1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 「保育園落ちた」ら、第2保活スタート!【4つのやるべきこと】

「保育園落ちた」ら、第2保活スタート!【4つのやるべきこと】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/Halfpoint

認可保育園の入園選考で残念な結果になったら、保活第2ラウンドがスタートです!
我が子の預け先を確保するために、すぐにやるべきことをまとめました。

【1】2次募集を申し込む

認可保育園の入園選考(利用調整)の結果は郵便で届きます。内定をもらえなかった場合は、すぐに2次募集を受け付けている施設がないかを探しましょう。自治体のホームページなどで募集状況は確認することができます。

【2】復帰時期が延長できるか検討

育休をとっている人は、会社に現状を伝えて育休が延長できるかどうかを相談しましょう。2017年10月から、保育園に入れなかった場合は2歳まで育休が延長できる制度に。
延長が可能なようなら、復帰予定の時期までに預け先が確保できるように、保活を再スタートします。

【3】認可外施設などを検討

もしもの場合にと準備していた認可外保育施設の手続きを。準備していなかった家庭は、通える範囲の認可外施設の空きを確認し、見学へ。保育環境や安全性、保育料などを確認して、安心して子どもを預けられるところを見つけましょう。

【4】実家やシッターサービスなどに頼る

祖父母の協力を得たり、ベビーシッターやファミリーサポート、認可園の一時保育枠を組み合わせて、子どもの預け先が見つかるまで利用する方法もあります。

認可外施設や保育ママに預けていたことを自治体に申請すると、調整指数が加点され、次からの入園選考で有利になることもあります。ただし、加点がつくかどうかは、自治体によって異なるので、事前に必ず確認をしておきましょう。

第一希望の保育園に入れるのが一番ですが、「希望の園ではなかったけれど入園してみたらいい園でよかった」というママの声も多く寄せられています。選考にもれてもあきらめずに、いろいろな手段を検討してきましょう。(文・橋本真理子 bizmom編集部)

■監修:普光院亜紀さん(「保育園を考える親の会」代表)
■参考:「bizmom」2018年冬春号 特集「祝『仕事復帰』応援ハッピーガイド」

働くママ向け雑誌「bizmom」2018年冬春号には、「2月中のTODOリスト」「3月中のTODOリスト」のほか「復帰後3カ月に起こりがちなトラブル体験談」など、4月に職場復帰を控える育休中ママのための特集が盛りだくさん♪ぜひチェックして!
<Amazonで詳細を見る>

■関連記事
【保活白書2018】前編~第2次保活の実態★入所選考の裏技はある?
【保活白書2018】後編~認可保育園“以外”って実際どう?
保育園に入れた人は何をしたの? 激戦区保活パパママの必勝法!
なんと!妊娠中から「保活」をはじめた人の98%は保育園に入れていた!

■おすすめ記事
保育園と幼稚園と認定こども園、何がどう違う?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事