1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 予定日近くに起こる少量の出血「おしるし」の傾向と症状

予定日近くに起こる少量の出血「おしるし」の傾向と症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お産が始まるサインとして現れるおしるし。少量の出血が起こるものですが、初めての出産では不安になる人もいるでしょう。いつごろ、どんな症状があるのかを解説します。

おしるしの症状と特徴

お産が始まるときには、おしるし、前期破水、陣痛(前駆陣痛)のうち、いずれかのサインがママの体に現れます。どれか1つだけでなく、複数が同時に起こることもありますし、順番もそのときまでわかりません。なかでもおしるしとは、予定日近くに起こる少量の出血のこと。予定日近くになって、いつもより強いおなかの張りが起こって子宮口が開き始め、赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮壁の間にずれができて出血が起こります。おしるしの量や色には個人差があり、鮮血やピンク色、茶色とさまざまです。子宮頸管から出たおりものに混じって、少し粘りけがあるのが特徴。トイレに行ったときに気づくことが多いようです。

おしるしがあったときとお産が始まるまで

おしるしはお産が始まるサインですが、すぐに陣痛が始まるというわけではありません。おしるしが見られた後、多くは数日以内に陣痛が始まるといわれていますが、その日のうちに陣痛が始まったという人もいれば、1週間後に始まったという人もいて個人差があります。あわてて産院に連絡する必要はありませんが、不安な場合は連絡してみましょう。また、大量の出血や、出血だけでなく激しいおなかの痛みが伴うようなときはすぐに産院に連絡をしましょう。

おしるしがあったときの対処

おしるしの量は個人差があるものの、それほど量は多くありません。また、出血が一時的でそのあとは見られない人もいれば、しばらく続く人も。いずれにせよ、生理用のナプキンをあてておきましょう。

おしるしがあったあとの入院までの流れ

①おしるしが出現
不安な場合、産院に連絡を。おしるしだけでなく、不規則なおなかの張り、痛み(前駆陣痛)を伴う場合も。すぐにお産が始まるわけではなく、数日以内に陣痛が始まる人もいれば、1週間後という人も。

②10分間隔の規則的な陣痛が始まる、または破水する
産院へ連絡。

③移動
産院の指示にしたがって、必要があれば入院の準備をして産院へ。

④診察・入院

おしるしがあるとお産ももうすぐ。ドキドキしますがあわてずに陣痛が始まるのを待ちましょう。ひとりでの遠出は避け、入院グッズの再チェックなどをしてのんびり過ごしましょう。

執筆/たまごクラブ編集部
監修/日本赤十字医療センター 周産母子・小児センター顧問
東都文教病院 院長 杉本充弘先生

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事