SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 【医師監修】[赤ちゃんの発熱]受診後、様子を見るときのおうちケア&NG行動

【医師監修】[赤ちゃんの発熱]受診後、様子を見るときのおうちケア&NG行動

Foremniakowski/gettyimages

熱を出して受診したあとや様子見のときにする、“おうちでのお世話=おうちケア”。先輩ママから耳にする、迷いがちなお世話とその対処法を、余すことなく、小児科医の山中龍宏先生に教えてもらいました。いざというときにあわてないように、チェックしてみてください。

“おうちケア”のポイントは6つ!

赤ちゃんの熱の上がり始めと、熱が上がりきったときでは、ケアのしかたが違うようです。ケアのコツや離乳食の与え方など、山中先生に詳しく解説していただきます。

ポイント1:発熱の様子を見て室温調節する

赤ちゃんが寒がるのは、熱の上がり始めのとき。室温を上げて保温を。熱が上がりきって、暑そうにしたら室温を下げて。

★これはNG! 熱を下げようとして体を冷やしすぎる

発熱は、体の防御反応。むやみに体を冷やすと、病気を長引かせることもあるので要注意。ただし、熱で苦しそうなときは、わきのしたや太もものつけ根などを冷やしてあげて。

ポイント2:興奮する遊びはさせない

外出を避け、室内で過ごして。体を激しく動かすことや、興奮する遊びはNG。

ポイント3:汗をかいたらこまめに“ふく”“着替え”を

汗が冷えると体温が奪われて、症状が悪化することがあります。汗をこまめにチェックし、すぐにふいてあげましょう。たくさん汗をかいたら、すぐに着替えを。

ポイント4:離乳食は食べられるものを

食欲があれば、欲しがるものを与えてOK。下痢の場合は、消化のいいものを。食欲がないなら、食べられる範囲で与えて。

ポイント5:こまめに水分補給させる

赤ちゃんが好んで飲むものでいいので、こまめに水分を与えるようにしましょう。脱水症状があるときは、経口補水液(けいこうほすいえき)を飲ませても。

ポイント6:機嫌によって入浴しても

機嫌がよければ入浴はOKですが、熱が上がることがあるので、長湯は避けて。機嫌が悪いときは、体を湯でしぼったタオルでふいて、清潔にしてあげましょう。

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

監修/【小児科医】山中龍宏 先生

初回公開日 2018/07/13

育児中におススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

育児中におススメの本

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「ママの体の変化」と「おなかの赤ちゃんの成長」を徹底解説!トラブルや小さな心配を解決できます。陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんとママのことまでわかりやすく紹介します。

初めての育児 新百科

Amazonで購入

楽天ブックスで購入


赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。