SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「ディズニーアンバサダー(R)ホテル」が赤ちゃん連れに人気な理由って? 編集部員が現地調査!

「ディズニーアンバサダー(R)ホテル」が赤ちゃん連れに人気な理由って? 編集部員が現地調査!

更新

新型コロナ第5波も落ち着き、少しずつお出かけの機会が増えてきているかもしれません。そんな中、感染症対策を意識しつつ、東京ディズニーリゾートに出かけることを検討しているママ・パパもいるのではないでしょうか。

ひよこクラブでは、度々、東京ディズニーリゾートの特集をしています。その際、ママ・パパたちからよく聞くのは、「宿泊するなら、ディズニーアンバサダーホテルがおすすめ!!」という声。なぜ、ディズニーアンバサダーホテルが子育てファミリーから支持されるのか、高橋桜子ママと幸煌くん(6カ月)と一緒に、現地でその魅力を取材してきました! おすすめポイントを4つにしぼって紹介します。

【おすすめ①】最寄り駅からあっという間に!広がるディズニーの世界

ディズニーアンバサダーホテルは、JR舞浜駅から徒歩8分の位置にあります。駅から商業施設・イクスピアリを通ると、あっという間に到着。また、東京ディズニーランド(R)や東京ディズニーシー(R)からは、直通のシャトルバスが出ているので、パークへの往復もラクラクです。

ロビーに入るとディズニーの世界に! テンションがあがります

ホテルに入ると広々としたロビーに、一気に気分があがります。ベビーカーに乗っている幸煌くんが見つめる先を追ってみると、飛行機を操縦するディズニーの仲間たちの天井画がありました。赤ちゃんも、楽しい内装です。

客室に向かうためエレベーターに乗ると、どこからからミッキーマウスの声が聞こえてきました。「扉が閉まるよ」「3階だよ」など、案内はすべてミッキーマウスの声。ミッキーマウスの声は赤ちゃんにも届きやすいのか、この声に幸煌くんも反応している様子。

「ホテル内の移動中も、こんなにいろいろ楽しめるなんて! 息子もきょろきょろ周囲を見回し、興味津々です」(桜子さん)

【おすすめ②】キャラクターをモチーフにした客室で、大好きなキャラと一緒に過ごせる!

ディズニーアンバサダーホテルには、ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、チップとデール、スティッチ、それぞれをイメージした客室があります。今回は、ミッキーマウスルームに潜入してみました。

ベッドはミッキーマウスの赤いズボンのデザイン

部屋に入ると、目の前にカラフルな世界が広がります。ベッドは、ミッキーマウスが着ているズボンのデザイン。壁にも、たくさんのミッキーマウスが描かれ、思わずワクワク!

客室には、快適に過ごせるいくつものサービスが

客室では、ディズニーチャンネルが見放題です。子どもが少し大きくなってパークで遊び疲れたときなどは、ホテルに戻ってきて、のんびり作品を見るのもいいかもしれません。

また、トイレとバスルームはわかれている仕様で、バスルームには広々とした洗い場が。赤ちゃんとゆっくり入浴できるのは、うれしいポイント。

「ホテルというと、バスタブだけで洗い場がないイメージでした。でも、このホテルならいつも通り、息子をおふろに入れられそうです」(桜子さん)

【おすすめ③】レストランは4つ。その日の気分や目的で選べる

ディズニーアンバサダーホテルには、4つのレストランがあります。

カリフォルニア料理が食べられる「エンパイア・グリル」、種類豊富なパンが並ぶ「チックタック・ダイナー」、ロビーに隣接する「ハイピリオン・ラウンジ」、そしてビュッフェが大人気の「シェフ・ミッキー」です。その日の気分や目的で選べるのはうれしい!「シェフ・ミッキー」は、宿泊者限定で朝食ビュッフェが楽しめるので、朝から特別な思い出が作れそう。

また、レストランは、ベビーフードの持ち込みもOK。必要に応じて、温めてもらえるサービスもあります。これらを利用すれば、家族全員で食事を楽しめますね。

パンをテイクアウトして部屋で赤ちゃんとゆっくり食事をしても

プライベートな空間で食事を楽しみたいときは、「チックタック・ダイナー」でパンをテイクアウトして、部屋で食べるのもおすすめ! 桜子さんと幸煌くんも、事前予約※しておいた大人気の朝食限定「ブレッドセレクション」をテイクアウトして、ミッキーマウスルームで堪能しました。 

「息子がグズグズしているときは、自分たちだけの空間で食事をできるとありがたいです。おいしくて、かわいいパンを部屋で食べられるなんていいですね!」(桜子さん)

※事前予約(プライオリティ・シーティング)とは、来店前に利用希望時間を指定できるサービスです。「チックタック・ダイナー」の一部商品は、大人気のため、事前予約がマストです。

【おすすめ④】赤ちゃんファミリーが安心して過ごせるサービスがいっぱい

ホテル内では、日用品が揃うショップ「サンセットサンドリ―」が24時まで営業しています。紙おむつやベビーフードも扱っているので、もしものときにも安心です。

また、「フェスティバル・ディズニー」では、パークで販売しているグッズが購入できます。ゆっくりおみやげ選びをするなら、ここがおすすめ!

チェックアウトも客室内で簡単&スムーズに

赤ちゃんとの旅行は、荷物が多く、準備に時間がかかるので、チェックアウトがバタつくもの。ディズニーアンバサダーホテルをはじめ、ディズニーホテルでは、客室のテレビ画面でチェックアウトができる「エクスプレス・チェックアウト」を導入しています。余裕を持って支度ができる上、混雑しやすいチェックアウト時も、人との接触も避けられるので、安心です。

ほかの感染症対策も確認したところ、手指の消毒液は各所に設置され、共有部分は定期的に消毒が実施されていました。

「どうしても気になる感染症対策。今日来てみて、ここまで徹底していると知って、安心できました! ディズニーホテルは、“パークに遊びに行くために泊まる場所”というイメージでしたが、ホテルのみの利用も検討したいくらい、赤ちゃん連れにもやさしく、大人も楽しめるホテルだと感じました」(桜子さん)

取材・文・写真/ひよこクラブ編集部
取材協力/株式会社ミリアルリゾートホテルズ (C)Disney

高いハードルを感じてしまう、赤ちゃんとのホテル宿泊。ですが、ディズニーアンバサダーホテルを取材中、出会うキャストが、幸煌くんに手を振るなど、ホテル全体で赤ちゃんを歓迎してくれているかのように感じられました。このホテルが、ママ・パパたちに支持されているいちばんの理由は、このwelcome感なのかもしれません!

※掲載時点での情報です。最新の情報は東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトをご確認ください 。

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。