1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 幸せと平和を願う 6月7日は母親大会記念日

幸せと平和を願う 6月7日は母親大会記念日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水爆実験をきっかけに母たちが立ち上がりました

1954年、アメリカの水爆実験実施をきっかけに、日本婦人団体連合会は国際民主婦人連盟と各国の団体に「原水爆禁止のための訴え」を送り、世界母親大会がスイスで開かれることになりました。
これに先立ち第1回日本母親大会が開催されたのを記念し、6月7日が「母親大会記念日」になりました。
子どもの幸福、婦人の権利、平和のために各地で講演会等が開催されています。

母親大会と聞いて、母の日のように何かお母さんにしてくれる大会かと思いましたが、母親として何ができるかを考える大会なのですね。
大会には参加できなくても、陰ながら母親として子どものためにがんばりましょう!

母の日はアンハッピー!?

母の日といえば、夫や子どもから何かもらいましたか?
夫から花束? 子どもからは?

『ウィメンスパーク』には

「保育園で手型とママありがとうって書いてある製作物をもらって涙が出ました」
「よく考えてみればほとんど保育園の先生が作ったのだと思うけど、嬉しくてずっと飾ってあります」


など、ほほえましいエピソードが。

でも、一方では…。

「テレビで母の日特集を見ていた娘が取り繕うように『いつもありがと』って…。心こもってないんじゃん!」

「我が家にとって母の日は義母をもてなし、夫がいい息子であることを演出するための日です。疲れた~。わたしも財布も」


子どもはスルー、義母には、まさに義理でもプレゼントを贈り、渋々“いい嫁”をしているママが多いですね(笑)。

「母の日に可愛いことをしてくれたのは、幼稚園の時だけだったわ~」の声が圧倒的多数。
幼稚園ママ、今のうち存分に母の日の幸せをかみしめてください(笑)。
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
こんなにいるの?! 「二番目に好きな人と結婚しました」ママ禁断の質問!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事