1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. こんなはずでは… 働くママが体験した「育休復帰1カ月目」のリアル

こんなはずでは… 働くママが体験した「育休復帰1カ月目」のリアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

yopinco/gettyimages

晴れてお子さんも保育園に入園!そしてママも久しぶりの仕事がスタート。復帰直後にはどんなことが起きたのか、先輩ママ達のリアルな声をお届けします。「保育園を考える親の会」代表の普光院亜紀さん・キャリアカウンセラーの水野順子さんからのアドバイスも。

こんなはずでは 〜仕事編〜

●会社のパスワードを忘れ、ボーゼン
●最初の1カ月で有給の大半を消化
●座っているだけで疲れた
●仕事内容を覚えてないことが多すぎて、いちいち確認しながら行ったため、時間がかかった

「育休ボケ」の悩み… 新人になった気持ちで取り組んで。

久しぶりの仕事で周囲のスピードについていけなかったり、ミスが連発したり、という声もありました。「自分は経験者」という気持ちは捨てて、新人に戻った気持ちで仕事に臨んで。電話対応や雑用などがいいリハビリになるので、率先して受けましょう。

関連:ワーママが知っておきたい!「産後ボケ」のこと

こんなはずでは 〜子ども編〜

●毎朝、登園時に子どもに泣かれて辛かった
●保育園へ通いだしたとたん、哺乳瓶を拒否。仕事を途中で抜けて授乳に通った…
●復帰初日に園からのお迎え要請。GWと合わせて連休になり、周囲からヒンシュクを…
●保育園のお迎えの時間が遅く、最後の1人にしてしまいがち…

登園時の大泣き… 先生を信頼し、後は時間が解決

入園したての大泣きもほとんどの人が経験すること。ママがその場にいると、子どもはいつまでも甘えたくなるので、預けたらすぐ立ち去るのが◎。後ろ髪が惹かれても、保育士を信頼して任せましょう。保育士は子どもの気持ちを切り替えさせるさまざまなテクを持っています!

こんなはずでは 〜自分・家事編〜

●仕事→お迎え→帰宅→離乳食→家事の1日で座る暇もない
●おっぱいを飲んでもらえないので胸が張った
●毎日とにかく必死で、ほとんど記憶がない
●親子でクタクタになってしまい、実家の母にSOS
●体力が戻らず、不眠も重なり、家事がなかなかできなかった
●掃除機をかける時間すらない
●仕事でクタクタ、ご飯は出来合いのものを買うことが多かった
●洗濯物をたたむ時間がない

まわらない家事… 食べて寝られればOK。ハードルを下げて。

平日は家事をしようと思わないくらいの気持ちでかまえてOK。
1週間洗濯できなくても大丈夫なように、着替えをたくさん用意しておけばいいし、大変なときは手づくりの食事にこだわる必要もありません。
「食べて、寝る。それだけで十分」。新米ワーママの指標はこれでいいのです。

関連:【働くママに聞く!】朝、家を出る前にどこまで家事しますか?

復帰直後の困ったNo.1は「子どもの病気」

最初の1カ月は半分くらいしか仕事に行けなかったという人も。初めての集団保育に入るわけなので、病気は仕方ないと腹をくくるしかありません。急に休んでも誰かに仕事を引き継げるよう、日頃からデスクまわりやパソコンは整理を。子どもの病気問題は解決できないので、周到な準備をしておきましょう。

職場復帰1カ月目はママも子どもも慣れないことだらけ。先輩ママ達の体験談と先生によるアドバイス、ぜひ参考にしてくださいね。

(文・bizmom編集部)

関連:お迎えは突然に...【子どもの病気】働くママのリアル「対応策」

■参考:「bizmom(ビズマム)」2018年冬春号 特集「祝『仕事復帰』応援ハッピーガイド」
■監修:普光院亜紀さん(「保育園を考える親の会」代表)・水野順子さん(キャリアカウンセラー)

働くママ向け雑誌「bizmom」2018年冬春号には、「復帰後3カ月に起こりがちなトラブル体験談」や「両立上手なママたちの24時間」、「両立がラクになる つくりおきレシピ」など、働くママのための特集が盛りだくさん♪ぜひチェックして!

<Amazonで詳細を見る>

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る