1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中「便秘で体重管理がうまくいかない!」ときの対策&先輩ママがやったこと

妊娠中「便秘で体重管理がうまくいかない!」ときの対策&先輩ママがやったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DragonImages/gettyimages

たまごクラブの「体重管理」特集のためのアンケート調査で、「体重管理で悩んでいること」を聞いたところ、「便秘でうまくいかない」と感じている妊婦さんが多数いることがわかりました。
そこで今回は、厚生中央病院の管理栄養士・星麻衣子さんに、便秘の妊婦さんが体重管理をする際に気をつけるべきことをうかがいました。

便秘が続くと、体重は増えやすくなる!

「便秘が続くと、体重が増えやすくなるのは事実。便が排出されないことで、その分の体重が増えるだけでなく、消化・吸収が悪くなることで基礎代謝が悪くなって、皮下脂肪もつきやすくなるという悪循環になる場合も。体重が増えやすい体質になり、体重管理がうまくいかなくなってしまいます。

さらに便秘が続くと、健康にもよくありません。妊娠中に分泌される女性ホルモンの影響で、妊婦さんはただでさえ便秘になりやすいので、普段の生活でできる便秘対策をして、それでもダメなときは健診時に医師に相談して便秘薬を処方してもらうなど、早めに改善するようにしましょう」(星先生・以下同)

便秘対策1:便通がよくなるよう、食生活を工夫する

「腸の調子を整える食生活を。以下のことを心がけましょう」

・1日3食、規則的な時間にしっかり食べる
・水分補給を小まめにする(とくに起床時に水を一杯飲むと◎)
・乳酸菌を含む乳製品やぬか漬け、納豆菌を含む納豆を食べる
・食物繊維を多めにとる

便秘対策2:ストレスをためず、自律神経を整える

「自律神経を整えることで、便秘を改善できることもあります。早寝早起きをして、運動の制限がなければストレッチやウォーキングなど、適度に運動を行って。また、ストレスをためないことも大切。自分がリラックスできることを見つけて実践して」

「こうして乗りきった!」ママたちの声

読者アンケートで寄せられた、妊娠中の体重管理に便秘でつまずいたママたちの体験談を紹介します。参考にしてみて!

「便秘で体重が増加。排便時に力を入れるのも不安で。ごぼうをよく食べ、乳酸菌の多いヨーグルト飲料を飲んだらだいぶ改善されました。(産後9カ月)」

「夏に食欲が落ち、食べる量が減って便秘に。産院で便秘薬を処方してもらいました。(産後8カ月)」

「便秘がちで体重が増えやすかったので、マタニティヨガをしました。便秘改善に直接効果があったかはわからないけれど、ストレス解消に。(産後5カ月)」

「野菜を多めにし、オリゴ糖をとったりしましたが、なかなか改善されず…。産院でもらった便秘薬が効きました。(産後11カ月)」

関連:【腸活】小林弘幸先生直伝!妊娠中の便秘を解消するメニューとは?

便秘で体重管理がうまくいかない妊婦さんは、少なくないようです。が、体重を増やさないようにと、食事を抜いたり、減らしたりするのは逆効果ですし、栄養面でもNG。また妊娠中は薬を飲むことに抵抗がある妊婦さんもいるかもしれませんが、ひどい便秘は体重管理だけでなく、健康状態や妊娠経過にも影響を及ぼすことも。我慢せずに、早めに医師に相談して、ひどくなる前に治すようにしましょう。(文・たまごクラブ編集部)

■監修:厚生中央病院 管理栄養士星 麻衣子さん
■参考:『たまごクラブ』2018年9月号巻頭大特集「実はしっかり食べていい! 産後の体形戻しはなんと産後1週から 妊婦の“新”体重管理」

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事