SHOP

内祝い

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 日記・マンガ
  4. SNSで話題のクセつよファミリー『ポンコツ3人家族 こんな日常でもええやん!』Aやんさんにインタビュー

SNSで話題のクセつよファミリー『ポンコツ3人家族 こんな日常でもええやん!』Aやんさんにインタビュー

更新

インスタのフォロワー10万人のAやんさんは、3歳の娘・コチコーちゃんを育てている1児の母。天真爛漫な3歳児コチコーと夫・Pやんの家族3人が繰り広げる日常は「クセが強くて病みつきになる!」とSNSで話題になっています。

12/7に発売された書籍『ポンコツ3人家族 こんな日常でもええやん!』を描いたAやんさんに、漫画を描くようになったきっかけや、日々の育児についてお聞きしました。

結婚前から描き続けていた日常漫画

Aやんさんファミリー

――育児漫画を描き始めたきっかけはなんですか?

Aやん「5年ほど前、仕事終わりに暇だったので描いていました。その頃はまだ独身だったので当時まだ夫婦になる前のPやんとの日常を描いていました。その後結婚し、出産。引き続き漫画を描いているので育児漫画を描いている自覚がありません(笑)」

牧場に行った翌朝…

<「ママって、豚みたいに寝てるね」>

――妊娠・出産中、大変だったことを教えてください。

Aやん「妊娠初期は食べづわりに悩まされました。常に何か食べ物を胃に入れていないと気分が悪く、出かけるのが億劫になっていました。そして後期につわりは消えたものの、おなかが大きくなったのもあり、なかなか寝付けず常に不眠気味でした。妊娠中は本当に辛い記憶しかなくしょっちゅう絶望していました。すいません……」

ベビーカー乗車拒否…しんどかったワンオペのお出かけ

――今までの育児で1番大変だったことは?

Aやん「1歳を過ぎて少し歩き始めた頃からベビーカーの乗車拒否が始まり、お出かけをして一度ベビーカーを降りたら二度と乗ってくれないことが増えたので、ワンオペでのお出かけが一時期本気で辛かったです。まだ生後数カ月で抱っこ紐に入っていた時も常に泣いていたので大変でした。(でも慣れました)」

――育児中の楽しかったエピソードを教えてください

Aやん「先日公園で出会ったお友だちと鬼ごっこをしていて、娘が鬼の番になったのですが、ルールがわからなかったようで誰も追いかけずに1人で砂場遊びし始めたことが面白かったです」

おすすめしか出さない店員

<頼んだものが何ひとつ出てこない>

ちょっぴり苦手?○○で大パニック!

――最近のコチコーちゃんの成長について教えてください!

Aやん「色んなものを描こうとするようになったり、歌を歌えるようになりました!」

ウユニ塩湖かて

<靴の揃え方が独特!>

――お気に入りのエピソードを教えてください!

Aやん「ずらっと並んだ数字をたくさん見たり、高い滑り台から滑ろうとしたときに、すぐパニックになるところがかわいいなと思いました(笑)」

大パニック

<数字と高いところが苦手!?>

――最後にたまひよの読者のみなさんとこれから出産・育児を経験するパパ・ママたちにひと言お願いします。

Aやん「まだ育児は3年目の新参者ですが、こんなズボラで適当な人間でも母になれました。なんとかなるもんです」

育児3年目のAやんさん。コチコーちゃんに翻弄されながらも、今だから味わえるわが子のかわいさを満喫しているようでした。新刊の『ポンコツ3人家族 こんな日常でもええやん!』には思わずニヤっと笑ってしまうようなシュールなエピソードが満載です。クセつよファミリーの日常をぜひ覗いてみてくださいね。(文・清川優美)

『ポンコツ3人家族 こんな日常でもええやん!』

プロフィール /Aやん

平成元年生まれ兵庫県出身。大学時代に出会った夫・Pやんや娘・コチコーをネタにしてインスタに漫画を投稿している。Instagram(@aandp1989)、ブログ「Aやんのええやん!ブログ」を更新中。

●この記事は個人の体験を取材し、編集したものです。
●記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。