1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 雨の日が楽しくなる!子どもが喜ぶおすすめ室内遊び

雨の日が楽しくなる!子どもが喜ぶおすすめ室内遊び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関東でも梅雨入りして雨が続いていますが、みなさんはお子さんとどのように過ごしていますか? 天候に左右されない屋内遊園地などへ行くのも1つの手ですが、毎日通うのはなかなか難しいですよね。
そこで今回は、ママたちのリアルな雨の日の室内遊びをご紹介します。すでに今あるおもちゃはすぐに飽きて遊ばなくなるというママ、ぜひチェックしてください!

飽きずに遊べる!お部屋の中で魚釣り

インスタグラマーのまろさんは、雨の日には家の中のおもちゃで遊ばせているそう。
魚が大好きで、この魚釣りは「集中力も身につく最高の遊び」とお気に入り。ほかにはおままごとで料理をつくったり、お絵かきや折り紙などで遊んだりして雨の日も家の中で楽しく過ごせているそうです。魚釣りでは15分ほど集中して遊び、そのあと魚はおままごとでも活躍したとか。

カラフルでかわいい魚釣りのおもちゃは、まろさんのお母さんの手づくり! 魚が大好きな娘さんのために、ハギレ布の中に綿を詰め、マグネットを入れています。竿は子どもが遊んでも危なくないように、柔らかいチューブの中心に太めの紐を通しているそう。
チューブと紐なら子どもが振り回しても折れないし、ぶつかってもそんなに危なくないので安心ですね。ハギレ布・綿は家にあったもの、そのほかマグネット・チューブ・紐はホームセンターで購入し、合計で1,000円もしなかったそうです。

ずっとおうちの中で過ごす雨の日は、集中できる遊びにしたいもの。竿を2人分用意して兄弟やママと対決しても楽しく遊べそうですね。

小麦粘土でオリジナルの作品づくり

小麦粘土で遊んでいるのは、インスタグラマーさぁちゃんさんの娘さん。雨の日には、主に小麦粘土遊び・絵本・お人形遊びをしているそう。小麦粘土は「いつも1時間ほど集中して遊んでくれるほど大好き」とのこと。
使っているのは、『Play-Doh』の小麦粘土(約1,500円)。100円ショップで購入したクッキー型を少しずつ買い足して遊ばせているそうです。
小麦粘土は小さな子どもでも遊べて、おうちにある材料で手づくりできるのでママたちからも定評があるアイテム。立体的なものをつくる作業は、真剣に集中して長く遊んでくれます。集中して遊んでもらえるとママも助かりますよね。また、小麦粘土は創造力を高め、五感を刺激してくれるので知育玩具としても人気のようです。

雨の日に外で遊べないのは、子どもにとってもママにとってもストレス。かといって、雨が続く梅雨の時期に毎日屋内遊園地などへお出かけするのは大変です。いつもはしないような遊びでお子さんを楽しませて、梅雨のジメジメをお子さんの笑顔でパッと吹き飛ばしちゃいましょう♪(文・岡本梓)

インスタグラマー mr(@carrie_mri)
2歳4カ月の女の子を育てるママ。おやつやごはん、かぎ針編みでつくった小物や、手づくりの洋服などをインスタグラムにアップ。子どものヘアアクセサリー作品はハンドメイドマーケットアプリで販売。
https://www.instagram.com/carrie_mri/

インスタグラマー さぁちゃん(@saachandesu)
1歳7カ月の女の子のママ。インスタグラムには娘さんの日常や、おもちゃの写真を更新。娘さんのために集められたおもちゃはどれもポップでかわいい。
https://www.instagram.com/saachandesu/

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る