1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 赤ちゃんの歯が「キスや口移しを避ければ一生むし歯にならない」は大間違い!

赤ちゃんの歯が「キスや口移しを避ければ一生むし歯にならない」は大間違い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


赤ちゃんをむし歯にしたくない!と思う親心から、「パパ、〇〇ちゃんにチューしないで!」「ばあば、口移しで食べさせないで!」と、周囲の大人にNGを連発しているママは多いのではないでしょうか? 確かに、むし歯の原因となる菌は、菌を持っている大人の唾液などから赤ちゃんの口の中に入って住みつきます。ただ、専門医からは「"大人からうつる""チューや口移しはNG"ということばかりが知れ渡って、大事なことを知らない人が増えていますね」という声も。そこで小児歯科専門の歯科医師、坂部潤先生にむし歯の原因、そしてむし歯菌について聞いてみました。

ミュータンス菌の予防だけでは、むし歯は防げない

「むし歯を予防するために、ミュータンス菌(むし歯菌)の感染を防ぎましょう」と書いてあるサイトは多いですが、実際には、それだけではむし歯の予防はできないとのこと。それはなぜでしょうか?

「食器の共有を避ける=むし歯の予防」にならない

「ミュータンス菌は、むし歯を引き起こす菌の代表的なものの1つ。むし歯菌を口の中に入れないことに気を使うママ・パパが多いですが、ミュータンス菌が口の中に入っても、すみつく条件が伴っていなければ、むし歯を起こす心配はありません。

むし歯菌が赤ちゃんの歯にすみつきやすい条件とは…

1.むし歯菌がたくさん、頻繁に赤ちゃんの口の中に入る

2.歯が生えて(生え始めて)いる

3.口の中に食べかすがある

逆に考えると、食器の共有やキスを避けていても、ママ・パパにひどいむし歯があれば、唾液が飛び散ることで、むし歯菌が赤ちゃんの口に入ることは防げません。歯が生えてきた赤ちゃんの口の中をきれいにしていないと、むし歯菌が住みつく確率が高くなることになるのです。」

乳酸菌もむし歯菌!?

「おなかの善玉菌として有名な、乳酸菌『ラクトバチルス菌』も、むし歯に関連する菌の1つ。ミュータンス菌と同様、口の中で酸を作り、歯のエナメル質を溶かしてむし歯を進行させます。ただ、ミュータンス菌のように、ネバネバした物質を作れないので、歯の表面にとどまりにくいという特徴があり、むし歯を発生させることはないと考えられています。けれども、乳酸菌飲料やヨーグルトなどを、だらだらと食べていれば、口の中にラクトバチルス菌を長くとどめ、むし歯を悪化させることも考えられます」

口の中のpH(ペーハー)コントロールがいちばん大事

「簡単に言ってしまうと、『むし歯とは、口の中が酸性になることで歯が溶けて穴があくこと』。ですから、口の中を酸性にしないよう、pH(酸性度)をコントロールすることがいちばん大事なのです。食べ物を食べると口の中は酸性に傾きますが、ふつうは唾液の力で中性に戻るのです。しかし以下のようなことがあると、中性に戻りにくくなり、むし歯を引き起こしやすくなります」

1.むし歯菌が繁殖している
むし歯菌が酸をつくり出すため、中性に戻りにくくなります

2.唾液の出が悪い、唾液の力が弱い
体調が悪いと唾液が出にくくなりますし、食事中に飲み物を飲むと唾液の力を弱めます

3.だらだらと食べている
食べる量より、食べる回数が問題です。食間は2時間以上あけることが大事です

大事なのは「チューNG」より「歯磨き」

結局のところ、むし歯は生活習慣によって引き起こされます。風邪の場合、ウイルスのない環境を作ろうとすることよりも、手洗いやうがいなどで予防するほうが得策ですね。むし歯の場合も、むし歯菌を口に入れないようにすることより、歯磨きや正しい食生活で予防するほうが効率が高いのです。とはいえ、風邪の予防の際、はやっているときは人ごみに連れていかないようにするのと同じで、“むし歯がある人”の唾液が赤ちゃんの口に入らないようにするのは、意味があるよう。
「ただし、むし歯になりやすい奥歯が生えてきたら、歯磨きを怠らないこと! それがいちばん大事です」

パパや周囲の大人に「チューNG」を強いるより、歯科治療でパパたちの口内環境をよくすることをすすめたほうがいいようですね。(取材・文/ひよこクラブ編集部)

Profile●坂部 潤先生
キッズデンタル 代表。日本歯科学会認定小児歯科専門医。歯学博士。治療より予防をモットーとする先生。東京都内3か所で小児歯科専門医院を運営しています。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る