! いつどこに行けばいいの?

戌の日に安産祈願に行こう! いつどこに行けばいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安定期を迎えると、「そろそろ安産祈願に行こうかな」と思う妊婦さんも多いのではないでしょうか。でも、いつ、どこで、誰と行けばいいの? 正しい祈願の方法はあるの? など、わからないこともたくさんあります。安産祈願の基礎知識について、説明します。

そもそも安産祈願をするわけは?

日本には古くから、妊娠5カ月の戌の日に腹帯を巻いて安産祈願をする風習があります。「戌の日」とは、12日に1回巡ってくる日。犬が多産でお産が軽いことにあやかり、いつしか「戌の日」に安産祈願をするようになったのです。
妊娠5カ月目はいわゆる安定期に入る時期で、妊婦さんもひと安心する時期でもあります。このときに腹帯を巻き、安定期まで無事に過ごせたことへの感謝とともに、安産を願います。
安産祈願をする社寺は、必ずしもどこと決まっているわけではありません。ただ、全国には津々浦々、安産祈願で有名な社寺があります。近所に安産祈願の社寺がある、または訪れる機会があるなら、そのような社寺で祈願するといいでしょう。

妊娠5カ月の戌の日じゃないといけないの?

たしかに、妊娠5カ月の戌の日にさらしの腹帯を巻いて安産祈願をする妊婦さんは多いですが、必ずしも妊娠5カ月の戌の日でなければいけない、あるいは大安でなければいけないということはありません。祈願に行く家族の都合のいい日や、体調のいい日を選ぶといいでしょう。また、早い時間に行ったほうがよいという説もありますが、行く時間帯も、体調を第一に考えて決めるのがおすすめです。

戌の日の調べ方

戌の日とは、十二支の11番目に当たり、12日に1回巡ってきます。つまり、1カ月のうち2、3回は戌の日があることになります。戌の日がいつか調べるには「戌の日カレンダー」を見るのが確実ですが、今はいろいろなサイトでも戌の日が調べられますので、チェックしてみましょう。

安産祈願には誰と一緒に行くべき?

安産祈願を心から願う人と行くのが基本です。夫婦2人で祈願する人も多いですが、実父母や義父母も含めて祈願する人もいます。実父母や義父母と行く場合には、どちらか一方の家だけに声かけをするのはよくないので、双方の家に声かけするようにしましょう。

安産祈願にどんな服装で行ったらいい?

あらたまった正装ではなく、平服で構いません。ただし、神聖な儀式なので、ラフすぎる服装や、裸足やサンダルなどは避けましょう。妊婦さんは歩き慣れた靴で、寒い時期は防寒対策もしっかりして行きましょう。

礼拝に行くときの持ち物

①腹帯 持っているものを持参する場合もありますが、祈祷の際に授かる場合もあるので、事前に調べておきましょう。
②祈祷料 祈祷料はあくまでの気持ちですが、神社やお寺のサイトに記載されていることもあるので、事前に調べておきましょう。のし袋は紅白の蝶結びで、神社の場合は、表書きを「御初穂料」、お寺の場合は「御祈祷料」または「御布施」と書いておくのが一般的です。
③母子健康手帳 安産祈願にかかわらず、外出するときは必ず持参しましょう。

正しい拝礼の作法は?

拝礼の基本的な手順は以下の通りです。社寺によって違いがあるかもしれませんので、事前に確認をしておきましょう。
① まず、鳥居(お寺の場合は山門)をくぐる前に一礼します。
② 手水舍で手と口のお清めをしてから拝礼をします。
③ 拝殿(お寺の場合は本堂)の正面に立ち、お賽銭をそっと入れてから鈴(お寺の場合は鰐口)を鳴らします。
④ 2回(お寺の場合は1回)頭を下げてお辞儀をします。
⑤ 胸の高さで手のひらを合わせ、2回拍手します(お寺の場合は拍手はしない)。祈願とともに感謝を伝えましょう。
⑥ もう一度お辞儀をします。
⑦ 最後に、鳥居(お寺の場合は山門)をくぐって出てから、拝殿(お寺の場合は本堂)に向かって一礼します。

祈祷料の目安は?

祈祷料は社寺によって異なります。それぞれの社寺のサイトなどに記載されていることが多いので、事前にチェックをしてみましょう。ただ、祈祷料はあくまでも気持ちです。家族で話し合って決めましょう。

祈祷は必ず受けないといけませんか?

安産祈願のご祈祷は、必ず受けなければいけないものではありません。腹帯やお守りを授与するときに妊婦さんの名前を記帳し、お供えを納めるだけでも安産祈願をしてもらえます。

そのほか、安産祈願について知りたいこと

近所の神社で安産祈願してもいい?

近所の神社でももちろん大丈夫です。ただ、神社によっては腹帯を用意していないところもあります。祈祷を受けるなら妊婦さん自身で用意したほうがいいのかどうか、事前に問い合わせをするといいでしょう。

夫や実母などに代わりに行ってもらってもいい?

体調が悪い、どうしても都合がつかないなど、いろいろな理由で妊婦さん自身が祈願に行けない事情もあるでしょう。その場合は、代理の参拝や、郵送での祈願を受け付けてくれるところもあります。直接、社寺に問い合わせてみましょう。

産後、腹帯やお守りはどうするの?

無事出産したら、一般的にはお礼参りといって、お守りを受けた神社やお寺に赤ちゃんと一緒にお参りし、お返しします。止むを得ず同じ社寺に行けない場合は、普段お参りしている近所の社寺にお返ししてもいいでしょう(社寺によっては受け付けていない場合もあるので、事前に確認してください)。

社寺の予約は必要?

予約が必要な社寺と、予約がなく当日先着順で受け付ける社寺があります。事前に確認しておきましょう。予約をした場合は、遅刻しないよう早めに行きましょう。安産祈願は、個別で行うケースと、何組かが集まって行うケースがあり、後者の場合、遅刻をすると他の方に迷惑をかけることになります。また予約の必要がなく、安産祈願に多くの妊婦さんが訪れる社寺では、大安の戌の日や、戌の日が土日に当たった場合、受け付けするまでに列に並ばなければならないこともあります。体調などを崩さないように注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか? 安産祈願は、妊婦さんやその家族が、赤ちゃんが無事に生まれてくるようにお願いをするだけでなく、ママやパパになる自覚が芽生える時期でもあるかもしれませんね。その由来や作法を知ることも必要ですが、何よりも感謝の気持ちとともに安産を願うことがいちばん大切なのです。
(文/たまごクラブ編集部)

監修
冠婚葬祭マナーガイド 中山みゆきさん

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る