SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 【専門家監修】児童手当、月末生まれの赤ちゃんは要注意 「15日特例」内に必ず申請を

【専門家監修】児童手当、月末生まれの赤ちゃんは要注意 「15日特例」内に必ず申請を

新生児
kuppa_rock/gettyimages

児童手当は、子育てをサポートしてくれるお金。中学校を卒業するまで支給されますが、申請が遅れるともらい損ねる可能性も…。
児童手当のポイントを、お金のプロ・ファイナンシャルプランナーの畠中雅子先生に聞きました。

【記事監修】

ファイナンシャル・プランナー

畠中雅子 先生

Profile

マネーライターを経て、1992年にファイナンシャル・プランナーに。1男2女の母。実体験に基づくアドバイスに定評があり、新聞や雑誌など多数のメディアでの執筆や、セミナー講師など幅広く活躍。

出産翌日から15日以内に申請すれば誕生月の翌月分から受給できる

児童手当は、お子さんが生まれた翌月分から受け取れる、子育てをサポートしてくれるお金。
3才の誕生月までは月額1万5000円、それ以降は中学を卒業するまで月額1万円がもらえます。
第3子以降は、「やりくりが大変ですね」ということで、小学校を卒業するまで月額1 万5000円が支給されます。
ただし支給は毎月ではなく、2・6・10月の年3 回になります。
児童手当で注意が必要なのは、出産した月のうちに申請をすべきということ。
児童手当は「申請した翌月分」から支給の対象になるため、申請が遅れると、ひと月分、もらい損ねる可能性があるからです。
とはいえ月末にお子さんが生まれると、誕生月に申請したくても間に合わないのが一般的です。そこで、誕生日による不公平感をなくす目的で「15日特例」が設けられています。誕生の翌日から15日以内に申請すれば、誕生月に申請したとみなしてくれます。
児童手当は役所での手続きになりますので、出生届を出したあと、児童手当の担当課に足を運ぶのが効率的だと思います。

所得によっては月額5000円の特例給付になることも

ところで児童手当には、所得制限が設けられています。
たとえば赤ちゃんが1人いて、妻が夫の被扶養者(配偶者控除を受けている)の場合、所得が668万円を超えると、特例給付として、お子さんの年齢にかかわらず支給額は月額5000円に下がります。
ちなみに所得とは、会社員の方なら年収から給与所得控除を引いた金額。源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」に書かれている金額です。自営業者の方は、年収から経費を引いた金額になります。ただし児童手当の所得制限には、実際の所得金額に社会保険料相当分として、8万円が加算されています。
所得制限の判断は、夫か妻、どちらか一方の所得で行います。以前、所得制限の限度額は「夫婦の所得を合算した金額に変わる」というニュースがありましたが、そのような変更予定は現在のところありません。夫か妻、どちらかの所得が限度額を超えた場合に、特例給付の対象になります。


児童手当のポイントをまとめると
1 出産した月のうちか、誕生の翌日から15日以内に申請すべき手当
2 第1子と第2子は3才の誕生月(第3子は小学校卒業)まで月額1万5000円がもらえる
3 所得制限の限度を超えると、年齢にかかわらず月額5000円になる

の3つです。くれぐれも届け出をわすれないようにしてください。

(文・たまごクラブ編集部)

■掲載の情報は2019年11月時点のものです。以後変更になる場合がありますのでご注意ください。

初回公開日 2020/01/04

妊娠中におススメの本・アプリを追加

最新! 妊娠・出産新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「今すること」と「注意すること」を徹底解説!陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんのお世話も写真&イラストでわかりやすく紹介します。

Amazonで購入

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数や生後日数に合わせて、赤ちゃんの成長や、専門家からのアドバイスなど、妊娠日数や生後日数に合った情報を“毎日”お届けします。妊娠育児期にうれしいおトクなクーポンもあります。

ダウンロード(無料)

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。