SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 幼稚園・保育園
  4. 保活
  5. 【専門家監修】「保育園落ちた」ら、第2保活スタート!/4つのやるべきこと

【専門家監修】「保育園落ちた」ら、第2保活スタート!/4つのやるべきこと

iStock.com/Halfpoint

認可保育園の入園選考で残念な結果になったら、保活第2ラウンドがスタートです!
我が子の預け先を確保するために、すぐにやるべきことをまとめました。

【1】2次募集を申し込む

認可保育園の入園選考(利用調整)の結果は郵便で届きます。内定をもらえなかった場合は、すぐに2次募集を受け付けている施設がないかを探しましょう。自治体のホームページなどで募集状況は確認することができます。

【2】復帰時期が延長できるか検討

育休をとっている人は、会社に現状を伝えて育休が延長できるかどうかを相談しましょう。2017年10月から、保育園に入れなかった場合は2歳まで育休が延長できる制度に。
延長が可能なようなら、復帰予定の時期までに預け先が確保できるように、保活を再スタートします。

【3】認可外施設などを検討

もしもの場合にと準備していた認可外保育施設の手続きを。準備していなかった家庭は、通える範囲の認可外施設の空きを確認し、見学へ。保育環境や安全性、保育料などを確認して、安心して子どもを預けられるところを見つけましょう。

【4】実家やシッターサービスなどに頼る

祖父母の協力を得たり、ベビーシッターやファミリーサポート、認可園の一時保育枠を組み合わせて、子どもの預け先が見つかるまで利用する方法もあります。

認可外施設や保育ママに預けていたことを自治体に申請すると、調整指数が加点され、次からの入園選考で有利になることもあります。ただし、加点がつくかどうかは、自治体によって異なるので、事前に必ず確認をしておきましょう。

第一希望の保育園に入れるのが一番ですが、「希望の園ではなかったけれど入園してみたらいい園でよかった」というママの声も多く寄せられています。選考にもれてもあきらめずに、いろいろな手段を検討してきましょう。(文・橋本真理子 bizmom編集部)

監修/普光院亜紀さん

■参考:「bizmom」2018年冬春号 特集「祝『仕事復帰』応援ハッピーガイド」

働くママ向け雑誌「bizmom」2018年冬春号には、「2月中のTODOリスト」「3月中のTODOリスト」のほか「復帰後3カ月に起こりがちなトラブル体験談」など、4月に職場復帰を控える育休中ママのための特集が盛りだくさん♪ぜひチェックして!
<Amazonで詳細を見る>

初回公開日 2018/2/4

育児中におススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

育児中におススメの本

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「ママの体の変化」と「おなかの赤ちゃんの成長」を徹底解説!トラブルや小さな心配を解決できます。陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんとママのことまでわかりやすく紹介します。

初めての育児 新百科

Amazonで購入

楽天ブックスで購入


■おすすめ記事
【専門家監修】保育園と幼稚園と認定こども園、何がどう違う?

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。