SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ベビー用品・グッズ
  4. ベビー・子ども服
  5. 【保健師監修】1枚もムダにしたくない!おすわり以降のベビー★秋冬服は最低何枚そろえる?

【保健師監修】1枚もムダにしたくない!おすわり以降のベビー★秋冬服は最低何枚そろえる?

MihaPater/gettyimages

シーズンが切り替わるときに気になるのが、服のそろえ方。「たくさん買いすぎて、結局着ないものがあった!」なんてことのないように、必要最低枚数が知りたいですよね。そこで、おすわり以降の赤ちゃんに向けた、秋冬シーズンの”ムダ買いしない”トップスとボトムスのそろえ方を、保健師の中村真奈美先生に伺いました。

トップス、ボトムスは4枚ずつ!

「おすわりができるようになったら、上下セパレートの服を用意しましょう。赤ちゃんが動きやすく、ママ・パパも着替えさせやすくなります。肌着に加え、トップスとボトムスを各4枚くらいそろえます」(中村先生・以下同)

長袖トップスを4枚。動きやすいもので!

「秋~冬は長袖が基本。最低4枚あればいいでしょう。肩にスナップがあるものだと脱ぎ着させやすくて、お世話がスムーズに。動きやすさを重視したデザインで、ジャストサイズか、1サイズ大きめを選んでもかまいません。袖が長いときは、折り返して着せるといいですね」

ボトムスも4枚。伸縮性があるものを。

「秋~冬は長ズボンが基本です。トップスと同様、4枚でOK。伸縮性があり、やわらかい素材だと動きをさまたげず、おすすめです。転倒防止のために、裾はくるぶし丈か、折り返して留められるものにするのが◎。また、つかまり立ちを始めたら、スカートにレギンスを重ねるスタイルもいいでしょう。はいはいの時期は、スカートを踏んでしまうことがあるので、避けるのが無難です」

シーズンのはじめには、店頭にかわいい商品が並んで、つい、あれもこれもと買ってしまいがち。でも、最低枚数って本当に少ない! ライフスタイルや住環境によってそろえる枚数をプラスするのは自由ですが、“どんな素材の、どんなアイテムを選ぶか”も大事なポイント。(取材・文/ひよこクラブ編集部)

監修/中村真奈美先生

初回公開日 2018/10/12

育児中におススメの本・アプリ

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

毎日のお世話を基本からていねいに解説。
新生児期からのお世話も写真でよくわかる! 月齢別に、体・心の成長とかかわりかたを掲載。
ワンオペおふろの手順など、ママ・パパの「困った!」を具体的なテクで解決。
予防接種や乳幼児健診、事故・けがの予防と対策、病気の受診の目安などもわかりやすく紹介しています。
切り取って使える、「赤ちゃんの月齢別 発育・発達見通し表」つき。

初めての育児 新百科

Amazonで購入

楽天ブックスで購入

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数や生後日数に合わせて、赤ちゃんの成長や、専門家からのアドバイスなど、妊娠日数や生後日数に合った情報を“毎日”お届けします。妊娠育児期にうれしいおトクなクーポンもあります。

ダウンロード(無料)

■おすすめ記事
夏→秋 季節の変わり目の赤ちゃんの着せ方とは?

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。