1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 赤ちゃんが尿路感染症にかかったらどうする? 原因と治療法

赤ちゃんが尿路感染症にかかったらどうする? 原因と治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おしっこの通り道のどこかが細菌に感染する病気が尿路感染症(にょうろかんせんしょう)です。高熱が続くと入院が必要になるケースも。どんな病気なのか、治療法や対処法を紹介します。

尿路感染症にかかると、どんな症状が起こる?

尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道までの、尿がつくられておしっことして出るまでの通り道のこと。そのどこかが細菌に感染して、炎症を起こす病気です。新生児期から3才までの子は、かかりやすい傾向があります。流行時期はとくになく、一年を通じて、かかる可能性があります。

発熱や機嫌が悪いだけのことも

尿路感染症にかかると、どんな症状が現れるのでしょうか? 赤ちゃんが感染した場合は、発熱や機嫌が悪いなどの症状だけのこともあります。幼児がかかると、おなかや背中を痛がる、おしっこのときに痛がる、尿のにおいがいつもよりもきついなどの症状も見られることがあります。風邪と誤って抗菌薬を飲むと、症状が一時的に抑えられて、病気を見逃すこともあります。

尿路感染症にかかる原因と感染経路

乳幼児は体の抵抗力が未発達なため、尿路につきやすい細菌が体内に入ると細菌が増殖し、強い炎症(腫れ)を引き起こします。とくに生まれつき膀胱尿管逆流症があると、膀胱内の尿が逆流することで、細菌が腎臓と尿管をつなぐ腎盂(じんう)などに侵入しやすくなり、尿路感染症を起こしやすくなります。炎症を起こした部位によって膀胱炎、腎盂腎炎(じんうじんえん)などの病名がつけられます。乳幼児期では区別しにくい場合が多くありますが、大部分は腎盂腎炎です。

尿路感染症の診断方法

風邪症状がないのに38度以上の熱が出た場合はこの病気の可能性がありますが、尿を検査してみないと診断できません。また、乳幼児期に尿路感染症(腎盂腎炎)になる子の半数以上には、膀胱尿管逆流症(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅうしょう)など、尿路に生まれつきの問題があるケースが見られます。

尿路感染症を引き起こす病気

ここでは、尿路感染症を引き起こしやすい泌尿器の病気を紹介します。

膀胱尿管逆流症(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅうしょう)

通常、尿は腎臓から尿管、膀胱へと流れていきますが、尿が膀胱から尿管、腎臓へと逆戻りしてしまう病気です。生まれつき尿管と膀胱のつなぎ目の機能が不十分なのが原因とされています。おしっこが逆流してしまうので、尿路感染症を起こしやすくなるようです。

水腎症(すいじんしょう)

尿は腎臓でつくられて膀胱にたまり、尿道からおしっことして排出されます。ところが、尿が流れる道の途中に狭い場所があると、尿が腎臓の中や尿路にたまり、腎臓が拡張してしまいます。これが水腎症です。腎臓が悪いのではなく、尿路に問題があるために起こるようです。生まれつき尿路が狭くなっていることが原因の大半を占めているようです。

尿路感染症の治療法

高熱が続く場合は、入院が必要になります。輸液で水分を補充して尿の量を増やしながら、抗菌薬を静脈から投与したり、服用したりして治療します。感染防止のために、抗菌薬の投与は2週間程度必要になります。

家庭での対処法は?

水分を十分に与えるとともに、おむつをこまめに取り替えて、常に清潔を保つようにしましょう。女の子の場合は、うんちをふきとる際、前から後ろ(尿道口から肛門に向けて)にふくように気をつけます。便秘は尿路感染症の原因になりやすいので、日ごろから水分や食物繊維を十分に与えるようにするといいでしょう。

まとめ

赤ちゃんのうちは症状がほかの病気と区別がつきづらそうな、尿路感染症。高熱が出たら早めに受診したほうがよさそうです。水分補給やこまめなおむつ替えなど、日ごろから赤ちゃんの健康・清潔に気を配れるといいですね。(文/ひよこクラブ編集部)

監修
横田俊一郎先生
横田小児科医院院長。東京大学医学部付属病院小児科、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)小児科部長などを経て、1993年に開業。ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けていらっしゃいます。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る