1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 引っ越しできる柱のキズ?子どもの成長の証が思い出になる、キュートな身長計

引っ越しできる柱のキズ?子どもの成長の証が思い出になる、キュートな身長計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


自分が子どもだったころ、実家の柱に背中を合わせ、印やキズをつけて身長を測った記憶はありませんか? 「去年より○cm伸びた!」と、せいくらべに一喜一憂したり、大人になってから柱のキズを見返すと、当時の思い出がよみがえって懐かしい気持ちになりますよね。
かつてはどのおうちでも見られた光景ですが、そんな日本のすてきな風習も近年の住宅事情により少しずつ失われはじめているようです。
「引越しでせっかくの思い出が失われてしまう」
「賃貸だからキズをつけられない」
そんな悩みを解消して昔ながらの風習を守りながら、子どもの成長の証を残せるのが「me-mori」なんです。

「me-mori」のコンセプト


“親子の絆”をテーマにしたブランド『Have some fun!』が、「柱のキズをそのまま引越しできれば」という思いで開発した「me-mori」。子どもの成長をカタチに残せる「me-mori」とは、いったいどんなコンセプトでつくられているのでしょうか?

キャッチフレーズは「引越しできる柱のキズ」

me-moriは、“自宅に刻める柱がない”、“賃貸でキズがつけられない”という家庭でも、子どもの成長の証や思い出を残すことができる、持ち運び可能な「柱」形の身長計です。「引越しできる柱のキズ」というキャッチフレーズのとおり、引越ししても結婚しても持っていけるので、一生の宝ものとしてずっと手元に残すことができます。

名前に込められた思い

「me-mori」という名前は「測る目盛り」に加えて、「想い出・記憶(メモリー)」の意味、そして「私(me)と森(mori)」、つまり「森を大切にしよう」「豊かな自然を未来の子どもたちのために残そう」という願いが込められています。そういった理由から、素材は無垢材にこだわっているのだとか。幼いうちから自然と、木の温もりを身近に感じることができますね!

インテリアにマッチする豊富なバリエーション

me-moriのバリエーションは、なんと30種類以上! シンプルなデザインで手型などを焼印できる「My Original line」、国内外のクリエイター・アーティストが手がけた「Designer's line」、世界のさまざまな表情の木材にこだわった「Wooden line」、職人が一つ一つていねいに仕上げた「“匠”Artisan line」と、4つのラインの中からインテリアに合ったものをセレクトできます。こんなに豊富なラインナップだったら、どんなおうちでもマッチするデザインがすぐに見つかりますね♪

My Original line

※画像クリックで拡大表示可

ヒノキを中心に間伐材を使ったシリーズ。書き込めるスペースが広く、オプションのレーザー加工で手型や名前を入れることもできます。写真を入れられるフォトフレームタイプもあり、成長の証を写真とともに残すことも!

Designer’s line

※画像クリックで拡大表示可


国内外のクリエイター・アーティストとコラボしたコレクションです。デザインは今後もますます広がっていく予定だとか。カラフルでかわいくて、一気にお部屋が楽しい雰囲気になりそうですね。

Wooden line、“匠”Artisan line

※画像クリックで拡大表示可

「Wooden line」は、世界のさまざまな表情の木材を使ったコレクション。「“匠”Artisan line」は、漆や細工、ガラス工芸など、職人が一つ一つていねいに仕上げたコレクションです。存在感がありながら、落ち着いたインテリアにもなじみます。

かさばらないロールタイプもオススメ

me-moriのコンセプトはそのままに、薄くスライスした天然の木に特殊加工を施した、くるくると丸められるロールタイプの「me-mori roll」も展開しています。おうちのかたちをモチーフにしたコンパクトでかわいらしいパッケージは、出産祝いや引越し・新築祝いなどのギフトにもぴったりです!

使わないときはインテリアとして

おうち風のかわいいデザインで、しまっている状態でもお部屋のインテリアとして楽しめます。これなら簡単に子どもでも片づけられるし、お掃除の邪魔にもなりませんね。

ヘッドや素材も自由に選んで


※画像クリックで拡大表示可

ヘッドの素材や木材、デザインの組み合わせにより、全8種類から選ぶことができます。ざっくりとした手書き風の目盛りも味わいがあってキュートですね♪

新たな春を迎え、わが子の成長がますます楽しみですね。引越しできる柱「me-mori」で、家族みんなで楽しみながら、子どもの成長の証を残してみてはいかがでしょうか?(文・たまひよトレンド編集部)

『Have some fun!』
URL:http://havesomefun.jp/

「me-mori」: http://havesomefun.jp/store/product/memori
「me-mori roll」:http://havesomefun.jp/store/product/memori_roll
※価格はデザインによって異なります。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る