SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 産後の悩み
  4. 高齢出産で2児の母 女優・加藤貴子 3度の稽留流産の後にさずかった息子の育児、情報が多く正解に悩む

高齢出産で2児の母 女優・加藤貴子 3度の稽留流産の後にさずかった息子の育児、情報が多く正解に悩む

連載13回目となる女優・加藤貴子さんの今回のお話は、子育てに不安を感じたときの出来事。この連載は、44才で第一子、46才で第二子を出産した、加藤さんの赤裸々な育児話と、育児に影響を与えた言葉を紹介しています。

情報過多で何を信じていいかわからなくなった育児

「不登校」「引きこもり」「いじめ」「自殺」「事故」「病気」…。巷に流れる悲しい出来事を目に耳にするたびに、子育てに不安を感じて、時々眠れなくなることがあります。

私は3度の稽留流産(けいりゅうりゅうざん)をした末に授かった双子のうち、おなかの中で1人だけしか育たなかった経験を経て、やっと長男を出産するに至りました。ですから、第1子が無事にこの世に生まれてくれるまで、心配の日々でした。

せっかく胎動を感じて幸せと安心を実感できたとしても、しばらく胎動がないとその分猛烈に不安になる、の繰り返し。「無事に生まれてきてくれたら、やっと心配ごとから解放されるな~」と、ぼやいていた私に、2人の子育てをしている姉が「何言ってるの! 生まれてからの方が心配ごとは山ほど増えるんだよ。病気、けが、事故、あげたらキリがないくらいなんだから」と。この言葉の重みを、近ごろは痛感しています。

当時は正直、「そんなこと言ったって、2人とも問題なくスクスク育ってるじゃない」「お姉ちゃんも心配がないからプクプク育ってるんじゃないの?」くらいに思っていました。でも、このスクスク育っている裏には、姉の見えない苦労や努力、試行錯誤があったんだろうな~と、今は想像できます。

子育ては何を参考にしていいのかわからなくなることがままあります。一方では推奨していて、一方では否定していたり…。ネットでも、さまざまな意見が飛び交っているので、何をどう判断していいやら途方に暮れちゃうことがあります。

保育園をボイコットする息子に疲れきった私を救った言葉

3歳になった二男は、コロナ感染予防による登園自粛で、3カ月間を家で過ごしてからというもの、保育園へ行くのを毎朝嫌がっています。ひどいときには2時間ボイコット。長男も通っている保育園で、保育士さんたちもおなじみの顔ぶれ。皆さん仕事熱心で信頼のおける方々です。行ったら行ったで楽しく過ごしているようです。

だから園が嫌いなわけではなく、家が楽しい、親といたいだけなのかな? まだ原因を探っている状態なのですが、連日行く行かないのすった~もんだ~が続くと私も疲れてきて、ついつい声が大きくなってしまうことも。

そこで、先輩ママでもあり保育士でもある友だちに相談したら、「園に行けたときに『園に行ってえらかったね~』ってほめずに、『今日は園に行けたね~』って行動をなぞるだけでいいんだよ。ほめちゃうと、行けなかった自分は“ダメな子だ”って判断しちゃうから」とのアドバイスが。むちゃくちゃほめてしまっていた…。

6年もお母さんをしてるのに、まだほめ方もしかり方もわかっていない自分を情けなく思っていたら、「子育てはいろんな意見があるから、自分たちの生活、感覚にしっくりくることを参考にして、できるだけ肩の力を抜いて、子どもと過ごす時間を楽しむことの方が私は大事だと思うよ」と、助言をくれました。

“子育てを楽しむ”
抱える心配ごとも不安も成長も喜びも怒りも、すべてをひっくるめて、今しか味わえないこの時期の子育てを楽しむ! これが子どもにとってのよい環境づくりなんじゃないかな~と、あらためて今、思います。すぐ忘れちゃうから、紙に書いて貼っておこう!

文/加藤貴子 構成/ひよこクラブ編集部

正解がないからこそ、多くのママ・パパが悩む子育て。ほかの家族や子どもと比べず、わが家の正解を探すことが、幸せの近道なのかもしれませんね。次回も、加藤さんの育児の対するリアルな思いを紹介します。お楽しみに!

加藤貴子さん(かとうたかこ)
Profile
1970年生まれ。1990年に芸能界デビューして以降、数々の作品に出演。代表作として『温泉へ行こう』シリーズ(TBS系)、『新・科捜研の女』シリーズ(テレビ朝日系)、『花より男子』(TBS系)などがある。

■おすすめ記事
ストレスフルな環境に、移住を決意。新しい地で子育てと仕事を再スタートした家族に取材

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。