SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊活
  3. バービーさんに聞く「女性の性と健康」自分の体をもっと知ろう!解放しよう!

バービーさんに聞く「女性の性と健康」自分の体をもっと知ろう!解放しよう!


女性の体や性の情報をメディアで発信するお笑い芸人のバービーさん。
とくに昨年は、自身のYouTube「バービーちゃんねる」で生理用品を取り上げたり、下着ブランドとバストの悩みを解消するコラボ企画で話題となりました。

バービーさんに「自分の体にどう向き合えばいいのか、妊活を考える女性にとってもヒントになる&元気になるインタビュー」を、妊活たまごクラブがお聞きしました。

自分の体をもっと好きになってほしいから


――性的な話題を恥ずかしいと考える日本人女性が多いなか、バービーさんはオープンです。

●バービーさん(以下バービー)「『体の悩みは人に言えない』って人は多いですよね。私が以前、ブラの締め付けでできた黒ずみの写真をインスタで発信したら、すごく反響がありました。でも私としては『毎日身につけるものの悩みを、なんで自由に人に言えないの?』って不思議です。おっぱいや生理といった女性特有の性の情報を得ることは、美容や健康を気づかうのと同じ感覚。自分の体をもっと知って、好きになったらいいなと思っています。生理だって未来の子どもにつながっているのだから、女性一人だけでなくパートナーと共有して、二人で乗り越えるものと考えています。」

「恥ずかしいよりも、無知でいることのほうが怖いです」

画像:Youtubeチャンネル「バービーちゃんねる」より
画像:Youtubeチャンネル「バービーちゃんねる」より


――自分の体に関心を持ったきっかけは?

●バービー「ピルの処方をきっかけに生理について調べ始めました。いろんな生理用品を試すと『なんで不快なままで過ごしてきたんだろう』って感じるほど、便利な製品が最近は登場しています。我慢し続けて病気などのリスクがあることを考えたら、恥ずかしいよりも、無知でいることのほうが怖いです。」

「何が自分に合うかは、自分次第。いろいろ試して見つけてほしい」

画像:Youtubeチャンネル「バービーちゃんねる」より
画像:Youtubeチャンネル「バービーちゃんねる」より


――情報はどう得ていますか?

●バービー「生理用品に限らずいろんなアイテムを試したり、情報収集してきました。でも、人によって個人差があるので、納得してから使いたい。だから自分で試します。クリニック選びも一緒。ピルを処方してもらったときも、婦人科の医師でも意見は千差万別でした。自分で調べてどれを選び取るか考えるようになったし、婦人科も相談先が3ヶ所あり、いろいろな人から聞くことが必要だと至りました。性の情報は閉ざされているから自分で調べて、動くしかありません。」

――フットワークがすごく軽いですね。

●バービー「困ってからクリニックでは遅いですから。興味本位でクリニックに行ってもいいんじゃないかな。私はルポライターが潜入するくらいの気持ちで通っていますもん(笑)。経験値を積まないと、自分の体がベストな状態かもわからないですから。」

――知識を蓄積してよかったことはありますか?

●バービー「今、研究しているのはPMS(月経前症候群)。月によって食欲が増す、落ち込む、むくむ、と症状がバラバラだからデータが取れないですが、観察すると傾向と対策はつかめてきました。PMS中の自分は嫌だし、周囲に迷惑をかけるかもしれないけど、生理っていうあらがえないものによって起こるわけだから、私が100%悪いわけじゃない。そう思えると、少し割りきれるようになりました。」

「自分で行動して選択肢を増やし、生理だけでなくさまざまなことを自己決定できるマインドになってほしいです」

画像:Youtubeチャンネル「バービーちゃんねる」より
画像:Youtubeチャンネル「バービーちゃんねる」より


――生理など性にまつわる情報を発信されている理由を教えてください。

●バービー「ネットには情報がたくさんあるけど、口コミだけでなく、自分の足で調べて納得してほしいからです。YouTubeで情報提供はしますが、取捨選択は自分でしてほしい。それでも生理やレディースクリニックの動画をあげると『おすすめを教えてほしい』とか『クリニックが怖いので一緒についてきて』というコメントが来ることがあります。失敗したくないって気持ちからだと思いますが、私には合うけれど、あなたに合うとは限らない。受け身の姿勢って危ないんじゃないかな。自分で行動して選択肢を増やし、生理だけでなくさまざまなことを自己決定できるマインドになってほしいです。」

今年から3年連続で出産!? 実は少し「妊活」モードです


――今後、ご自身の妊娠・出産についてはどうお考えですか?

●バービー「人生設計としては40代で産みたいけど、そんなわけにもいかない。去年占いで「今年から連続で3人産む」って言われて以来、産院や離乳食を調べていて若干妊活モードです(笑)。妊活も情報を自分から取りに行くことは大事。たとえば不妊治療のことを知らないまま30代後半を迎えるのと、20代のうちに知っているのとでは選択肢の広がりが違う。人生設計を考えるなら、自主的に情報を取りに行きたいですね。」

ピーチ・ジョンコラボ第2弾好評発売中


バービーさんが感じていた下着の不満の解決をめざし、好評を博したピーチ・ジョンとのコラボ第2弾。今回もさまざまな体の悩みに耳を傾けて製作。ビジュアル撮影に至るまでバービーさんの思いを存分に反映しています。

バービーさん初著作『本音の置き場所』

Amazon で購入

楽天ブックス で購入

ジェンダーによるギャップ、自分の体になじめない気持ち、料理することへの他人からの目線。言葉にならないモヤモヤにバービーさんが正面から向き合った彼女の本音が満載。読めば彼女に共感するはず!
1,430円(税込)/講談社刊

●バービー Profile


1984年北海道生まれ。2007年お笑いコンビ「フォーリンラブ」を結成。現在「週末ノオト」(TBSラジオ)パーソナリティーをはじめ、「ひるおび」(TBS系)コメンテーターや北海道の町おこしなどにも尽力。YouTube「バービーちゃんねる」が好評配信中。

バービーさんのYoutubeチャンネル「バービーちゃんねる」はこちら

●撮影/川本史織
●スタイリスト/谷口夏生(TAKUTY PRODUCE&CREATE)
●ヘア・メイク/梅原麻衣子(GiGGLE)
●文/津島千佳

※記事内容、日付、監修者の肩書、年齢などは掲載当時のものです。

▼『妊活たまごクラブ2021-2022年版』は、妊活に役立つ情報が一冊に詰まった妊活スタートブック

Amazon で購入

Rakutenブックス で購入

■おすすめ記事
不妊理由の約50%は男性側の問題?! ここ数年で風向きが変わった!男性不妊の今【専門家】

妊活

更新

妊活の人気記事ランキング

関連記事

妊活の人気テーマ

新着記事

ピックアップ

不妊治療クリニック&体質改善施設
たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。