1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 冬を乗り切る妊婦の必需品!花柄マスクポーチを抽選で3000名にプレゼント!

冬を乗り切る妊婦の必需品!花柄マスクポーチを抽選で3000名にプレゼント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザや風邪予防にマスクが欠かない時期になりました。特に妊婦さんにとってはマスクは必需品です。そんなマスクですが、化粧がついたりして1日のうちに何度かに取り替えることもあります。そこで、使い方無限大の大人可愛いマスクポーチをご紹介します。

マスク専用ポーチだからサイズもぴったり!薄くてかさばらないのもいい!

横19cm×縦12cmとマスクのために作った専用ポーチなので、そのまますっぽり入れられるのが嬉しい!出し入れもしやすいので、マスクの予備を入れておくポーチとして使うのがおすすめ。マチは少なく薄いのでバッグの隙間にも入ります。
マタニティの集まりなどのときに、マスクを忘れてしまった人にサッとあげれば気遣い満点女子に♪ 

L字ファスナーと2つの仕切りポケットが使いやすい!

このポーチの使いやすさは何と言っても内側のポケット。出し入れしやすい右のポケットにはリップやハンドクリームなどを、ファスナー付きの左のポケットにはヘアピンや綿棒など細かいものを入れておくのがおすすめ。
またL字ファスナーなので大きく開き中身が見やすいのもポイント。マスクポーチだけでなく化粧ポーチやステーショナリーポーチ、モバイルグッズポーチなどとしても使えます。
L字ファスナーで開ける部分と中の2つの仕切り、外側のティッシュポケットの計4つのポケットが便利!

外側についたティッシュポケットも超便利!

外側にはティッシュを入れられるポケットもつけました。ティッシュを使いたいときに、わざわざファスナーを開けなくても使えるこのポケットが超便利!ウェットティッシュを入れてもOK。

hakka babyの大人可愛い花柄がデザインされているので、持ち歩いてもおうちで使っても気分が上がります。

ママスタイリストさんにも使ってもらいました!

たまごクラブの誌面でも大活躍中のママスタイリスト・梶本さんに実際にマスクポーチを使っていただきました。

帰省や旅行のときにはベビーグルーミンググッズ入れに

この時期おすすめなのが、帰省や旅行のときの赤ちゃん用のグルーミンググッズポーチとして使う方法。大きなポーチに入れると迷子になってしまいそうな細かいものにはぴったり!
「中に仕切りがあるので細々とした綿棒や、爪切り、クリームなども収納しやすいです」と梶本さん。

子どもとの外食時にはスタイ&カトラリーをイン!

「子どもと一緒にお出かけするときのスタイやカトラリーを入れてみました。サイドにティッシュケースも付いているので食べこぼしの片付けなどもスムーズにできていいです」
さすがママならではの使い方。ポリエステル素材なので汚れてもサッと拭き取れますよ。産後にも使える方法がたくさんありそうですね。

お仕事用のミニバッグにもすっぽり入った!

「カメラ前でお直しするときの現場バッグの中に、裁縫道具と一緒に入れて使用しました。普段マタニティやベビーの撮影が多いので、マスクは必需品。少し体調の悪い時などサッとマスクができると安心です。小さなバッグにも入るサイズ感がいいですね」
最近はママたちの間でもミニバッグが流行中!今までのポーチだと大きすぎると感じる人も多いのではないでしょうか。そんなときにもおすすめですね。

4つのポケットが便利な“マスクポーチ”が抽選で3000人にあたるプレゼント企画を『たまごクラブ1月号』で実施中!ぜひ、誌面をチェックして見てくださいね。

ーーーーーーーーー
スタイリスト梶本美代子
アシスタントを経て2005年に独立。ベビー、マタニティなどファミリー媒体を中心とした雑誌を中心に活動。現在1歳11ヶ月の男の子を育児中。
ーーーーーーーー
(撮影/成田由香利  文・サトウヨシコ)

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事