1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 何を準備すれば良い? お宮参りでの服装のポイント

何を準備すれば良い? お宮参りでの服装のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お宮参りの赤ちゃんには何を着せればいい?

お宮参りとは、赤ちゃんの誕生を神様に報告する儀式です。生後1カ月ごろ、氏神様で、赤ちゃんの健やかな成長を祈願するために御祈祷してもらいます。ほかの習わしと同じで、お宮参りも簡略化されているので、昔ながらのしきたりにこだわらずに最低限のしきたりだけ守れば問題ありません。 お宮参りの服装について、赤ちゃんだけでなく、両親や祖父母の気を付けるポイントを説明します。

祝い着でなく、おめかししたベビードレスでもOK

お宮参りの赤ちゃんは、祝い着を必ず用意しなくてはいけないものではありません。真夏に祝い着を掛けるのも大変ですし、購入するには高価なものです。祝い着が負担な場合は、ちょっとおめかししたベビードレスでお宮参りしましょう。

●お宮参りでの服装について
まず一番重要なのは、 赤ちゃんの服装と両親・祖父母の服装の格を合わせます。赤ちゃんが着物の正式な祝い着なら、両親や祖父母もそれに合わせます。赤ちゃんと祖母だけ正式な祝い着で、両親がカジュアルな服装というのはNGです。

●赤ちゃんの正式な祝い着って? 選ぶときに気を付けることは?
生後1カ月の赤ちゃんは 、まだ「神様の子」という考えがあります。ですから「白い」内着を着せます。昔ながらの正式な祝い着というのは、肌着の上に、白羽二重の内着を着せ、祝い着(掛け着)を羽織らせます。祝い着は、3才の七五三のときまで使えるので、用意しておくといいですよ。男の子は紺色や黒羽二重の紋付きなど、女の子は友禅模様の掛け着などを選びましょう。男の子の場合は、基本的には父方の紋になります。

●祝い着はどうやって着付けるの?
祝い着を赤ちゃんに羽織らせ、抱っこしている人(おもに父方の祖母)の背中で祝い着のひもを蝶結びにします。スタイは祝い着の上に出すようにつけてください。

●赤ちゃんの略式な祝い着って? 選ぶときに気を付けることは?
昔ながらの正式な祝い着を着せない場合は、白いベビードレス・セレモニードレスを選びましょう。 頭を守る意味でも、白のボンネットもかぶらせて。ちょっとおめかししたベビードレスなら問題ありません。

両親・祖父母はどんな服装をすればいいの?

赤ちゃんの服装を先に決めたなら、その格をそろえて、両親・祖父母の服装を決めましょう。赤ちゃんが祝い着なら、両親や祖父母も和装にするのが昔ながらのしきたりではありますが、フォーマルな洋装であれば問題ありません。洋装の場合の服選びも参考にしてください。

神社では、肌を露出したカジュアル服はNG

神社でご祈祷していただくのですから、フォーマルな服装が基本です。参拝だけだからといって、肌の露出したものやミニ丈、デニム、サンダルなどはNGです。ママはノースリーブのミニ丈はもちろん論外。ジャケットを羽織って。パパもフォーマルなスタイルでのぞみましょう。ジャケットとネクタイは最低限着用してください。

●ママの服装はどんなもの? 選ぶときに気を付けることは?
ママはワンピースやスーツを。色は派手なものではなく、黒やグレー、あるいは品のよい色みにしましょう。着物の場合は、付下げでいいでしょう。

●パパの服装はどんなもの? 選ぶときに気を付けることは?
洋装のときは、ダークスーツ。和装のときは、紋付羽織袴を着ましょう。お宮参りのときの父親の正装は本来、着物でした。持っていないパパも多いでしょうが、この機会にレンタルしてみるのもいいのではないでしょうか。

●ばあばの服装はどんなもの?  ママ側・パパ側で違う?
おばあちゃんは、洋服なら、品のよいアンサンブルがいいでしょう。和装なら付け下げ小紋や一つ紋付色無地、地味な付け下げ。父方・母方で格を合わせるため、事前に相談しておきましょう。

●じいじの服装はどんなもの? 
パパと同様、おじいちゃんの洋装もダークスーツです。和服の場合は、羽織なしの袴で、紋付きでなくていいでしょう。また、おばあちゃんのときと同じで、父方・母方で格を合わせるため、事前に相談しておきましょう。

赤ちゃんの服を親族が贈る場合、誰が贈るもの?

祝い着は、ママの実家が用意するものでしたが、今はこだわる必要はありません。ママがお姑さんに聞くのがいいでしょう。お姑さんたちが気に入るものを選んでもらいましょう。新しく買うだけでなく、パパやママの赤ちゃんのときのものを着せたり、レンタルすることもできます。

衣装をレンタルする場合、どこで借りる?

赤ちゃんの祝い着は、着物屋さんでレンタルできます。両親や祖父母の衣装の場合は、結婚式場でもレンタルできます。レンタル衣装屋の東京衣装でも、種類が豊富にそろっているそうです。お店を探すときは、近所の方にお店の評判を聞くといいですよ。基本的にはセットになっているものが多いでしょうが、セットでないところもあるので、お店に自前で用意するものを事前に確認して用意しておきましょう。

先輩ママたちはお宮参りの服、どこで準備した?

「うちは5カ月でお宮参りでした。出産準備で用意したベビードレスに、スタジオアリスで撮影した際に無料で借りられる掛け着を着せてお宮参りしました」「有名写真スタジオで撮影をして、そこで衣装をレンタルしてお宮参りに行きました。神社に着いてから、レンタルしたものが掛け着のみで、帽子やスタイなど小物がないことに気が付きました。お店に確認したところ、レンタルは掛け着のみとのこと。結局、普段着のベビー服にレンタルの掛け着のみでお宮参りをすませました。ベビードレスに掛け着、帽子にスタイとフル装備のほかの子を見るたびに、かなしい気持ちと申し訳なさでいっぱいになりました。事前になにがレンタルできるか確認すべきでした」

夏のお宮参り、先輩ママたちは赤ちゃんにどんな服を着せた?

「暑い7月の日にお宮参りをしました。赤ちゃんは掛け着の下は普通のロンパース。ご祈祷の数分のみ掛け着をして、そのほかはロンパースのみで、撮影もロンパースのみ。ママやパパ、祖父母は全員正装なのに、主役の赤ちゃんは下着みたいなロンパースでした。暑かったので仕方ないですね」「お宮参りをした日は、最高気温30度越え。なるべく午前中の早い時間にしました。セレモニードレスではなく、夏用の白い2WAYオールを着せました。御祈祷してもらった神社はエアコンかかっていたので、暑さは問題ありませんでした」

先輩ママたち自身は、どんな服を着た?

「着物も、きちんとしたスーツも持っていなかったので、母に借りました。黒のワンピースに、セットの千鳥格子のジャケットを着ました」「3月にお宮参りをしました。完全母乳なので、授乳のしやすさも考えて授乳服のTシャツの上に、セレモニースーツを着ました」「妊娠中に結婚式のお呼ばれ用で買った、産後も着られる紺色のマタニティワンピースを着ました。授乳口があるので便利です。これにジャケットを羽織りました。和装でのお参りもいいなと思いましたが、授乳のことや動きやすさを考えて、授乳口付きのワンピースにしました」「着物を着たかったのですが、両親に授乳はどうするのと説得され、仕方なくワンピースにしました。紺や黒のワンピースを買おうかと思いましたが、母に主役は子どもだけどそんなに地味にしなくてもと言われて、クリーム色のカシュクールワンピースに。撮影した写真を見返すと、明るい色を着てよかったと思います」

お宮参りの服装では、家族で格をそろえることが基本です。事前に、お姑さんだけでなく、実母にも相談して、家族全員の当日の服装を決めましょう。主役はあくまでも赤ちゃんです。両親や祖父母は、清潔感があり、できるだけ上品に見える服装を選びましょう。また、季節や気温を考慮したうえで、赤ちゃんの体調や機嫌を優先して決めることも大切です。昔ながらのしきたりに従って、無理して家族全員が着物を着る必要もありません。今の時代に合った、フォーマルな洋装であれば大丈夫ですよ。

取材・文/木村美穂 監修/『清紫会』新・作法学院 学院長 近藤珠實先生

■おすすめ記事
0〜5歳児にきものを着せるコツ

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事