SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 日記・マンガ
  4. 御手洗直子
  5. Nクールを乾燥機にかけるとこうなる【御手洗直子のコマダム日記 #135】

Nクールを乾燥機にかけるとこうなる【御手洗直子のコマダム日記 #135】

更新

一大センセーションを巻き起こした「婚活コミック」著者、御手洗直子さんが結婚して2児の姉妹の母に。あいかわらずのつっこみどころ満載の日々、渾身のひとコママンガ&エッセイでお送りします。

「つっこみが止まらないコマダム日記」#135
今回は注意書きにまつわるお話です。

注意書きは一応見る(守らない)

『注意』書きとはその行為を消費者が行った場合、不利益を被る可能性があるために記されているものである。さてそういった注意書きであるが、私はしばしばそういった禁を破ることがある。主に洗濯表示である。口語で記すと『洗うな』『乾燥機に入れるな』『当て布無しでアイロンかけるな』等である。

とはいわれても、まあちょっとくらいは大丈夫なんじゃな~~い?とか言ってNクールの敷布パッドを乾燥機でガンガン回してみたりするわけである。だって大物を干すのはめんどうくさい。するとどうなるか。縮むのである。まじで?こんなに?というくらい縮む。

ウールのセーターをガンガン洗濯すると縮むのは知っている。それくらいは知っている。なんならこちらもやったことがある。冗談みたいにカッチカチに縮むのだが、まさかシーツが縮むとは思わなかった。タテヨコ10cmくらいずつ縮むのである。するとどうなるかというと布団より一回り小さなシーツになり四方の止めゴムがピッチピチになるのである。まじで…。ちなみにひんやり機能も死ぬ。ググッたら普通に『乾燥機にかけるな』とか出てくるのであった。まじで…。

水洗い不可の布団も洗ったことがある。娘がおねしょしてしまったので洗ったのだ。バスタブに入れて足で踏み洗いして干したのだが、こちらは中綿が寄って固まり、でかいだんごが3つ入った袋のようになった。布団って洗うとこうなるんだ…。冷たくないパツパツNクールは根性で使っているが、こちらのだんごは断腸の思いで処分した。抗ってはみたものの、運命は残酷なのであった。ちなみに水を大量に吸っただんご(元布団)3つを処分するのは大変だった。水切りに時間がかかるのであった。

『あて布をしてください』もやったことがある。念のため補足すると、アイロンをかける際、製品にアイロンを直接当てずハンカチとかを挟んでアイロンをかけろというアレである。学生の時である。制服のスカートでやった。テッカテカになった。布が、テッカテカのツルッツルのピッカピカになるのである。(やったことある人がここでうなずく)当て布必須の布って…アイロンかけるとこうなるんだ…。まあ身支度に無頓着な学生であったためそのテッカテカのスカートを気にせず履いていたが、これが今ちょっと良い服とかにやってしまったらおそらくショックのあまり死んだかもしれないので学生のうちに済ませておいてよかった。制服もそこそこお高い服ではあるが。

さあ、ここまでの文章を読んだ方々は将来おそらくNクールを乾燥機にかけることもなくなるであろうし水洗い不可の布団を洗うことも、当て布が必要な服に直アイロンをすることも無いと思う。そう、注意書きの禁を破った場合に起こりうる事象を具体的に知っていると愚行への歯止めになるのである。だからさ~~~、注意書きの補足に結果についても書き添いておいてくれよ。『マジです!一発でNクールが死にました!』とかさ。えっ?普通は注意書きにある時点でやらない?まじで?うそ。ほんとに?

ちなみに『混ぜるな危険!』や『火にかけるな』シリーズでおなじみ『警告』にはさすがに手を出していない。死ぬかもしれないからだ。衣服ではなく、私が。(おわり)


御手洗直子
Profile pixivで大人気。累計閲覧数1100万を誇る爆笑コミックエッセイスト。なんでそんなにネタ満載人生を・・・という謎の人。既刊に「31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる」「31歳ゲームプログラマーが婚活するとこうなる」(共に新書館)、「腐女子になると、人生こうなる!~底~」(一迅社)、「つっこみが止まらない育児日記」「さらにつっこみが止まらない育児日記」(ベネッセコーポレーション)など。たまひよのサイトで、数話限定公開中。
 御手洗直子twitter:@mitarainaoko

■おすすめ記事
限定公開その5 おたくマンガ家ママ『さらにつっこみが止まらない育児日記』

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。