1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 「購入とレンタル、どっちがトク?」チャイルドシートの賢い選び方

「購入とレンタル、どっちがトク?」チャイルドシートの賢い選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/ia_64

産後のすごし方や生活スタイルなどによって、準備に迷いがちなチャイルドシート。「購入」するか「レンタル」するかで悩むママやパパに、失敗しない選び方のポイントをわかりやすく解説します。「どんなタイプがある?」「価格は?」「いつまで使う?」など、絶対知っておきたい基本情報もがっちりフォロー。選ぶときの参考にしてくださいね。

赤ちゃんは新生児から6才未満まで装着が義務づけ

自分の車も、実家の車も、レンタカーも、6才未満の乳幼児を車に乗せる場合は、チャイルドシートの着用が道路交通法で義務づけられています。違反すると、1点減点の対象に。バスやタクシーに赤ちゃんと乗るときは、必須ではありませんが、大人がしっかり抱っこすることが重要です。出産後、産院から退院するときに、車を利用する予定があるなら、妊娠中に用意して、あらかじめ設置しておくといいでしょう。

「種類は?」「取り付け方は?」「いつまで使える?」などに答えます!

iStock.com/Halfpoint

ひとえに「チャイルドシート」と言っても、取り付け方法や使用期間、シートの状態など、その種類やタイプはさまざま。赤ちゃんの成長に合わせて長く使えるものは、「ジュニアシート」としても使えるため、ママやパパを惑わせているのでは? ここでは、チャイルドシートの基本がよくわかるように、1つ1つのポイントを詳しく紹介します。

STEP1 後部座席にどう取り付けるかをチェック!

チャイルドシートは車の後部座席に取り付けますが、2つのタイプがあります。まずは、そのタイプと注意点をチェックしましょう。

「シートベルトで固定するタイプ」
後部座席のシートベルトを、チャイルドシートの背面に通して固定します。3点式のシートベルトでチャイルドシートを3点で支え固定する「3点固定式」と、シートベルトの肩ベルトと腰ベルトを合わせて2点で固定する「2点固定式」があり、現在は「3点固定式」が主流のよう。チャイルドシートが緩んだりぐらつかせないように、しっかり固定させることが重要です。

「コネクターを差し込んで固定するタイプ」
ISOFIX(アイソフィックス)と呼ばれ、チャイルドシート本体にあるコネクターを、後部座席の金具に差し込むだけで固定できるスグレモノ。初めてチャイルドシートを扱うママやパパも手軽に取り付けられることが利点です。ただし、取り付けできるのは、2012年7月以降に発売された車のみ。車の取扱説明書などで、ISOFIXチャイルドシートが適合するかの確認が必須です。

STEP2 使える月齢と特長をチェック!

新生児期から使えるものは主に2種類。使用期間が1才ごろの「乳児用タイプ」、3~4才ごろまで使える「乳児・幼児兼用タイプ」があります。ほかには、1~4才ごろまでOKの「幼児用タイプ」、3才以降を対象にした「学童用ジュニアシート」も。複数のタイプが兼用できるチャイルドシートはとても人気があります。それぞれの特長を見ていきましょう。

「乳児用タイプ」(体重10kg未満、生後0~12カ月ごろが目安)
生後すぐの赤ちゃんの体にもやさしくフィットし、シートはベッド上に倒すことができます。軽量でママも扱いがラク。後部座席から取り外せばベビーキャリーやベビーラックなどとしても活躍! 寝ている子を起こすことなく移動できます。ベビーカーに取り付けできるものもあり、0才代でのお役立ちアイテムですが、1才ごろの買い替えが必須。進行方向に対して後ろ向きに使うものと、横向きでベッド状に使うものがあります。

「幼児用タイプ」(体重9~18kg、身長100cm以下、1~4才ごろが目安)
赤ちゃんの首がしっかりとすわり、1人でもちゃんとおすわりができるようになったらこのタイプ。進行方向と同じ前向きで使い、チャイルドシートに付属しているハーネスで赤ちゃんの体をホールドします。

「乳児・幼児兼用タイプ」(新生児~4才ごろが目安)
新生児期はベッド状に、おすわりするころにはリクライニングの角度を上げるなど、成長に合わせて姿勢をサポート。長く使えてコスパは◎。ほとんどのものが10kg超の重さで、全体的に大きめ。ママ1人での取り付けが少々大変に思えたり、車内が狭く感じることもあるでしょう。乳児期は後ろ向きか横向き、幼児期は前向きで使います。

「幼児・学童兼用タイプ」(1~11才ごろが目安)
0才代の子は対象外ですが、体がぐんぐん大きくなる、1才以降の子が快適に座れる設計が魅力。前向きで使います。3~4才ごろからは、「学童用ジュニアシート」としても活用できてロングユース。とても経済的です。 

「学童用ジュニアシート」(体重15~36kg、慎重135cm以下、3~11才ごろが目安)
子どもの座高を上げ、後部座席の3点式シートベルトで体をホールドするのが「学童用ジュニアシート」。11才ごろまでを対象とするものが多いです。道路交通法では、6才を過ぎると、チャイルドシートの使用の義務づけはありませんが、車のシートベルトは身長140㎝前後からが対象。子どもの身長が140cmくらいになるまでは、ジュニアシートを使います。

「乳児・幼児・学童兼用タイプ」(新生児から7才ごろが目安)
メーカーによっては、新生児期から学童期まで使えるものもあります。道路交通法で着用義務のある0~6才までの期間だけでなく、小学校入学後も1台でカバー。買い替えいらずだからおトク感満載! ただし、長期間使うので、衛生を保つのが大変な場合も。シートが大きめだから、後部座席のスペースをとる可能性があります。

STEP3 シートが回転するかどうかをチェック

乳児期から使えるチャイルドシートは、赤ちゃんを「乗せる・下ろす」がスムーズにできるように、シートが回転するものもあります。車での外出頻度などを考えて選ぶのがおすすめです。

“購入派必見!”価格の目安&買う「メリット」「デメリット」に迫る

iStock.com/BrianAJackson

チャイルドシートを購入するなら、なるべくおトクにいいものをゲットしたいですね。でも、購入するメリットとデメリットをきちんとわかっていないと、「買わなければよかった…」と後悔することにもなり兼ねません。そこで、知っておきたい価格の目安と、購入するからこそのメリット・デメリットを紹介します。

価格帯をチェックしてみましょう

チャイルドシートを新品で購入する場合の価格の目安を、大手通販サイトAmazonで調べてみました。中古品は、店舗や商品の状態にもよりますが、市販価格の30~50%OFF程度のようです。

「乳児用タイプ」
1万円代が中心。外国製のものは4万円前後も

チャイルドシート市場では、ラインナップはそれほど多くなく、国内メーカーのコンビ製で1万円後半から2万円前半が主流。マキシコシ製などの外国メーカーで、指定のベビーカーとドッキングできるタイプだと4万円前後のものも。

指定のベビーカーにドッキング可能

「幼児用タイプ」
最安だと1万円弱で購入可能

1~4才ごろを対象にしたチャイルドシートも、乳児用と同様に、ラインナップは少ない傾向があります。日本製では1万円前後、外国製は3万円前後で購入可能。

「乳児・幼児兼用タイプ」
ラインナップの豊富さはダントツ! 価格もまちまち

Amazonでベストセラー1位のチャイルドシートは1万800円。シートが回転するタイプでは、2~4万円台のものが目立ちます。万一の事故に備え、赤ちゃんの頭や体を守るプロテクターがついたものや、こだわり素材のシートの採用、リクライニング機能が優れたものなど、付加価値がついていると、5~10万円以内のものが多い印象です。

シートが360度回転するタイプ

乳児期は横向きでベッド状に使うタイプ

「幼児・学童兼用タイプ」
2万円前後を中心に、ハイスペックで5万円台まで

大手国内メーカーから発売されているチャイルドシートは、1~11才ごろまでを対象とするロングユースタイプがほとんど。
赤ちゃんが大きくなったときに使い勝手がいいよう、ドリンクホルダーなどが付いたものが数多く見受けられます。

「乳児・幼児・学童兼用タイプ」
2~3万円台で買えるものが多し!

新生児から7才ごろ、もしくは11才ごろまで使えるタイプは、ロングユースにしては比較的買い求めやすい2~3万円台の価格帯が中心。ただし、品ぞろえとしては少数派。

「学童用ジュニアシート」
5000円前後から4万円程度まで価格帯が豊富!

アマゾンでベストセラー1位のグレコ社製は5980円。4000円台から4万円弱まで、価格だけでなく品ぞろえも大変豊富。全体的に見ると、5000円から1万円台が平均的な価格です。

チャイルドシート購入の「メリット」「デメリット」も注視!

車の使用頻度や住環境だけでなく、産後のすごし方や2人目出産の予定などによって、チャイルドシートの購入にはよし悪しも…。買う「メリット」「デメリット」にも目を向けていきましょう。

■チャイルドシートを買う「メリット」
1 安全性が高く、扱いがラク
新しい安全基準に沿って製造されているため、安全性が高く、乗せ降ろしや装着などの面でもラク! 赤ちゃんに直接触れるシートやハーネスなどの改良が施され、より快適にすごせます。

2 車での外出が頻繁なら割安
赤ちゃんとのお出かけ手段が車中心の家庭は、レンタルより割安に。成長に合わせて使えるものは、十分に元が取れます。

3 新品だから清潔に使える
ミルクをこぼしたり、汗をかくなど、シートは汚れがち。購入したものであれば、きれいな状態で使える上、汚しても気にならず。デリケートな赤ちゃんに安心して使えます。

4 2人目妊娠・出産予定があればお下がりで使える!
年の差やチャイルドシートのタイプにもよりますが、2人目妊娠・出産の予定があるなら、上の子が使えなくなっても、下の子でお下がり品として活用OK。無駄がなくて賢明。

5 好みのものが選べる上、売ることができる!
デザインやカラーなど、各家庭に合った好みのものを選ぶことができます。不要になったら、リサイクルショップやネットオークションなどで売っても◎。


■チャイルドシートを買う「デメリット」
1 赤ちゃんの成長やシートの劣化で買い替え必須
「乳児用タイプ」なら、1才ごろに使えなくなってしまいます。成長に合わせて長く使えるタイプは、コスパがいい反面、長期間使うことで劣化する場合も…。どちらも買い替えが必要に。

2 想定外の2人目妊娠・出産は追加購入も…
人気の「乳児・幼児兼用タイプ」を買った場合、上の子が使用期間のときに、2人目妊娠・出産となると、もう1台買うことになってしまいます。

3 サイズが車の広さに合わない
購入前に、後部座席の広さを十分に確認しないと、チャイルドシートでいっぱいになってしまう恐れが。とくにシートを横向きにするものを購入する場合は注意が必要です。

4 赤ちゃんを試乗させることができない
産院から退院するときに、赤ちゃんを車に乗せる場合は、産前の準備が必須。そのため、赤ちゃんの試乗なしで購入することとなり、わが子との相性などを確認できず、嫌がることも。

5 取り付ける車種に合わない
前述のとおり、チャイルドシートの取り付け方法は2パターン。車種とチャイルドシートがミスマッチした場合、商品開封後の返品はNG。高額商品だから、大きな痛手に…。

レンタル派必見!”料金の目安&借りる「メリット」「デメリット」を解説

iStock.com/monkeybusinessimages

「それほど使わないだろうからレンタルでOK!」と考えているママ・パパなら、レンタル料金や借りるメリット・デメリットが気になるのでは? 知らないまま頼んで、「こんなはずじゃなかったのに…」と思っても“あとの祭り”。絶対役立つ、レンタル料金の目安と、レンタルならではのメリット・デメリットを解説していきます。

かかる料金体系に目を向けてみましょう

レンタルにかかる料金は各店舗によって違いますが、長期間で借りるほど、おトク感があるようです。1日単位で貸し出す店舗はそれほど多くなく、1カ月単位が主流。ここでは短期・長期で「乳児用タイプ」と「乳児・幼児兼用タイプ」を借りた場合の平均的な料金を見ていきましょう。最上位クラスや新作のものだと、料金も高額に…。
※一部地域を除き、有料で全国配送する店舗6社の最安料金の平均額を算出。
※1日単位の料金設定がない店舗は、日割りで料金を算出。

「乳児用タイプを1日、1カ月単位の短期間で借りた場合の料金」
●1日で平均202円
●1カ月で平均2366円

「乳児用タイプを3カ月、6カ月単位の長期間で借りた場合の料金」
●3カ月で平均4573円
●6カ月で平均7424円

「乳児・幼児兼用タイプを1日、1カ月単位の短期間で借りた場合の料金」
●1日で平均459円
●1カ月で平均3366円

「乳児・幼児兼用タイプを3カ月、6カ月単位の長期間で借りた場合の料金」
●3カ月で平均6831円
●6カ月で平均10084円

チャイルドシートレンタルの「メリット」「デメリット」も必読!

「チャイルドシートは高いから、レンタルの方が絶対トク!」と断定して実行する前に…。借りる「メリット」「デメリット」を確認しておいても損はありません。ぜひチェックを!

■チャイルドシートを借りる「メリット」
1 赤ちゃんの成長に合わせて変更できる!
そのときの赤ちゃんのサイズにフィットしたものが使えます。赤ちゃんの成長に合わせて、臨機応変にシートを替えることができるのは魅力❤

2 赤ちゃん期だけつけるシートは割安かも…
「乳児用シート」は、1才ごろまでしか使えません。赤ちゃんの発育・発達が良好なら、対象月齢でもシートが狭くなることも。この場合は、レンタルの方が安心です。

3 里帰り先など、短期間使用ならおトク
自宅に車がなく、ママの実家に里帰りしたときだけ使うなど、使用期間に限りがある場合は、レンタルのほうが断然リーズナブル。

4 ごみ処理代がかからない
チャイルドシートを処分する場合、多くの自治体ではゴミ処理代をとります。レンタルなら、余計な出費もなく、手間もかかりません。

5 使わなくなっても邪魔にならない
赤ちゃんグッズやおもちゃなどはどんどん増えます。使わないチャイルドシートが家にあると邪魔になりがち。レンタルは気軽に返却できるので、部屋もすっきり。


■チャイルドシートを借りる「デメリット」
1 使用感が気になる
「わが子にはなるべく清潔なものを使ってあげたい」と思う、ママやパパにはレンタルは不向き。だれが使ったかわからないため、気になる場合はおすすめしません。

2 赤ちゃんが嫌がっても料金はかかる
赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がって乗りたがらず、レンタル期間内に返却した場合、未使用期間に該当する残額返金はしないケースがほとんど。

3 安値のものを購入するより割高になる場合も
販売店舗によっては、レンタル料よりも安価に購入できます。状態のいいものや新作などのレンタル料金は高めに設定されているため、場合によっては損することも…。

4 借りたいものがレンタルできない
人気のシートは貸し出し中であることもしばしば。「使いたい!」と思うチャイルドシートがあっても、妥協して違うものを借りざるを得ないケースが!

5 レンタル品を送ってもらうなら送料がかかる
レンタルするチャイルドシートを自宅などに送ってもらう場合、別途送料がかかります。大型品なので、送料が高めの場合も…。

まとめ

チャイルドシートを「購入」するしても、レンタルするにしても、大事なポイントはそれぞれあります。「購入派」のいちばんのポイントは、赤ちゃんを乗せる予定の車に取り付けできるかどうかの確認。「レンタル派」に押さえて欲しいことは、赤ちゃんとチャイルドシートの相性。体形などによっては合わない場合もあるので、長期間借りたいと考えていても、まずは短期間で借りて試してみることをおすすめします。

(取材・文/茶畑美治子・たまひよ編集部)

■関連記事
格安商品は要注意!チャイルドシートの選び方&おすすめ5選
第8回『たまひよ赤ちゃんグッズ大賞』が決定!人気お出かけグッズの傾向は?

■おすすめ記事
【絵本読み聞かせ】「赤ちゃんって、本当に絵本が好きなの?」

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事