SHOP

内祝い

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ホンダ「NSX」が凄腕シッター!? 伝説のスポーツカーのエンジン音には赤ちゃんを笑顔にするアレと共通点があった!

ホンダ「NSX」が凄腕シッター!? 伝説のスポーツカーのエンジン音には赤ちゃんを笑顔にするアレと共通点があった!

更新

10月28日、タカラトミーアーツとHondaとのコラボレーション『赤ちゃんスマイル Honda SOUND SITTER(ホンダ サウンド シッター)』が発売されました。伝説のスポーツカー「Honda NSX」(二代目)のエンジン音が流れる赤ちゃん向けのぬいぐるみです。実は遊ぶ用のおもちゃではなく「車のエンジン音で赤ちゃんが泣き止む」という都市伝説から開発されたおもちゃなのです。今回、新商品の発表会におじゃまして、開発秘話を聞きました!

車のエンジン音が、胎内音の周波数に近いと言う研究結果

『赤ちゃんスマイル Honda SOUND SITTER(ホンダ サウンド シッター)』(希望小売価格8,250円税込み)を再生してみました。「ブゥゥン、ブゥゥン、ブゥゥン」と、リアルなエンジン音そのままです。赤ちゃんのおもちゃなら、明るく楽しい曲を思い浮かべるので、本当にこれで笑顔になる? と半信半疑。

とはいえ夜、泣き止まない赤ちゃんを車に乗せて深夜のドライブで寝かしつける……は、育児の苦労話ではアルアルです。

右が車好きなら知らぬものはいない、伝説のスポーツカー NSX。この名車のエンジン音が収録されています


2018年、都市伝説的なこの話にHondaが着目。「車のエンジン音に秘密があるのではないか」として、サウンドヒーリング協会の協力のもとHondaの約30種のエンジン音を調査したところ、周波数が胎内音に近いことがわかり、中でも伝説のスポーツカー「Honda NSX」(二代目)が最も近いことがわかったのです。


反響は大きく「製品化してほしい」という声が届くも……

Hondaはこの発見の発表とともに特設サイトでエンジン音を視聴できるようにし、NSXのエンジン音が再生されるぬいぐるみ『Honda SOUND SITTER』(非売品)を体感できるイベントを開催すると「赤ちゃんが笑顔になった」という声が続々と届き、大きな反響を呼びました。

とくにぬいぐるみに関しては「是非、製品化して欲しい」という要望があったのですが……。

赤ちゃん向けの玩具には厳しい厳しい安全基準があります。自動車メーカーにそういった玩具をつくるノウハウや知識があるわけがなく、SNSやYouTubeなどで細々と痕跡を残していると、ぬいぐるみなどの玩具を製作するタカラトミーアーツから、「是非とも製品化したい」という声がかかりプロジェクトが始動したのです。

胎内音の周波数特性を再現することに難航

2018年の『Honda SOUND SITTER』には、一流メーカーの高級スピーカーを使用していたため、NSX特有の重低音を再現することは簡単でした。

しかしおもちゃに高級スピーカーは使えません。
さらにぬいぐるみの中ではくぐもった音になってしまいます。

赤ちゃん向け用品として購入いただける価格内で、胎内音に近い周波数特性をだすために実験を何度も何度も繰り返し、さらに赤ちゃん用玩具の厳しい安全基準をクリアして『赤ちゃんスマイル Honda SOUND SITTER』が、誕生したのです。

赤ちゃんを笑顔にするエンジン音には秘密があった

赤ちゃんの安全面を考慮した形状で、Hondaの往年の名車「S600 クーペ」をモチーフ。ボディを押すとエンジン音が約45秒流れます

何度も言いますがエンジン音です。笑顔になるどころか逆に……と、思ってしまうのですが

「私が『試作品を孫(生後6か月)にきかせたい』と、息子夫婦にお願いした際も同じ反応でした。変な音を聞かせないでよって」と、笑って話してくれたのは、開発・製作の陣頭指揮をとった元タカラトミーアーツの神田修一さん。

息子夫婦の冷たい視線のなか再生すると、お孫さんは満面の笑みに。これには息子さん夫婦も驚いたそうです。

実は2018年のHondaの実験でも、生後5カ月~1歳半の子ども12人に試したところ、11人が泣き止み7人が心拍数が安定したそうです。


「一般的には“うるさい”イメージのエンジン音が、赤ちゃんを笑顔にするって不思議ですよね」
とは、2018年の『Honda SOUND SITTER』から企画に携わる本田技研工業の登那木直さん。

NSXといえば、車好きなら知らぬものはいない伝説のスポーツカーです。
エンジンだけでなくエンジン音も、車好きが”心地いい”と感じるサウンドにこだわって開発されており、『赤ちゃんスマイル Honda SOUND SITTER』の音源は、Hondaのエンジニアがこだわりにこだわった“心地いい”と感じるエンジン音を再現・収録しています。

2023年の日本おもちゃ大賞を受賞し、予約が殺到

そもそも、なぜHondaが赤ちゃん用のおもちゃを開発することに?

「Hondaが調査したところ、赤ちゃんのいる家庭の約75%が『赤ちゃんが泣くことが心配で外出がおっくう』と、感じていることがわかったのです。
移動する喜びを提供したい。車メーカーができることはないか、というのがキッカケでした」と、登那木さん。

さらに胎内音を再現する玩具は数々ありますが、周波数特性までこだわっている玩具は少ないそう。

こうした実績が評価され、『赤ちゃんスマイル Honda SOUND SITTER』は2023年日本おもちゃ大賞エデュケーショナル・トイ部門で大賞を受賞。
発売前から予約が殺到し、急遽予定数の2倍の数を増産。それでも売り切れが続出し、今後さらなる増産も予定しています。

エンジン音を聴いてみたいと興味津々になったら、ネットでも公開されています。赤ちゃんを笑顔にするというサウンドを試してみてください。

https://global.honda/jp/SOUNDSITTER/

取材・文/川口美彩子

※記事の内容は2023年10月の情報で、現在と異なる場合があります。

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。