SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「空飛ぶ広報室」「Nのために」、一番好きなドラマはなに? 年末年始におすすめ、ママたちの声

「空飛ぶ広報室」「Nのために」、一番好きなドラマはなに? 年末年始におすすめ、ママたちの声

更新

自宅でソファに座ってテレビを見て幸せな中国のカップル
Prostock-Studio/gettyimages

巣ごもり生活で一気に知名度があがったhuluやAmazonプライム・ビデオなどの映像配信サービス。過去のドラマを手軽に観られることもあり「今までで一番大好きなテレビドラマ何ですか?」という声が、口コミサイト「ウィメンズパーク」に寄せられました。懐かしいタイトルがたくさん挙がり、おおいに盛り上がりました。年末年始の一気観におすすめです。

ダントツトップは、誰もが口ずさみたくなるあの主題歌のドラマ

「アンナチュラル」(TBSテレビ 2018年)
出演:石原さとみ、井浦新、窪田正孝、松重豊など。全10話

「初回から最終回を意識して作ったとしか思えない見事な脚本。本当にすばらしかった」

「毎回ストーリーと役者の演技に引きこまれ、感極まった瞬間に流れる米津さんの歌声……。もう、何も言えません。何回でも観たいです」


言わずもがな、米津玄師が歌う主題歌『Lemon』とともに大ヒット。
死因究明のスペシャリスト・解剖医が集まる通称UDIラボを舞台に、不自然な死因を究明し誰かの未来を救うストーリーです。2020年12月30日〜1月2日の深夜に全話一挙放送が決定しました(一部放送されない地域もあります)。見逃すな〜。


「Nのために」(TBSテレビ、2014年)
出演:榮倉奈々、窪田正孝、賀来賢人、小出恵介など。全10話

「過去最高です。最終話の美しいこと」

「登場人物それぞれが過去のトラウマに苦しみ、その姿は切ないのだけど、丁寧に描かれた家族愛と純愛が美しく、最後は涙涙でした」

高層マンションに住むセレブ夫婦が殺害され、その現場に居合わせた20代の若者4人のうち、一人が犯行を自供します。彼ら4人は「Nのために」という合言葉のもと、ある計画を企てていました。原作は湊かなえのミステリー小説です。


「恋ノチカラ」(フジテレビ、2002年)
出演:深津絵里、堤真一、矢田亜希子、坂口憲二、西村雅彦など。全11話

「深津絵里ちゃんがめっちゃかわいい。堤真一さんもめっちゃかっこいい。えんぴつネズミ欲しかったです」

「放映時、同世代だったのでドツボにはまりました。軽快なテンポと笑いの中に、せつなさもあってキュンキュンしてました」

大手広告会社庶務課勤務で仕事も恋も崖っぷちの30歳独身OL本宮籐子が、人気クリエイター貫井功太郎に秘書として引き抜かれます。ところがこれが人違いだった…。出会いは最悪、でも恋が芽生えるという王道ラブストーリー。テンポ良いセリフの掛け合いや、深津のこじらせ女の一人芝居がツボにはまると評判です。



「JIN-仁-」(TBSテレビ、2009年第1期、2011年完結編)
出演:大沢たかお、綾瀬はるか、内野聖陽、中谷美紀など。第1期11話、完結編全11話

「放映時、途中から観だしたのですが“最初から見たかった〜”と、地団駄を踏みました。もう、何度観ても面白い」

「綾瀬はるかがとにかく可憐。ときどきお笑い芸人に見えてしまうのが玉にきず」

現代の医師が幕末にタイムトリップ。混沌とする困難な時代に、現代の医療知識で人々の病気やケガを治していく感動ストーリーです。第1期は国内外で多くの賞を受賞。完結編はTBS開局60周年記念として製作され、最終回は瞬間最高視聴率31.7%を記録しました。


「空飛ぶ広報室」(TBSテレビ、2013年)
出演:新垣結衣、綾野剛、水野美紀、柴田恭兵など。全11話

「上司役の柴田恭兵さんの演技が素敵すぎ! 退役のシーンは泣きました」

「タイトルや役者の名前から、まったく期待していなかったのですが、心鷲掴みで一気に観てしまいました。ブルーインパルス見にいきたい!」

ひょんなことから出会った美人テレビディレクターと航空自衛隊の元戦闘機パイロット。幼い頃の夢を断たれた二人が、さまざまな状況を乗り越えて成長していく様を、航空自衛隊の「チーム広報室」の個性的なメンバーを絡めて描きます。終盤は東日本大震災についても描かれ、困難に負けない明日への希望を伝えます。


いずれのドラマも、登場する役者さんはほぼ全員が今も主演級という贅沢さ。時代をこえて愛される理由がわかります。
次は安定の人気を誇るドラマの名前が挙がりました。

観ていた頃の思い出が蘇る。ついつい浸ってしまうドラマが勢ぞろい。

「のだめカンタービレ」
主演:上野樹里、玉木宏など

「クラシックはまったくわからなかったけど、すごく楽しめました」

「ギャグ漫画の世界観を、見事実写化に成功しています」


「警部補 古畑任三郎」
主演:田村正和、西村雅彦など

「他の推理ドラマと違って最初に犯人がわかっているのに、逮捕されるまでがハラハラドキドキ。役者の演技力と三谷幸喜の脚本がすごい」

「キャラが最高。犯人役が毎回豪華で、それも楽しみでした」


「王様のレストラン」
主演:松本幸四郎、筒井道隆、山口智子、鈴木京香など

「出演する役者がすべて主演級という贅沢なドラマ。軽快でいかにも三谷幸喜作品って感じが好き」

「あの雰囲気にはまりました」


「きらきらひかる」
主演:深津絵里、柳葉敏郎、松雪康子、篠原涼子、小林聡美、鈴木京香など

「放映時、タイトルから軽いドラマと
思ったら、法医学ドラマでびっくりした記憶があります。アンナチュラルにハマッた人はおすすめ」

「イタ飯屋での女子トーク、というか毒舌トークが面白くて、今も最前線で活躍する女優さんたちの競演は見ごたえあり」


「踊る大捜査線」
主演:織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、水谷美紀、ユースケ・サンタマリア、いかりや長介など

「とにかく大大大好き。ただ青島さんが、ときどきモノマネ芸人にかぶって見えてしまって……」

「刑事ドラマと言えば熱血だった時代に、サラリーマンという視点を絡めて描いたのが斬新だった」



筆者のおすすめは「空飛ぶ広報室」です。Amazonプライム・ビデオで高評価だったので、先入観ゼロのまま期待しないで観たのですが、ぐいっぐいっぐいっと引き込まれ、気がつけば一気観していました。


文/和兎 尊美

※一部ドラマはDVD販売のみで、配信サービスがないものもあります。


■文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿を抜粋したものです。

■おすすめ記事
子どもがスマホに接する頻度が4年前から大きく増加! デジタル利用はどこまでOK?

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。