Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. お産の痛みには「呼吸」 リラックス、痛みを逃せる…、メリットがたくさん!

お産の痛みには「呼吸」 リラックス、痛みを逃せる…、メリットがたくさん!

妊娠中の女性が立っています。
maroke/gettyimages

出産時は、経験したことのない痛みで呼吸が浅くなってしまいがち。でも、 お産の痛みは、深く呼吸をすることで和らげることができるんです! 
呼吸はママにとっても赤ちゃんにとっても、お産を進めるために大切。どんなメリットがあるのかをまとめました。

関連:[ハトコのドタバタ育児日記#22]二人め出産レポート その1

メリット1 リラックスできる

深い呼吸をすると、リラックスすることができます。ママが痛みをこらえて力むと、産道もかたく狭くなってしまうので注意。リラックスできれば、体と産道の筋肉がゆるみ、お産が進みやすくなる効果も。

メリット2 痛みを逃せる

ゆっくりとした深い呼吸に集中することで、陣痛を和らげる効果があります。痛みを感じると無意識に呼吸を止めてしまいがちですが、痛いときこそ“長く吐く”呼吸を意識しましょう。

メリット3 赤ちゃんに酸素を送れる

ママが息を止めると、血管が収縮し、胎盤やへその緒を通して酸素をもらっている赤ちゃんが苦しくなってしまいます。 狭い産道を頑張って出てくる赤ちゃんの ために、しっかり酸素を届けましょう。

メリット4 上手に腹圧をかけられる

いきむときには、陣痛の波に合わせて、 おなかに力を入れるのがポイント。息を 吸ってから、“長く吐く”呼吸をすると、 うまく腹圧をかけていきむことができます。しっかり吐ききることが大切。

関連:わたしが陣痛のときにした3つのこと 【妊娠なめてました日記#8】

お産では、痛いときこそ呼吸をして、ママと赤ちゃんがリラックスできるように心がけましょう。妊娠中から、空気をいっぱいに取り込み、ゆっくり息を吐く、深い呼吸を練習しておくのもおすすめです。


監修/森本 紀先生 文・たまごクラブ編集部

■参考:『たまごクラブ2019年4月号』「呼吸上手なお産密着ドキュメント」


森本 紀先生
Profile
オーク クリニック フォー ミズ病院 院長、日本ソフロロジー法研究会 会長。

金井麻里香さん
Profile
助産師。音楽療法、イメージトレーニング、呼吸法、エクササイズを取り入れた、ソフロロジー出産を行う産院。穏やかで赤ちゃんにやさしい出産ができると、関心が集まっています。

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。