SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. アラフォーの秋冬コーデ迷子を救え!トップスはインするべき?体型に合うボトムは?アパレル歴20年以上のプロが伝授するダサくならないコツ

アラフォーの秋冬コーデ迷子を救え!トップスはインするべき?体型に合うボトムは?アパレル歴20年以上のプロが伝授するダサくならないコツ

更新

夫と娘(小1)と3人暮らしをしているアパレル歴20年以上のミリヤママさん。インスタグラムやツイッターでアラフォーファッションが“ダサくならないコツ”を発信しています。
年齢とともに変化する服選び。「トップスはインするべき?」「ボトムス選びのコツは?」など、聞きたくても聞けなかった素朴な疑問をぶつけてみました!

アラフォーファッションこそトレンドを意識

ミリヤママさん

――アラフォーになってから、コーデを組むときに注意していることはありますか?

ミリヤママ「体型が変わってきたので、スッキリ見える&メリハリの出るコーデを選ぶことが増えたと思います。また、若い頃は好きな服を着て堂々としていられましたが、歳を重ねるとトレンドから外れすぎた服装はだらしなく見えてしまうこともあり、若い頃よりトレンドは意識するようになったと思います」

――トップスはインするべき?もしインせずに着るにはどうすればいいでしょうか?

ミリヤママ「今は過渡期で、インをしないコーデも流行りだしてはいますが、ヘアメイクを含めてお洒落な雰囲気を出さないとどうしてもラフに見えてしまうので、できるならインすることをおすすめしています。実際にインしていただくと、似合わないと思っていた服が垢抜けて見えるし『似合うようになった!』という反応は多いです。

……とはいえ、どうしてもインをしたくないという方には
・丈が短いトップス
・裾がラウンドカットのトップス
・サイドスリットが深く入っているトップス
・ボックスシルエット(身丈と身幅が同じくらいの、正方形に近いシルエット)のトップス
ですと、インをしなくてもおしゃれに着こなしやすいです!

これからの季節でしたら、短めのトップスからインナーの裾を出すコーディネートも、簡単にこなれ感を出せておすすめです」

インしなくてもOKのトップス

ブログ「ババア、育児をする」より

<深めスリット長めのトップスやラウンドカットもおすすめ>

カットソーTシャツ+ワイドパンツ

<Tシャツのイン+腕まくりでイメージが変わる!>

ぽっこりおなかが気になる人も。体型別ボトムの選び方は?

――お部屋の中でも楽チンなカットソーアイテム。コーデを垢抜けさせるコツはありますか?

ミリヤママ「大人世代の方は生地が薄かったりストレッチが強い素材は体の丸みを拾いやすいので、糸が太めのしっかりした素材を選ぶのがおすすめです。

最近トレンドのゆるシルエットのTシャツは、袖を少しまくってあげることでも着こなし感が出ますし、腕がスッキリ見える効果もあります。あとはやはり裾インです!」

ボーダーカットソー+白パンツ

<しっかりめ素材のボーダーカットソー。袖を少しまくってスッキリと>

――体系別のボトム選びのコツはありますか?

ミリヤママ「トップスに合わせる物や、インできるかどうかでバランスが変わるので一概には言えませんが、ざっくり言うと小柄さんは細め、背高さんは太めのパンツの方がバランスは取りやすいです。

おなかが気になる
→トップスによりますがインできない方ならテーパードパンツ。インできる方ならワイドパンツやスカンツでおなかの凹凸を隠し、トップスインすることで擬似くびれを作るとスッキリしやすいです」

テーパードパンツ

ブログ「ババア、育児をする」より

<腰回りはゆったり、裾にかけて細身になっている>

「体に対して足が細い
→硬めの素材のワイドパンツや、スカンツなど裾が広がったパンツ。(細いパンツだと上半身が大きく見えやすい。柔らかいパンツだとシルエットが綺麗に出にくい)または細いパンツを履くならボリュームのある靴を合わせる事で上半身とバランスを取りやすくなります。

脚の太さが気になる
→脚の輪郭をすっぽり隠してしまうゆったりしたパンツにして、トップスインなどで上半身をスッキリさせるか、気になるのが太ももならテーパードパンツで太もものシルエットを隠し、膝下をスッキリ見せることで全体的に細く見せる……などがあります。

それでも『絶対にこのパンツでなきゃ!』ということはなく、合わせる靴やトップスでアレンジは効きますよ!」

育児中のママ必見!今秋のマストアイテムは?

――産後のぽっこりおなかを隠すためのテクや便利アイテムがあれば教えてください。

ミリヤママ「私も愛用していますがユニクロのボディシェイパーショーツ(サポート)がおすすめです。
本気でスッキリさせたい方にはピンナップクローゼットのコルセットも、着脱が楽ですし腰痛対策にも。ここぞ!と言うときにくびれが作れます!」

――まだまだあつい日も…今からできる秋のファッションを教えてください!

「夏っぽい色の露出の多い服を止めるだけでも印象が変わると思います。特に足元は、サンダルからスニーカーやローファーに変えたり、ソックスをプラスすることで秋らしさが出せると思います。

また、季節の変わり目はカットソーよりもシャツ・ブラウスがおすすめです。カットソーに比べると風が抜けて涼しいですし、汗をかいても乾きやすいです。トレンドのゆったりしたシルエットのシャツ・ブラウスなら着心地も良く、体温がこもりにくいですし、袖もまくりやすくなっているので秋の寒暖差にも対応しやすいと思います。

カーディガン代わりにシャツを羽織るのもトレンドですし、冬のニットインナーにも使えるものを取り入れると、春まで長く使えると思います。もう少し気温が下がってきたら今年トレンドのベストやジレを取り入れるのもオススメですよ!」

今からできる秋ファッションのコツ

ブログ「ババア、育児をする」より

<腕は袖まくり、ズボンはロールアップをやめる>

――ミリヤママさん的に、持っていると便利だと思うアイテムを教えてください!

ミリヤママ「これからの季節なら“ボアベスト”です。

育児していると冬コートは汚すのが怖くて着にくい方も多いのではないでしょうか?マウンテンパーカーなど、洗える軽めのアウターと重ねることで暖かさをプラスできますし、抱っこしていて暑くなったらどちらかを脱いで調整などもできるのでなにかと重宝します。

またミリタリーシャツなどの“シャツジャケット”もアウターより気軽に羽織れますし、ニットカーデより子どもを抱っこしても傷みにくく、お手入れも楽なので季節の変わり目に活躍すると思います!」

ボアベストを使ったホワイトコーデ

<季節の寒暖差にも重宝するボアベスト>

プチプラを買うときは“質感”をチェック!

――プチプラのアイテムを買うときに気をつけることがあれば教えてください。

ミリヤママ「どうしても他の人とカブりやすい。特に色物や柄物はカブった時にバレやすいと思います。

また、似たような質感の服だけでまとめてしまうと安っぽく見えてしまうこともあるので、これからの季節は特に質感に気をつけて選ぶと良いと思います。(分かりやすく言うと、糸が細い素材の服には糸が太い素材の服をプラスするなど)糸が細い服同士だと寂しく見えるし、糸が太い服同士だとほっこり感が出て野暮ったく見えやすいです」

――最後にたまひよの読者のみなさんにひと言お願いします。

ミリヤママ「好きなお洋服を着られなかったマタニティ期間を過ぎたあとも、トレンドについていくのが大変だったり、育児をしながらおしゃれを楽しむ余裕がない時もあると思いますが、ファッションは日々の生活のテンションを上げてくれる物でもあるので、前向きに楽しんでもらえたらなと思います!」

育児をしていると日々に忙殺されたり、服の汚れが気になってしまうから、知らぬ間におしゃれから遠のいてしまいますよね。育児がしやすいラクな服装や産後の体型カバーも、ちょっとした工夫をするだけで雰囲気をアップさせられます。今年はボアベストをぜひGETしたい……!
「産後から何を着ていいかわからなくなってしまった」「年齢に合う服を見つけたい」など、ファッション迷子になったときは、ミリヤママさんのSNSを見るときっと新たな発見がありますよ♪(文・清川優美)

プロフィール /ミリヤママ

42歳、アパレル歴20年以上、年下の夫と娘(小1)、保護猫のむぎと3人+1匹暮らし。ツイッター(@mlcl_holik)やインスタグラム(@mlcl_holik)にファッションの“ダサくならないコツ”をアップしています。

※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。