SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 日記・マンガ
  4. 御手洗直子
  5. 夜中のトイレがこわくなるのは私だけ?【御手洗直子のコマダム日記】

夜中のトイレがこわくなるのは私だけ?【御手洗直子のコマダム日記】

更新

今回は直子のトラウマ?のお話。一大センセーションを巻き起こした「婚活コミック」著者、御手洗直子さんが結婚して2児の姉妹の母に。あいかわらずのつっこみどころ満載の日々、渾身のひとコママンガ&エッセイでお送りします。「つっこみが止まらないコマダム日記」#84

人生を狭める恐怖の呪い

※閲覧注意 人生にいらん枷を負う可能性があります。

誰しも何かの折にかけられた呪いというか、ひとり怪談物語のようなものを持っているかと思う。


私の母の場合は、学校怪談にありがちな『数えて2番目のトイレにはお化けがいる』というやつである。私たちが生まれ、成人した後も『いまだに2番目のトイレには入れない』と言っていた。個室が2個しかない場合はどうするんだろう。60歳を超えていまだに小学生の頃に受けたトラウマを引きずっているのである。おそろしい。

私のは『電気をつけてくれる手』である。

夜中にトイレに行きたくなってしまい、でも暗いな。怖いな。電気を付けようとドアの近くにあるスイッチに手を伸ばすと自分が点ける寸前でドアの隙間から手が出てきて電気を点けてくれる。としたらどうしよう…。と延々とスイッチを見続けてしまうという呪いである。そんなことはない。手なんか出てくるわけがない。と思っていても、今布団を出て電気を点けようとした寸前に手が出てくるかもしれない…と思うと布団から出られないのである。そしてトイレに行きたいのである。でも行けないのである。困る。

布団から出ている手足は切り落とされて持って行かれる。というのも定番である。夏、タオルケットからも手足を出せず寝ることになる。暑い。困る。一番肝心な首がオッケーなのはなぜなのだろうか。よくわからない。が、怖い。


今までかけられた中でも一番人生を狭めていると実感しているのは、母からかけられた『ナスはまったく栄養が無い』という呪いである。呪い?


まったく栄養が無い物に油を吸わせて食べる意味はーーー…まったく栄養が無い物に金銭を支払い、時間と労力をかけて食べる意味とはーーーーー。

理由としては『おいしい』だけで十分なのだが、でも、栄養無いしなあ…。という強力な呪いのため、ナスを食べる頻度が極度に減ったのであった。いつでも食いたまえよ。(おわり)


御手洗直子
Profile pixivで大人気。累計閲覧数1100万を誇る爆笑コミックエッセイスト。なんでそんなにネタ満載人生を・・・という謎の人。既刊に「31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる」「31歳ゲームプログラマーが婚活するとこうなる」(共に新書館)、「腐女子になると、人生こうなる!~底~」(一迅社)、「つっこみが止まらない育児日記」「さらにつっこみが止まらない育児日記」(ベネッセコーポレーション)など。たまひよのサイトで、数話限定公開中。
 御手洗直子twitter:@mitarainaoko

■おすすめ記事
人気コミックエッセイストが家族との別れを淡々と描くまで

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。