1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. お腹の赤ちゃんへの影響はどれくらい? 妊娠中のたばこについて

お腹の赤ちゃんへの影響はどれくらい? 妊娠中のたばこについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たばこが人体に与える悪影響を知っている人は多いはず。一方でわかっていてもなかなかやめられない人もいるでしょう。しかし、喫煙は自分自身だけでなく、おなかの赤ちゃんや周囲の人の健康にまで害を与えてしまいます。どんな影響があるのかを知り、禁煙をめざしましょう。

たばこに含まれる有害な物質

たばこの煙には、約200種類以上の有害物質が含まれているといわれ、よく知られているものではニコチンやタール、一酸化炭素などが挙げられます。

妊娠中のたばこがおよぼす胎児へのリスク

喫煙をすると、たばこに含まれるニコチンの影響で血管が収縮し、おなかの赤ちゃんに十分な酸素が届かなくなります。また、煙に含まれる一酸化炭素が血液中のヘモグロビンと結びついてしまうと、本来結ばれるはずだった酸素と結合できなくなり、母子ともに低酸素状態に。こうした状態が続くことで、胎児に十分な栄養が届かず、発育を妨げてしまいます。それだけでなく、胎盤機能の低下も引き起こし、流・早産や胎児機能不全、胎児発育不全、常位胎盤早期剥離などのリスクも高まります。

たばこが引き起こすトラブル

○流産
○早産
○前期破水
○胎児機能不全
○常位胎盤早期剥離
○胎児発育不全

妊娠中に家族がたばこを吸っている場合のリスク

たばこで注意しなければならないのは、たばこの燃えている部分から出る煙。これは副流煙と呼ばれ、吸う人が吐き出す煙よりも数十倍から数百倍も高い濃度の有害物質が含まれています。妊婦さん本人が吸わなくても、家族や周囲の人が喫煙して吐き出した煙が妊娠経過や胎児に影響を与えてしまうのです。ママ自身が喫煙者の場合は、妊娠をきっかけになるべく早くたばこをやめるのはもちろん、夫や家族が喫煙している場合もたばこの害を知ってもらい、本数を制限するだけでなく禁煙してもらうようにしましょう。

家族も一緒に!おすすめの禁煙術

胎児への影響をきちんと知る

まず、禁煙の第一歩はおなかの赤ちゃんへの影響を知ること。酸素不足で苦しそうにしているおなかの赤ちゃんの姿を想像してみましょう。

禁煙日記をつけ、行動パターンを知る

禁煙ノートを用意し、たばこを吸うたびに記録してみては。いつ、どんなときに吸いたくなるのか、自分の喫煙パターンを知ると対策も考えられます。

周囲の人に禁煙宣言する

家族や友人に禁煙宣言することで、周囲からサポートしてもらいましょう。宣言したことで、禁煙する気持ちもわいてきます。

禁煙でなく“休煙”する気持ちで

禁煙しなくては、と思うと余計にイライラしてしまいます。「妊娠から授乳までの一時休止」と思うと気持ちが楽になって禁煙しやすくなる場合も。

ほかのストレス解消法を見つける

たばこを吸いたくなったらシュガーレスのガムをかむ、お茶を飲むなどで乗りきりましょう。また、妊娠経過が順調であれば、ウォーキングやマタニティスポーツなど体を動かしてストレス発散を。

職場の喫煙環境については上司に相談を

分煙の環境が整っていない職場は、上司に相談をして胎児への影響を理解してもらいましょう。煙のこない席へ移動させてもらうなどの協力をお願いしてみて。

どうしてもたばこをやめられない場合には……

喫煙が「これぐらいなら大丈夫」ということはありません。強い意志を持って禁煙に臨みたいもの。ですがどうしてもやめられない場合、禁煙外来で専門家によるサポートを受けるのもひとつの手です。定期的に受診をして禁煙の継続を確認しながら進めることができます。

まとめ

たばこはおなかの赤ちゃんに悪影響を与えることが多くの報告や調査からわかっています。自分だけは大丈夫と思わず、妊娠がわかったら喫煙はやめましょう。おなかの赤ちゃんの健康も自分自身の健康も守ることができますよ。
(文/たまごクラブ編集部)

監修
日本赤十字医療センター 周産母子・小児センター顧問
東都文京病院 院長 杉本充弘先生

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る