1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. だいすけお兄さんが初告白!『おかあさんといっしょ』爆笑エピソード

だいすけお兄さんが初告白!『おかあさんといっしょ』爆笑エピソード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


子ども向け番組『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)の11代目歌のお兄さんとして9年間、歴代最長記録を更新した横山だいすけさん。今年3月の卒業発表後は、テレビで会えないことを悲しむママたちが続出。「だいすけロス」とまで呼ばれる現象を引き起こしました。ママたちに大人気のだいすけお兄さんに、今の気持ちや、卒業したからこそ言える爆笑エピソードについて語ってもらいました。

9年間、「一緒に子育てをしている気持ち」でした

「もうびっくりというか、うれし恥ずかしですね。『だいすけお兄さんたちと一緒に子育てをしてきたと思っています』という声をたくさんいただいて、こんなにも多くのママたちが身近に感じてくださったんだ、と思うと胸が熱くなりました。『一緒に子育てをしていく気持ちで』というのが、お兄さんになった当初からの目標でしたから」

さわやかな笑顔、伸びやかな歌声。いろいろなキャラクターを振りきって演じる明るい人柄も大人気でした。

「演じてきたさまざまなNHKらしからぬキャラが、ここまで愛されるようになるなんて、想像できませんでしたね。本当に幸せ者だなあ、と思っています」

本番のタイミングで、まさかアノ音が!?

9年間のレギュラー出演中は、楽しい思い出とともに数えきれないほどのハプニングもあったそうです。その中でも、とりわけ印象に残っているという爆笑エピソードを教えてくれました。

「カメラが回り始める本番直前って、僕らもやっぱりすごく集中するんですよ。『本番いきまーす、5秒前、4、3、2、1』と最高潮に集中が高まったその次の瞬間、なんと『プ~ッ!』と大きなおならの音が(笑)。スタジオにいた子どものだれかが、絶妙タイミングで出しちゃったんです。もう僕もほかのお兄さん、お姉さんも笑いが止まらないんだけど、本番はもう始まっているから、腹筋をプルプルさせながらすっごい笑顔で『みんなー、げんきー?』って涙を流しながらやった回もあります(笑)」

これからもずっと、歌と子どものそばに

番組は卒業したけれど、これからも歌と子どもにかかわっていきたいというだいすけお兄さん。今後はミュージカルなど生の舞台に積極的に出演していく予定だそうです。

「6月にはミュージカル『魔女の宅急便』(東京・大阪)で、キキのお父さん役を演じました。そう、いきなり“お兄さん”から“お父さん”になっちゃったんですけど(笑)。
そしてもうひとつ、子どもも大人も楽しめるミュージカルをやりたいな、とずっと思っていたことが形になります。
7月から始まる全国ツアー『だいすけお兄さんの世界名作劇場 2017』です。見た人が喜んでくれて、帰り道に親子でいろんな話で盛り上がれるような、そんな楽しいミュージカルにしたいですね」

これからも“歌のお兄さん”として、「すてきな音楽を1曲でも多くみなさんに届けていきたい」と語る、だいすけお兄さん。今後の活躍もぜひ親子で応援していきましょう!(写真/矢作常明 取材・文/阿部花恵、ひよこクラブ編集部)

Profile●横山だいすけさん
千葉県出身。2006年に国立音楽大学音楽学部声楽学科を卒業。劇団四季を経て08年にNHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さんに就任。以後9年間、歴代最長出演記録を更新して17年3月に番組を卒業。

CD&DVDが発売中!
CD『「おかあさんといっしょ」メモリアルアルバムPlus~やくそくハーイ!~』
ポニーキャニオン/3024円
初収録の最新曲から、CD化されていなかった新録の曲が盛りだくさん。全38曲収録。



DVD『「おかあさんといっしょ」メモリアルPlus~あしたもきっと だいせいこう~』
ポニーキャニオン/3456円
だいすけお兄さんの9年間の名シーンと特典映像が満載! 「かぞえてんぐ」も特別出演。



※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
5児の父・つるの剛士さんが語る 子育ては夫婦が向き合うことが大切

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る