SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 体のトラブル
  4. 疲れやすい、不安感、憂うつ…我慢しないで!産後の不調は漢方で改善しよう

疲れやすい、不安感、憂うつ…我慢しないで!産後の不調は漢方で改善しよう

更新

出産後、どうにも疲れやすい、産前にはなかった憂うつや不安を感じるということはありませんか? その症状、「産後だからしかたがない…」とあきらめないで! 改善できる方法があるんです。

産後、2人に1人のママが体力の低下を感じ、3人に1人が不安を強く感じている

データ:2021.2クラシエアンケート,20-50代女性(n=283,複数回答)

赤ちゃんを迎えて、子育てを楽しみたい!頑張りたい!という気持ちとは裏腹に、産後、どうにもできない不調に悩んでいるママは少なくありません。

クラシエが行った調査(※1)によると、出産経験のある女性のうち「出産後で特に不調を感じなかった」と答えた人は26.5%で、残りの多くの方が産後なんらかの不調を感じています。その中の半数以上の人が「体力の低下」を感じています。またメンタル面での不調では「イライラする(43.1%)」「不安感が強い(30.7%)」「憂うつになる(27.2%)」といったものが目立ちます。
出産経験のある女性のうち、上記グラフで身体の不調、とくに体力の低下を感じると答えた方の約30%が、そんな不調が1年以上続いたと回答しています。それでいて病院を受診した人はたった約13%と、時間や気持ちに余裕がなく、多くの人がつらい日々を耐えていることが調査結果にも表れています。

※1 クラシエがインターネットを通じ、全国の20〜50代の出産経験のある女性283名に調査。期間は2021年02月22日(月) ~ 2021年02月24日(水)

こんな症状ありませんか?

実際、ベネッセが開設するママたちのコミュニティ「ウィメンズパーク」にも、産後の体調不良に悩む声がたくさん寄せられています。

「妊娠中より体が重たく感じ、足腰にうまく力が入れられません。立ち上がることすら、ものすごくつらい」
「毎日何か調子が悪く、ダルさが抜けません。貧血なのかもしれませんが、ときどき片頭痛もあり、のど風邪もひきやすくなりました」
「産後3カ月、家事と育児でクタクタです。少しでも体を休めないともたなくて。でも、息子が起きている間は遊んであげたいし…本当に何もできなくて情けない」

思うように体力が続かないのは、とてもつらいものです。

また、思うようにならないのは、体だけではありません。

「スーパーに行って、買ったものをサッカー台に忘れてきたり、なんだか頭がフワフワして働かない」
「産後10カ月にもなるのにささいなことですぐにキレて、夫に怒りをぶつけて大泣きしたり。イライラが止まらず、自分が自分じゃないみたい。自己嫌悪でまた涙が流れます」
「まだ8カ月の赤ちゃんに対し、『早く寝てよ!!!』って思いっきり怒鳴ってしまったこともありました…。われに返って、このままではマズいなって」

心のコントロールが効かず、「私ってこんな人間だった⁉︎」と戸惑い、思い悩んでいるママも…。

産後の不調の原因ははっきりと特定されていませんが、感情をコントロールする脳内の神経伝達物質やホルモンの変化などが大きく影響を与えているといわれています。
また、核家族化もあり、家事や育児をママ一人が抱えがちという状況もあるでしょう。
大きな環境の変化の中でギリギリのところで頑張っているママたちーー。一人で抱えている、その体や心の負担は相当なものなのです。

産後の不調を感じているママ向けの漢方。詳しくはこちら

産後のつらい症状に悩むママ向けの漢方を見つけた!

芎帰調血飲エキスFC錠クラシエ
体力中等度以下のものの次の諸症。ただし産後の場合は体力に関わらず使用できる。:月経不順、産後の神経症・体力低下

そんな産後のつらい症状に悩むママたちのために作られたのが、クラシエの漢方セラピー「芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)」です。

漢方では出産時の体への負担を、「気血の消耗」と考えます。
出産時の出血などから血が不足して循環が悪くなり、全身に栄養が行き渡らないのが「血虚(けっきょ)」の状態。これが、貧血やめまい、倦怠(けんたい)感などを引き起こします。
加えて、産後は気が消耗してエネルギーが足りていない「気虚(ききょ)」という状態になりやすく、血虚と気虚が相まって、さまざまな不調が引き起こされると考えられています。

「芎帰調血飲」に含まれる生薬は、栄養を循環させるほか、胃腸の調子を整え消化吸収を助け、体をあたため血行を促進させる働きがあります。効率よく全身に栄養を行き渡らせて、体力の低下やメンタルの不調を改善に導いていきます。

産後ママのためのものだから、体やメンタルの不調を感じたら、まずは試してみて。そして、いいきざしを感じたら、1カ月間続けて服用するのがおすすめです。

出産後、体や心が思うに任せないのは、ある意味、当然のこと。自分を責めず、そして、「時間が経てば」と、今のつらさを我慢しないで! クラシエの漢方セラピー「芎帰調血飲」を味方につけて、赤ちゃんとの今を大切に、楽しく過ごしましょう。ママの笑顔は子どものためでもあるのですから。

産後の不調を我慢しないで!楽しい育児のためのママ向け漢方。詳しくはこちら

\図書カードが当たるアンケート実施中/

アンケートに回答された方の中から抽選で20名様に図書カード(図書カードネットギフト)500円分をプレゼント! ぜひ、あなたの声をお聞かせください。

アンケートはこちら

協力/クラシエ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。