SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 子育て中の自分は大変だと自信を持って言ってほしい「主婦の給料、5兆円ほしー!!! 家事も育児もさらにパワーアップ編」の著者・鳥谷丁子インタビュー

子育て中の自分は大変だと自信を持って言ってほしい「主婦の給料、5兆円ほしー!!! 家事も育児もさらにパワーアップ編」の著者・鳥谷丁子インタビュー

🄫鳥谷丁子/KADOKAWA

仕事や家事・育児に奮闘する日々を描いた漫画を、SNSやブログで発信している鳥谷丁子さん。

大反響だった初の書籍に続く2冊目のコミックエッセイ集『主婦の給料、5兆円ほしーー!!! 家事も育児もさらにパワーアップ編』を2021年5月に発表。新刊では、第2子が生まれてよりにぎやかになった家族の日常を描いています。育児の大変さや日々の幸せをユーモアたっぷりに伝える鳥谷さんに、子育てやエッセイへの思いを聞きました。

ブルーな話もありつつギャグは笑いに振り切りました

――第2弾の書籍の見どころを教えてください。

鳥谷丁子さん(以下敬称略) 家族が増えてよりはちゃめちゃになったわが家の闘いと、息子と娘のとてつもなくかわいいからみが見どころです!! 同じ悩みを抱えるママがラクになるきっかけを見つけられたらと思いまして、ちょっとブルーなお話も今作には含みました。でも、暗い気持ちにならないようギャグパートは思いっきり笑いに振り切りましたので、楽しく読んでいただけるはずです!

あと、前作も当時の自分に描ける全力をつぎ込んだつもりではあったのですが、やっぱり初の書籍化だったので、今回はのちに出てきた「ここをこうすればよかった〜」と思ったことをすべてやりきりました! 自信を持っておすすめできる一冊です!!

――そもそも、鳥谷さんが育児エッセイ漫画を描こうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

鳥谷 もともとは育児中のすき間時間で描いた絵日記を友人たちに向けて発信していたのですが、多くの方に見てもらえるようになって今まで続けてこられています! 本当に3日坊主人間なので1人じゃここまで続いてないです…応援してくれるみなさまに感謝です!! 全員と握手がしたい!!

パパ側のお願いも、ママの私が伝える意味がある

🄫鳥谷丁子/KADOKAWA

――日々どんな思いでコミックエッセイを描かれていますか?

鳥谷 主婦の方はもちろんですが、育児に興味がない方や、「専業主婦って気楽だよな!」って思っている方にも読んでいただきたいと思って描いています。というのも、私自身も息子を産むまで育児家事を軽視していたんです。
実父からも、幼いころから「仕事が1番大変でお金を稼いでいる父が1番えらい」という考えをたたき込まれていたので本気でそう思っていたし、世の大半の人がその考えであることに何も違和感を持ってなかったんです。むしろ主婦たちの「主婦は大変」と言う声を聞いて、「働いてないから自分がラクしているって気づけないんだな」くらいに思っていました。今思うと、過去の自分をぶっ飛ばしたいです(笑)。昔の私のような人たちに少しでも主婦の大変さが伝わったらいいなと思っています。

――新刊に収録されている『たのしい育児教室』では、ママの改善すべき点も指摘していますが、それを描く理由は?

鳥谷 自分がパパの立場だったら、ママさん側の主張だけを描いた作品を読もうと思わないな、と。また、息子の乳児時代を振り返ってみて、自分が夫の立場だったら結構思うことあっただろうなと思ったので。夫婦2人の子どもなのだからどっちが育児しても当たり前なのに「パパが育児するなんてえらい!」という空気にモヤモヤする気持ちはすごくわかります。しかし、パパさんがパパ側の主張をすると、ものすごくママからの風当たりが強い気がして…。ママである私がパパからのお願いを描くことに、きっとすごく意味があると思い描いています。

それでも風当たりは強かったので、やっぱりパパさんは主張しにくいんだなと感じました…キツい言葉に傷つかないわけではないですが、伝わる人にはちゃんと伝わるので、これからも発信していこうと思います!

子育て中の人は堂々と自分は大変だと思ってほしい

🄫鳥谷丁子/KADOKAWA

――コミックエッセイを描くことは、自身の生活や、家族への接し方にどう影響を与えていますか?

鳥谷 夫との考え方の違いが客観的に見られるようになりました。とはいえ、モヤモヤしている最中はやっぱり感情的になるのですが…。こう言えばわかってもらえるかなって考えたり、描いた漫画を夫に見せて伝えたりすることもあります! 育児の面では、漫画はやっぱり絵日記としての役割を果たしているので子どもたちの成長をあらためて実感できますし、今しか見られない日々を大切にしようと思えます!

――0~2才の子どもを育てる読者にメッセージをお願いします。

鳥谷 自信を持って自分が大変なんだと思ってください!! 「2人育てている人もいるし、3人育てている人もいるし…私なんて…」って比べないで! 人間1人育てることは本当にとんでもなくすごいことなので、みなさん頑張っていてえらい!!!!!!!!!! 日々を生き抜きましょう!!!!!!


お話/鳥谷丁子 取材・文/川辺美希 構成/ひよこクラブ編集部

笑いが詰まったコミックエッセイの作風そのままに、元気いっぱいにインタビューに答えてくださった鳥谷さん。ママの悩みに寄り添いたいという真剣な気持ちや、パパ目線での発信も続ける理由を聞いて、明るい言葉の中に強い意志を感じたインタビューでした。


鳥谷丁子 さん(とりたに ていこ)

Profile
3才と1才の子どもを育てる主婦。育児や家事、仕事復帰など子育て中の日々を描く漫画が広く共感を呼び、2020年5月に初の書籍『主婦の給料、5億円ほしーー!!!』を発売。


『主婦の給料、5兆円ほしーー!!!
家事も育児もさらにパワーアップ編』

大変なのに報われない家事と育児に追われる日常を描くコミックエッセイ第2弾。第2子が生まれ、さらににぎやかになった一家の暮らしぶりや子育ての幸せを、ギャグ満載のコミックで描く。『第2子の出産レポート』や『たのしい育児教室』などの描き下ろしも収録。
1210円(税込)KADOKAWA

■おすすめ記事
園長と保育士の関係が良好?保育士の声かけは?いい保育園ってどんなとこ?

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。