1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. いま、企業&忙しいママが注目する「デリバリー」のお得度とは?

いま、企業&忙しいママが注目する「デリバリー」のお得度とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Milkos/gettyimages

ここ1〜2年、「フードデリバリー(以下「デリバリー」)」の人気が高まっていますが、今年10月の消費税増税後はさらに利用が広がると言われています。それは「軽減税率」により、飲食料品の消費税が買い方&食べ方で異なるためです。なぜ「デリバリー」なのか、そして子育て中のママにどんなメリットがあるのか、節約アドバイザーの丸山晴美さんに伺いました。

関連:復職先輩ママ200人が証言!わたしはこれで救われた!やってよかったことBest10

食べ方で消費税が異なる「軽減税率」って?

軽減税率は今回の消費増税で初めて導入されるもので、低所得者の負担が重くなりすぎないように、飲食料品を中心とした「生活に最低限必要なものの税率は8%のまま据え置く」という措置です。「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」と「酒類・外食を除く飲食料品」の2品目に対して適用されます。
つまり、スーパーなどで食材を買った場合、酒類以外は10月以降でも消費税8%のままということ。これは主婦にとってはうれしいですよね。でもその一方で、注意すべきポイントもあります。

店で食べると10%、テイクアウトすれば8%!

軽減税率でまぎらわしいのが「外食」の扱いです。「酒類・外食を除く飲食料品」とあるように、飲食の設備を設置した店などで食べる「外食」は軽減税率の対象外で、消費税は10%になります。料理を運んで配膳まで行うケータリングも外食に含まれます。
ところが、テイクアウトや出前、デリバリーは買って帰ることと同じと見なされ、税率は8%のままなんです。

最も線引きがむずかしいと言われているのが、コンビニのイートインスペースです。コンビニで買ったものは消費税8%ですが、それをイートインスペースで食べると外食になるのか…? 検討された結果、今後はコンビニのイートインスペースは「休憩スペース」となり、原則、飲食は禁止の方向に進むようです。
ハンバーガーショップや牛丼チェーンなども、店の中で食べるのとテイクアウトの両方ができますよね。この場合は店の中で食べると外食で消費税10%、テイクアウトをすれば8%になります。

軽減税率は例外(経過措置)ですから、今後10%に上がる可能性があります。ただし、現在のところまだ期限などについての正式な発表はありません。

関連:家事代行サービス9社の「金額・サービス内容・イチオシポイント」まとめました!

配達までしてくれるデリバリーが忙しいママの強い味方に

スーパーなどで買った飲食料品は8%のままですから、今後はますます自炊の重要性が高まっていくでしょう。でも、朝昼晩と1日3回の食事の準備を365日行うのはとても大変。特に妊娠中や育児中はなおさらです。

そんな時、これまでなら外食にする方が多かったと思うのですが、外食は消費税10%になり、高級レストランなどの場合はさらにサービス料10%もプラスされます。一方、テイクアウトやデリバリーは消費税8%のまま。今後は外食よりもテイクアウトや出前、デリバリーの方がお得になるというわけです。

なかでもデリバリーは指定の場所へ配達してもらえるので、その分の時間に体を休めたり、ほかのことをすることができます。自分がいる場所と違う場所に食事を届けることもできるのも便利で、妊娠中や子どものいるママにはうれしい存在になりそうです。

アプリやWebサイトから、必要なときすぐオーダーできるのも魅力

デリバリーは昔からある「出前」が、スマホアプリやWebサイトから簡単にオーダーできる形に進化したサービスです。
NTTドコモが運営する「dデリバリー」、1万7000店以上の提携店舗数を持つ「出前館」、楽天が提供している「楽天デリバリー」、LINEアプリから注文ができる「LINE デリマ」など、さまざまな企業がアプリやWebサイトから注文できるデリバリーサービスを展開しています。
注文できるメニューも、ピザや寿司といった定番品はもちろん、中華や洋食、イタリアン、エスニック、人気のお店の味など、バリエーションが増え続けています。

なかでもアメリカから来た「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は現在、急成長中。これは米国の配車サービス大手「Uber Technologies, Inc.(ウーバー・テクノロジーズ)」が運営するサービスで、配達も、登録している一般人が自分の自転車やバイクなどで行っているのが特徴です。
以前は利用できるのが東京都内だけでしたが、現在では名古屋、大阪、京都、神戸、福岡などの一部地域にも広がっています。ただ、配送手数料が距離や時間によって変動するシステムになり、場合によっては配送利用料が1000円近くなる場合も出てきそうなので、利用する際はよく確認しましょう。

他にも、「セブン・イレブン」がお店の人気商品や食材などを配送(出前)する「セブンミール」というサービスを行なうなど、さまざまな業種、ショップにも動きが広がっています。

使いすぎは意味なし。利用方法を家族で話し合うことが大切

消費税10%と8%の差は、5000円の買い物をした場合で100円の違いです。これが大きいか小さいかは微妙なところですが、食は毎日のことですから積み重なれば決して少なくありません。
とはいえ、配送料が高いデリバリーでは、外食よりマイナスになることもあります。単純に「8%だからどんどん使おう」ではなく、金額や利用回数などをよく考えて、上手に利用することが大切です。

例えば、体がしんどくて料理ができないとき、子どもの具合が悪いなどで買い物も行けないとき、仕事で残業があり遅くなるときなどに利用するとか、週に1度の夜に楽しみとして家族でデリバリーを利用するなど、各家庭で活用法を決めましょう。ムダ使いしないためにも、家族で使い方ルールをよく話し合っておくことをおすすめします。

現代は仕事に家事に育児にと、女性に多くの役割と負担が求められています。なかでもたまひよ時期は、体調的にも精神的にもきつくデリケートなとき。しんどいときは無理をせず、デリバリーなどの便利アイテムをうまく活用して、元気に乗り越えましょう。

教えてくれたのは……
丸山晴美さん
22歳のときに節約に目覚め、1年で200万円を貯めた経験がメディアに取り上げられ、その後コンビニ店長などを経て01年、節約アドバイザーとして独立。ファイナンシャルプランナー(AFP)、消費生活アドバイザーなどの資格を取得。身のまわりの節約術やライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなどを、テレビやラジオ、雑誌、講演などを通して行なっている。著書は『定年後に必要なお金「新・基本のキ」』(宝島社)など多数。

関連:働くママの救世主! 買ってよかった時短家電

■おすすめ記事
自宅でできる!育児ストレス解消にオススメヨガポーズ5選

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事