SHOP

内祝い

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. たまひよ成長日記[6カ月と0日ごろ]加藤綜太くんの成長の様子/お世話編

たまひよ成長日記[6カ月と0日ごろ]加藤綜太くんの成長の様子/お世話編

更新

赤ちゃんの成長や生活の様子を毎月リポート。ハーフバースデーを家族でお祝いした綜太(そうた)くん。6カ月になって新しく始めたことを紹介します。

加藤綜太くん&愛さん&貴裕さん

看護師の資格を持つママ。現在は育児に専念中。パパは輸入関連のお仕事で多忙ですが、育児にも積極的で夫婦で分担できているそうです。ママとパパの共通の趣味は旅行。

家族でハーフバースデーをお祝い

ハーフバースデーは家族全員でお祝いしました。記念日はバルーンでお祝いすることが多いわが家。ハーフバースデーもバルーンでお祝いしたかったので、事前に名入りをオーダーしたところ、息子は興味津々! ふわふわ浮くバルーンを触ったり、眺めたりと楽しそうでした。赤ちゃんでも楽しめる、水族館や屋内アミューズメントパークにお出かけしました。外出先ではいろいろな刺激があり、「こんなこともできるんだ」「こんなものが好きなのね」と家にいるだけではわからない驚きや発見があります。

撮影会に参加しました

“ファミリア”が主催する「ハーフバースデー撮影会」に参加しました。1人になっても泣かずにおすわりしてくれたので安心しました。

セパレート服デビューしました!

足の動きが激しくなり、つなぎのボタンをとめるのが大変になっていました。おすわりがしっかりできるようになったこともあり、セパレートのお洋服デビュー。いろいろなデザインの服が着られるようになってかわいく、私も着替えさせるのが楽しくなりました。

初めての水族館!

初めて水族館に行ってきました。イルカやサメ、クラゲと水中を泳ぐ魚をじーっと眺める息子。とても集中し、真剣に見入っていました。

綜太くん6カ月 ある1日の様子(&ママ・パパの様子)

[小児科医・若江先生教えて!]

ママ・パパが最近気になっている「寒い季節のお世話・体調管理の気がかり」について先生に聞きました。

Q 安全面で、冬の寝具はどんなところに注意するべき?

毛布や布団など寝具による窒息が心配です。寝具やねんね環境で気をつけることはありますか?

A 厚手の重い掛け布団や、やわらかい敷布団は使わないで

昔ながらの厚手で重い綿の布団が顔にかかった場合、赤ちゃんの力では取り除くことができないことがあり、危険です。また、ボリュームがあってやわらかい羽毛布団や体が沈むくらいやわらかい敷布団などの上で、うつぶせになると、顔を横に向けても窒息の危険性があります。自宅の寝具はもちろん、帰省先の寝具もどんなものがあるか確認しておくと安心です。6カ月ごろには、顔にかかった軽いものを手でつかんで取りのぞくことができるようになってきます。ベビー用の軽い掛けものであれば、そこまで神経質にならないでもいいでしょう。

監修/若江恵利子先生(小児科医・医療法人恵徳会 あさかクリニック 理事長)
まとめ/岩崎 緑、ひよこクラブ編集部

●掲載している情報は2022年12月現在のものです。

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。