1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 【妊娠中期~後期】脚のむくみは、ふくらはぎでなく「太もも」をもんで解消!

【妊娠中期~後期】脚のむくみは、ふくらはぎでなく「太もも」をもんで解消!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


妊娠中、とくに中期~後期は、ホルモンの影響などもあり、脚がむくみがち。
むくみを解消しようと、ふくらはぎばかりをケアしている人も多いのでは? 
「実は、脚のむくみの原因は太ももにあることが多いのです」
と、リフレクソロジストの市野さおりさん。
それって、どういうこと? 
目からウロコの、むくみケア方法も教えてもらいました。

太もものかたさは脚のむくみだけでなく、腰痛にも影響が!

妊娠中は、ホルモンの影響で体内の水分量が増えるなど、脚がむくむ人が多いもの。とくに妊娠中期・後期になると、むくみが加速! 

「むくみやだるさを解消しようと、ふくらはぎをマッサージする人が多いですよね。でも、実は太ももをケアするほうが効果的なんです」と、市野さん。
「脚のむくみは、太ももに原因があることが多いのです」。

そもそも脚のむくみは、血液やリンパ液などの水分が上に流れず、ふくらはぎなどに停滞することで起こるもの。脚の血液やリンパ液を押し上げるには“足裏・ふくらはぎ・太もも”の3つのポンプが働く必要がありますが、むくみがあるときは、このうち、太もものポンプが働いていない可能性が高いというのです。

「むくみがあっても、ふくらはぎの筋肉は正常に働いていることがほとんど。実際に妊婦さんを診ても、太ももが凝っていることが多いですよ」。

太ももには、大腿四頭筋などの大きな筋肉があり、この筋肉が凝っていてかたいと、ふくらはぎの循環が滞り、むくみを招くことがあるそう。さらに、腰の筋肉は太ももにつながっているので、太ももがかたくなると、腰に負担がかかり、腰痛の原因にもなるといいます。
妊婦さんのマイナートラブルの代表、むくみと腰痛は、どちらも太もものかたさに関係しているらしい…!

かたくなった太ももをほぐせば、妊婦の体は楽に!

むくみや腰痛の原因が「太ももの凝り」といわれても、ピンとこない人も多いかもしれません。
そこで、自分の太ももが「凝っているかどうか」がわかるセルフチェック法と、凝っていたときの対処法を教えていただきました。

まずは、あなたの太ももの凝り度をチェック!

生活習慣と体質から、普段意識することのない太ももの凝り度をチェックしてみましょう。
以下の項目が1つでも当てはまる人は、太ももがかたい可能性大!

□背もたれがないと床に座れない
□後ろ側に反るような立ち姿勢が楽
□あぐらをかくのがつらい
□歩くとすぐに疲れる
□いすから立ち上がるのがつらい
□ひざに痛みや違和感がある

さらに、「太ももの側面と裏側を指先4本で軽く押してみて、痛みを感じたら、あなたの太ももは凝っています」と市野さん。
さっそく試してみて!

1日5分でOK! 太ももをもんでみよう

それでは、めぐりのいい太ももにするための「ほぐし方」を見ていきましょう。
1日のうちいつ行ってもOKですが、体が温まっていると効果が出やすいので、おふろ上がりがとくにおすすめなのだそう。
1~5を、左右の脚それぞれで行います。

1 太ももの裏側を押す
ひざの後ろから脚のつけ根まで、両手の指の腹4本で押していきます。太ももの裏側の筋肉を割るようなイメージを持つと効果的。5回繰り返しましょう。

2 太ももの筋肉を回す
一方の手を太ももの上に、もう一方の手を太ももの裏側に当て、骨から筋肉をはがすようなイメージで外側から内側に押し回します。限界まで回したら3秒キープし、手を添えたままゆっくり戻します。ひざの上から脚のつけ根にかけて、3回に分けて回します。同様に、内側から外側にも回して。

3 太ももの側面をつまむ
太ももの側面をつまんで3秒キープし、手を添えたままゆっくり戻します。ひざの横から脚のつけ根まで、外側・内側とも2~3往復させましょう。

4 “ひざ上15cmゾーン”をもみほぐす
ひざ上15cmは、むくみに効くゴールデンゾーン。ここをよくもみほぐしましょう。表側と側面は、手のつけ根の腹で小さな“なると”を描くようにして押しもみ。裏側は、指全体を使ってもみしごきます。

5 もんでいて痛かった部分をさらにもみほぐす
仕上げとして、4までのマッサージで、もんでいて痛かった場所に手を当て、その180度反対側にもう一方の手を当てて、円を描くように力を入れて押し回します。
※妊婦さんは、おなかが張ったら即、中止。痛くなるまで押さないように気をつけて。

5分のマッサージが終わったあとは、脚だけでなく、体全体が軽やかに!

むくみ解消にはふくらはぎではなく、太ももをもむべし!という目からウロコのケア方法。
いかがでしたか?
太ももがやわらかくなると、下半身が動かしやすくなり、日常生活が楽になるうえ、血流がよくなって安産にもつながるそう。
ぜひ試してみてくださいね!(文・たまごクラブ編集部)

●監修/看護師・英国ITEC認定リフレクソロジスト 市野さおりさん

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事