1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 【新生児のお世話】抱っこの3パターン、赤ちゃんが喜ぶ抱き方は?

【新生児のお世話】抱っこの3パターン、赤ちゃんが喜ぶ抱き方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tacstef/gettyimages

生後まもなくの赤ちゃんは、首とおしりをしっかりと支え、両腕はママの体に沿わせる“横抱き”が抱っこの基本。でも、それに慣れ始める生後3週間ごろになると、ほかの抱っこのしかたも喜ぶようになります。どのような抱っこのしかたがあるのか、助産師の岡本登美子先生に解説してもらいました。

関連:【助産師監修】新生児~生後2ヶ月赤ちゃんの抱き方・寝かせ方、ココが危険!

3パターンの抱き方をチェック!

抱っこは、「赤ちゃんの心のお世話」といわれています。抱っこで体を触れ合わせたり、話しかけることが、赤ちゃんの心を育てます。基本の横抱きに慣れたら、他の抱き方もマスターして、赤ちゃんの好きな抱き方を見つけてみましょう。

□基本の抱っこ 横抱き


月齢を問わずできる、スタンダードな抱き方。赤ちゃんの顔をしっかり見ながら、声かけがしやすい姿勢です。

□赤ちゃんが喜ぶ たて抱き


赤ちゃんをママの脚にまたがらせて、首をしっかり支えると、低月齢の赤ちゃんでも安定して抱っこできます。

□授乳がしやすい ラグビー抱き


クッションなどで高さや位置を調整し、乳房のところに赤ちゃんの頭を持ってきます。首すわり前におすすめの抱き方です。

産後まもなくは、赤ちゃんを抱き上げるのもドキドキですよね。でも、抱っこに慣れてきたら、触れ合い遊びの感覚でほかの抱き方をしてみては? 「首がグラグラしているのにたて抱きはコワイ…」と思うかもしれないですが、喜ぶ赤ちゃんは結構多いです。無理がなければ、ぜひ試してみて!(イラスト・石山綾子 文・ひよこクラブ編集部)

■監修:ウパウパハウス岡本助産院 院長 岡本登美子先生
長崎大学医学部付属助産師学校卒業。離島での産婦人科医院、愛育病院勤務を経て、ウパウパハウス岡本助産院、ウパウパハウスぷらざ、ウパウパ産後ケアハウス、ウパウパハウス保育園開設。

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
赤ちゃんがニコッと笑う時期は?笑わないのはなぜ?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事