1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 「子どもの性別、どちらがよかった?」ママの本音は?【6,288人調査】

「子どもの性別、どちらがよかった?」ママの本音は?【6,288人調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/Lacheev

妊娠中、必ず聞かれるのが「男の子? 女の子?」という質問。

ママ自身にとっても、おなかの赤ちゃんが男の子か女の子は気になるところで、健診のたびに「どちらですか?」と聞かずにいられないママもいると思います。
中には、一度聞いた性別が「やっぱり違いました」と変わった経験を持つママも!?

赤ちゃんの性別にまつわるあれこれを聞いてみました。

2017年5月23日~2017年6月6日、全国のウィメンズパーク会員6,288名に実施した「お子さまの性別について教えて!」というアンケートを元にしています。

「第1子はどちらがいいと思っていた? 思っている?」

第1位 女の子 3,122人(49%)
第2位 どちらでもよい 1,918人(40%)
第3位 男の子 1,200人(11%)

過去には「第1子は跡継ぎになる男の子を産まなければ!」という時代もありましたが、今の世の中では「女の子」を望むママのほうが多いようです。49%のママが第1子に「女の子」がいいという結果になりました。

女の子を望んだママは
「女の子だと大人になっても仲良くできそう」
「自分が姉妹だったせいか、男の子が考えられなかった」
「男の子だと、大人になった時に母親に見向きもしなくなるかなと思ったから」
「下の子の面倒を見てくれそう」

ほかにも、「自分と同性のほうが育てやすそうだから」と感じているママが多数。

一方、男の子を望んだママは
「とにかく男の子が生まれたら勝ち!と思っていたので」
「男子を育て上げる自信があった(よく言うよ~)」
「どちらかといえば、男の子のほうが顔で苦労しないかな~と思いました(^_^;)」
「自分のような娘が出てくるなんて、恐ろしすぎる」

「夫が長男だから」「義両親が男の子を望んでいる」というコメントも多く、「跡継ぎ」問題もまだ根強いようです。

そうはいっても、2位は「どちらでもいい」。
「授かっただけでうれしい」
「高齢出産だったので、無事に元気に生まれてくれれば性別なんてどちらでも良かった」

性別にはこだわらず、生まれてきてくれることだけでうれしいものですよね。

「妊娠中、性別はいつごろわかった?」

第1位 妊娠6カ月 1,721人(27.4%)
第2位 妊娠5カ月 1,515人(24.1%)
第3位 妊娠7カ月 960人(15.3%)

2人以上のお子さんがいるママには、それぞれのお子さんの性別がわかった時期を答えてもらいました。

1位が「妊娠6カ月」、2位が「妊娠5カ月」、3位が「妊娠7カ月」。66.8%のママが「妊娠5~7カ月」で性別が判明したという結果になりました。
おなかの中の赤ちゃんの外性器が完成するのは妊娠4カ月ごろではあるものの、「エコーでわかるようになるのは妊娠5カ月以降」ということなので、納得の結果かもしれません。

病院の方針やパパママの考え方により「産むまで性別は教えてもらわなかった」もしくは「出産後に性別がわかった」という人も648人(10.3%)いました。

「先生に言われたおなかの子の性別が途中で変わったことはある?」

第1位 変わったことはなかった 5,001人(79.5%)
第2位 産むまで性別は教えてもらわなかった 519人(8.3%)
第3位 妊娠中に変わったことがある 372人(5.9%)

おなかにいる途中で、赤ちゃんの性別が変わるというレアな経験をした人も5.9%いることが判明しました。

「妊娠中は女の子って言われてたのに、生まれたら男の子だった」

「一度もしかして男の子かも、と言われたことは。でも、結局女の子だった」

「『男の子と女の子、二卵性だね』と言われていたのに、生まれたら二人とも男の子だった。しかも、血液型も同じで、『顔もそっくりだから一卵性かもね』と言われました」

「先生が『あっ』と言ったので、わかった」


先生の「あっ」は、つまり「ないはずのものがあった!」ということですよね…?

生まれてみれば、男の子でも、女の子でも、かわいいもの。赤ちゃんグッズを揃えるのに困ることがあるかもしれませんが、「産まれるまで教えてもらわない」というのもいいですね。(文・古川はる香)

■関連記事
赤ちゃんの性別が知りたい人は今すぐ足をチェックして!
臨月でまさかの性別変更?! 赤ちゃんの性別にまつわる珍体験
【妊婦健診】おなかの赤ちゃんが「大きめ」「小さめ」と言われたら

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る