1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. マタニティマークは危険?! つけたくてもつけられない妊婦たちの苦悩...

マタニティマークは危険?! つけたくてもつけられない妊婦たちの苦悩...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠初期は母子にとって大切な時期ですが、おなかが目立たないため妊娠していることが周囲に伝わりにくいもの。そこで赤ちゃんと妊婦さんを守るためにつくられた「マタニティマーク」ですが、その周囲への呼びかけが、かえって危険を招くこともあるという衝撃的な証言が...! マタニティマークをつけて嫌な思いをしたり、怖い目にあったという妊婦さんが存在するようです。
妊婦さんを守るためのマタニティマークなのに、なぜ逆に危険なことになってしまうのでしょうか?

怖くてマタニティマークをつけられない...ママたちの不安

マタニティマークをつけることで、周囲がいたわってくれることを期待する人がほとんどですよね。ですが、なかにはかえって怖い思いをした人もいるとか...。そんなうわさを聞いて不安になり、なかなかマタニティマークをつけられないという妊婦さんもいるようです。

公共交通機関を利用するのが怖い

マタニティマークをつけて電車や公共交通機関を利用すると、「暴言を吐かれた、高校生におなかを蹴られた、女性に階段で突き飛ばされた、線路に突き落とされた」と、信じられないような話を聞いたことがあります。私は妊娠前、マタニティマークをつけた妊婦さんが電車内にいたら、席をゆずったりした経験があるのですが、妊婦というだけでそんなに危険なのでしょうか?

悲しいニュースを聞いてつけられなくなった

1人目のときはそのようなニュースを聞かなかったので、出産までふつうにカバンにつけていました。でも、ちょうど2人目を妊娠したころに非道なニュースを聞き、怖くて妊娠中一度もつけませんでした。おなかが大きくなるにつれ、1人での外出が怖かったです。たまに電車に乗るときは、あえて目立たない服を着たり、カバンをおなかの前に持ったり、端に立ったりしていました。

衝撃! マタニティマークによる危険な体験

妊婦さんにとって、特に電車やバスなどの公共交通機関での移動は、体に負担がかかるもの。そんなとき、妊婦さんにとってのお守りとなるはずのマタニティマークが、不幸にもトラブルの原因になってしまうこともあるようです。実際に危険な目にあったママたちの体験談をご紹介します。

ホームで突き飛ばされた

9年前、上の子を妊娠中に、見知らぬおじさんに駅のホームで突き飛ばされたことがあります。治安がイマイチな町だったのと、私の見た目がダメダメな格好だったのかな? そのときはリュックにマタニティマークをつけていました。

にらまれてしまいました

妊娠後期に入った先日、優先席前に立っていたら、前に座っていたサラリーマンのかたが「どうぞ座ってください」と笑顔でゆずってくださいました。お礼を言って座ってからマークを出したところ、隣に座っていた女性が、身を乗りだして私の格好やカバンをじろじろ見てきました。マークに気づき、文句を言いながらしばらくにらまれました。なぜにらまれるのかわからず嫌な気分になり、何かされるのではと少し怖い思いをしました。

何かあったときのために、見えないように持つ人も

とはいえ、万が一のことを考えるとまったく持ち歩かないのも不安ですよね。ふだんはあえて見えないところにつけたり、何かあったときのためにバッグのなかに携帯していたりと、工夫している妊婦さんもいるようです。

見えないようにつけています

ふだんは見えないようにつけています。いざ体調が悪くなったり、電車で座りたいときは、そのときのみ見えるように外向きにします。駅でも、電車に乗ってから見えるようにしたり。めんどうなことに巻きこまれたくないので。

何かあったときのために!

マタニティマークの意味をきちんと調べたところ、救急で運ばれたり、事故に遭遇した場合、救急隊員などに妊婦であることを示すことができる、というのが本来の意味のようです。事故など起きた際に、おなかの子どもの存在に気づいてもらえるサインと知りました。それを知ってからは、見えなくてもバッグの中に携帯しています。

"つける派"のママに聞いた理由・メリット

マタニティマークをつけるのが怖い、もしくは怖い体験をしたという悲しい事実があるいっぽうで、マタニティマークをつけていてよかったと感じている人も大勢います。つけるorつけないは人それぞれですが、マタニティマークを活用することで得られるメリットはやはり大きいようです。

赤ちゃんを守る手段として必要

調べたら怖いことばかりでも、私はつけています。おなかが目立ってきてからも、つけていたら何度も席をゆずっていただきました。今のところ怖い思いをしたことはないです。自分の体だけじゃなく赤ちゃんを守る一つの手段として、つけないよりはつけたほうがいいと思います。実際、つけていてよかったということのほうが多いですよ。

周囲が声をかけやすいかも

現在32週目で、おなかも出てきていますがずっとつけています。おなかが出ていても男性は確信がないと声をかけにくいみたいで、バッグのマタニティマークを確認して席をゆずってくださるかたもいました!ちなみに一度もだれかに文句を言われたり、乱暴されるようなことはありませんでしたよ。素直にお礼を言えば、そんなにトラブルになることもないかと思います。

助かった経験のほうが多い

都会に住んでいたとき、公共交通機関を使って満員電車に1人で乗ったり、フルタイムで仕事もしていました。マタニティマークをつけていましたが、特別にトラブルはなかったですよ。逆にマタニティマークを見て席をゆずってもらったりと、助かった経験のほうが多いです。何かあったとき、赤ちゃんと自分の身を守るためにつけたほうがいいと思います。

心ない人の冷たい視線を気にしてマタニティマークをつけることを控える妊婦さんたち。本来つけることで安心できるはずのマタニティマークが、逆に妊婦さんを不安にさせるなんてとても悲しいですよね。
ですが、多くのママたちがマタニティマークによって助けられているのも事実。もしものときに自分と赤ちゃんを守れるように、上手に活用したいですね。

※文中のコメントは「ウィメンズパーク」からの引用です。
※この記事は「ウィメンズパーク」で過去に公開されたものです。

■関連記事
先輩ママ2,916人に調査!マタニティーマークを利用した?しない?
[妊娠26週の口コミ]おなかを守るマタニティ下着と服選び
[10年ぶりに妊娠しました#4]  マタニティウェア・グッズ選び♪

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る