1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. ワーママ必読!家事にかかる労力を時給計算してみた!時給1500円でどっちがお得?

ワーママ必読!家事にかかる労力を時給計算してみた!時給1500円でどっちがお得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


育児と仕事に追われる共働きのママたちは、少しでも家事の負担を減らしたいと考えているはず。でも、お金で解決して負担を減らすべきか、自分で頑張って節約するべきか、線引きは難しい......。『その節約はキケンです』(祥伝社)を出版したばかりのファイナンシャルプランナー、風呂内亜矢先生に話を聞きました。

その作業の時給はいくら?労力対効果で考えるべし

家事に掛かる労力を時給計算したことはありますか? 風呂内先生は「家事も時給換算して、それだけの価値があるかどうかを考えてみることをオススメします」と話します。

例えば月に手取り25万円の収入がある場合、20日働くと日給は12500円。1日8時間労働なら時給は約1500円という計算になります。

掛かる労力や時間もコストと考えると、節約するべきところとお金を掛けるべきところが見えてきます。家事の中でも苦手なもの、得意なものは人によってさまざま。自分に向いていない家事は「やらない」と決めることも大事なことなのです。

夫のYシャツはクリーニングに出す

風呂内先生が苦手な家事は、洗濯とアイロンかけ。夫のYシャツは常にクリーニングに出しているそうです。「だって、私がするよりキレイなんですもん」と風呂内先生。

クリーニング店によって値段は違いますが、安いところは男性のYシャツは1着160円ほど。アイロンかけに掛かる時間を考えれば、かなり費用対効果は高いといえそうです。

風呂内先生も最初は自分で洗濯してアイロンかけをしようと試みたそうなのですが……「買ったばかりの白いYシャツを私の赤いニットと一緒に洗っちゃったんですよ。しかも、体に合わせてオーダーメイドで作ったYシャツでした。きれいにピンクに染まりまして、慣れないことはやるもんじゃないなと思いました(笑)」。

普段怒らない夫が、その時はさすがに怒ったそうで、「160円で仲良しが買えるなら、安いもんです」とそれ以降クリーニングに出すようになったといいます。

自炊にこだわりすぎない、買い物はネットスーパーを活用して

もう1つ、風呂内先生が労力対効果を考えてみては?と勧めるのは日々の買い出しと調理にかける時間です。

自炊をすれば確かに食費は抑えられますが、買い出しから調理、後片付けをそれぞれ30分で済ませたとしても、トータルで1時間半は掛かります。時給が1500円の場合、1時間半でコストは2250円。自炊で節約できるお金がこの金額以上にならないなら、たまにはお惣菜で済ませるのも合理的という考え方もできます。

夫や子どもの栄養バランスを考えて自炊にこだわりたいママもいると思いますが、その場合、下ゆでしてある冷凍野菜をストックしておくなど、調理の手間を減らす工夫を考えてみるのもいいと思います。

また、ネットスーパーを活用することで買い出しの時間を減らすことができます。ポイントは「送料をかけない」こと。無料になる金額はお店によって違うので、確認が必要です。でもその金額に到達するために、必要のないものまで買ってしまうのはNG。

例えばSEIYUが運営している「倉庫館」は品揃えも多く、1980円以上と比較的安価で送料無料になります。また、「ビールが安いから」と風呂内先生がよく利用しているのはLOHACO(ロハコ)。買い物をするたびにTポイントが貯まってお得なのだそう。

家事を手抜きすると、「母親失格なのでは」「ダメな嫁なのでは」と罪悪感を覚える人もいるかもしれません。でも、「悪いかな……と思う時点で、あなたはダメな嫁でもダメな母親でもありません。悩む必要なく払っていいお金ですよ」と風呂内先生から力強いメッセージをいただきました。

分刻みで日々家事や育児に追われる共働きママにとって、時間は何事にも代えがたい大切なもの。負担を減らして楽になった分、子どもと接する時間を増やせたり、夫に優しくできるなら、お金を掛ける価値はありそうですね。(文・尾越まり恵)

☆プロフィール☆
風呂内亜矢(ふろうちあや)
ファイナンシャルプランナー。26歳の時、貯金80万円でマンションを購入したことをきっかけに、お金の勉強と貯金を始める。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞等でお金に関する情報を精力的に発信。


※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る