1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. #ベビーワゴンに#トロファスト。インスタママが愛用するIKEA収納

#ベビーワゴンに#トロファスト。インスタママが愛用するIKEA収納

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インスタの「#ベビーワゴン」というハッシュタグでは、イケアのキッチンワゴンをベビー用品収納として使うママが急増中! キャスターで楽に移動できて、収納力も抜群、しかもお手頃かつ高見えする…などなど、ママにとっていいことづくめ。イケアにはキッチンワゴンのほかにも、ママたちが「使える!」と太鼓判を打つ収納アイテムがたくさん。インスタママたちの実用例と一緒にチェックしていきましょう♪

関連:無印・IKEAも大活躍!さっと取り出せてすっきり見える【おむつ収納法】

キッチンワゴンをベビー収納に

オムツ、おしりふき、肌着、ベビー服、衛生用品など、ベビー用品はこまごましていて、収納方法に困りますよね。そんなときにベビーワゴンをつくっておけば、置いてある場所がすぐにわかって、さっと取り出せるとインスタママの間で話題になっています。

一目でわかる収納でワンオペ育児を回避

@yuichassがシェアした投稿 -

生後3ヶ月の赤ちゃんをもつママは、段ごとにオムツ関係(おしりふき、うんち用防臭袋)、服やガーゼ、ハンドタオル、ケア用品、ブランケットなどをジャンル分けして収納。ワゴンに基本的なものがまとまっているので、パパや上のお子さん、たまに遊びに来てくれるおばあちゃんもお世話しやすいそう。これならワンオペ育児の回避にも一役買ってくれそうです!

リビングから寝室へサクッと移動できる

Erika Yさん(@elica.24)がシェアした投稿 -

生後4ヶ月の赤ちゃんをもつママは、出産準備中にベビーワゴンを用意! 1段目にケア用品、2段目にオムツや授乳パッド、3段目にガーゼやスタイを収納。キャスター付きだから昼間はリビングに、夜は寝室に移動してできて、すぐにお世話がしやすいそうです。

頑丈でコスパもGOODな「ロースコグ」

ママたちがベビーワゴンに使っているのは、イケアの「ロースコグ」。頑丈なスチールワゴンだから、マグネット類もくっつきます!入れるものによって中段のシェルフの位置は調節可能。ベビーワゴンを卒業したら、キッチンで使うもよし、リビングで雑誌やリモコンを収納するのもよし!ハンドメイドをするママはお裁縫道具入れにするのもアリですよ♪
RÅSKOG ロースコグ

子ども部屋収納には #トロファスト

イケアの収納アイテムでもうひとつ、インスタママたちの注目を集めているのが「トロファスト」。木製のフレームに、プラスチックのボックスを組み合わせた収納棚。ベビー用品の収納にはもちろん、子ども部屋の収納としても大人気なんです!

子どもの成長に合わせてカスタムできる!

9ヶ月のお子さんをもつママは、トロファストのインテリアを楽しみながらスッキリと収納できるところがお気に入り。上段の浅いボックスにはお出かけ用のスタイやカチューシャを、下段の深いボックスにはぬいぐるみや積み木や絵本などを収納。好きなかたちのケースが選べるので、子どもの成長や用途に合わせて、長く愛用できるところも魅力なのだとか!

子どもがお片づけしやすい種類別収納に

3歳と0歳の姉妹のママは、トロファストにおもちゃ類を種類別に分けて収納。左のボックスにはしまじろうグッズ、真ん中はプリキュアグッズ、右の上段はお絵かきグッズ、下段にパズル・ブロックをボックスごとに仕分けているそう。見た目のかわいさもさることながら、どこになにを入れるのか子どもにもわかりやすい収納方法ですね♪

オリジナルの収納をつくれる「トロファスト」

トロファストの魅力はなんといっても、インテリアに合わせた収納を自分でアレンジできるところ。セットで販売はもちろん、木枠とプラスチックのボックスは別々で購入も可能。大きさやかたち、色など、インテリアや用途に合わせてセレクトできます♪
TROFAST トロファスト

ベビーベッドに取り付けられる収納も

「ベビーワゴンを置く場所がない…」と悩んでいるママには、こちらのオンスクリグもおすすめ! なんとベビーベッドの柵に引っ掛けて使える収納ボックスなんです。

オンスクリグはゴミ箱と収納バスケット2つ、フック2つのセット。赤ちゃんのすぐ近くに置いておきたい、オムツ用品やケア用品をベッド脇にサクッと収納できちゃいます♪
ÖNSKLIG オンスクリグ
※事前にベッド柵の幅をお確かめください

関連:意外と知られていない?!ニトリのベビーグッズが充実しすぎて神の域

北欧ならではの洗練されたデザインで、お部屋のおしゃれ度をグンとアップさせてくれるイケア収納。おしゃれなだけでなく、赤ちゃんや子どものモノの収納にもぴったりですね。車で直接買いに行けばコスパもグンと抑えられますよ♪ パパとドライブがてら近くのイケアに足を運んでみては?(文・清川優美)

<取材協力>
イケア・ジャパン

※記事内容でご紹介している投稿、リンク先は、削除される場合があります。あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
夏場でも安心!おすすめ保冷弁当・グッズ

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事