Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 前田敦子「頑固だった自分が変われたのは周りのおかげ」

前田敦子「頑固だった自分が変われたのは周りのおかげ」

撮影:有坂政晴(STUH)

2月1日(土)に第1回が放送されたNHKよるドラ「伝説のお母さん」。みなさんは、ご覧になりましたか?

物語の舞台はRPGを彷彿とさせる世界。主人公は「伝説の魔法使い」のメイ。メイは8ヵ月の子どもを育てる新米ママ。そんな新米ママのメイが、保活、ワンオペ…などの問題に直面しながらも仲間と魔王討伐の旅にでるという、家事に育児に冒険に奮闘するストーリー。

第1回目の放送中にはファンタジー設定ながら、メイが直面する育児の問題のリアルさにSNSでも「共感しかない!」「刺さる!」「とにかく面白い!」と話題に。そこで今回は、新米ママ役を熱演した前田敦子さんに、ドラマと子育てについて話を聞きました。

■同じ月齢の子どものママだからこそ。共感できる役どころ

ーー今回は出産後初のお仕事とのこと。すぐ復帰するイメージは持っていたのでしょうか。

「いえ。むしろ出産後の復帰は難しいと思っていました。でも、今回、プロデューサーの上田明子さんから声をかけていただいて…。迷いながらもお受けし、今は本当にうれしいです。こんなドンピシャな役をもし他の方がやっていたら、悔しかったと思います(笑)」

ーー私生活と同じく、新米ママで職場復帰というとで、演じるなかで何か感じることはありましたか?

「子育ての大変さについては、本当にメイに共感できました。子育てとドラマ復帰をどう両立させるか、家族と話し合いながらメイと同じくらい奮闘していました」

ーーお子さんもちょうど、劇中のお子さんである「さっちゃん」と同じ月齢なんですよね。

「そうなんです。仕事でも家でも、同じ月齢の子どもを抱っこするという不思議な体験ができました。これがもし1年後だったら、子どもの大きさが全然違って、怖くなってできなかったかも!今で本当に良かったです」

ーーさっちゃん役の子と自身のお子さんに違いや共通点はありましたか?

「うちの子は男の子で人見知り。でも、「さっちゃん」役の子は、全く人見知りしないんです。実は、「さっちゃん」役は、岡部明花俐ちゃん、光花俐ちゃんとふたりいて。こちらがしゃべりかけると、ふたりともまるで話を聞いているかのように反応をしてくれるんです。これからが楽しみだし、しゃべれるようになったら、またふたりと共演したいですね」

■「みんなも頑張っている」ことを実感。仕事&子育ての励みに

ーー撮影現場の様子はどんな雰囲気でしたか?

「スタッフさんにママが多く、よく子どもの話をしながら、『みんな、がんばっているんだ』って自分自身を高めていました(笑)。また、 男性陣もパパが多くて、いろいろ教えてもらうことが多かったです。例えば監督は三児の父ですが、今と違って、一人目の時にはあまり関わることができなかったと話してくれました。でも、子育てはやれば成長できるものだよと、身をもって示してくれています。男性目線の話はなかなか聞けないので、貴重な体験でしたね」

ーーやれば成長する…ドラマの中の「ダメ夫」モブもいつかは…。

「そうですね。モブはあっけらかんと明るくて素直なキャラだからこそ、いつかは育児ができる父になってくれると…メイを通して期待しています(笑)」

ーー出演者との子育てトークはありましたか?

「はい。特に今回共演させていただいているMEGUMIさんは、私にとって理想だと思うお母さんなんです。よくこれから先のことなど相談したり、教えてもらったりしています」

■頑固だった自分が「チーム育児」で変わった

ーー『家族と話し合いながら』仕事に復帰したとのことですが、大変なことなどはありましたか?

「そうですね。最初のころは『自分がちゃんと育てないと!』『ミルクなんて!母乳以外考えられない』というくらい、私頑固だったんです。でも、仕事に復帰したいと思ったとき、周りにプレゼンをしたら、母や夫、事務所が親身になってくれて。まさに『チーム育児』といった感じで、みんなで体制を整える中で、自分自身の考え方も変わっていきました」

ーープレゼンされたのですね、すごい! 特に考え方が大きく変わったところは何ですか?

「自分が周りに甘えないと次に進めないということに、作品を通して気づくことができました。自分の中にあった「母」という概念を壊すことで、成長できたと感じています」

ーー完成したドラマを見たご家族の反応は?

「息子はまだ幼いので、内容はわからないと思いますが、第1話の伝説の勇者マサムネが歌うシーンでノリノリでした(笑)」

■ドラマはまだまだ“無理ゲー”が続く!?

子育て中のママとして、ドラマでも現実でも奮闘する前田さんが出演中のドラマ「伝説のお母さん」。次回は、NHK総合2月8日(土)夜11時30分から放送予定です。子連れの冒険に出かけたメイたちは、うまく進むことができるのでしょうか!? これからさらに盛り上がっていくこと、間違いなしです。

「伝説のお母さん」ストーリー:
ドラマの舞台はロールプレイングゲーム(RPG)を彷彿とさせる世界。伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)は、8カ月の赤ちゃんを育てる新米ママです。復活した魔王(大地真央)を討伐する旅に出て欲しいと国王から要請されますが、メイが住む町は保活激戦区。夫のモブ(玉置玲央)は頼りなく、遠方の実家も頼れない中、ワンオペ育児に明け暮れる日々。ほかのパーティメンバーもそれぞれ悩みを抱えており、前途多難な魔王討伐が始まります。

<第1回 再放送予定>総合2月8日(土)午前1時10分から1時39分(金曜深夜)
<第2回 放送予定> 総合2月8日(土)午後11時30分から11時59分[毎週土曜・全8回]

■関連:NHKよるドラ「伝説のお母さん」

■ひよこクラブ3月号では表紙に再登場!

「ひよこクラブ2020年3月号(2/14発売)」には前田敦子さんが再登場。連載2回目も掲載されます。現実のママとして奮闘する姿にも注目してくださいね。

撮影:有坂政晴(STUH)

(文・山田朝子)

■関連:前田敦子 実家のそばに引っ越してチーム育児。提案してくれた夫に感謝

■おすすめ記事
MASAH&今宿麻美夫婦「息子がキャラものの服を選ぶのは有り、否定したくない」

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。