1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 赤ちゃんのおむつ替えのしかたやコツは?

赤ちゃんのおむつ替えのしかたやコツは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんはまだ自分の思いどおりにおしっこやうんちを出したり、我慢したりすることができません。汚れたらこまめにおむつ替えをしてあげましょう。紙おむつ、布おむつそれぞれのおむつ替えのしかたや男女別のコツを紹介します。

おむつ替えのポイント

0~3カ月の赤ちゃんはおしっこの回数がとても多いです。泣いたときは寝起き、授乳前後など、汚れていないかこまめにチェックしましょう。汚れたままのおむつを長時間あてていると、雑菌が繁殖したり、おむつかぶれを引き起こす可能性があります。おむつを取り替えるときは肌の調子や、おしっこ・うんちの状態を見ることも大切。うんちが白や黒など、いつもと様子が違う場合は、小児科に相談しましょう。

紙おむつを替えるときに用意するもの

紙おむつを替える際に用意するものを紹介します。

●紙おむつ
紙おむつにはテープ型とパンツ型があり、赤ちゃんがねんねのころはテープ型、はいはいなど活発に動くようになったらパンツ型が便利。サイズは新生児用からS~Lなどがあります。紙おむつは赤ちゃんの体形や成長などに合わせてサイズアップが必要です。買いだめしすぎには注意! 

●おしりふき
保湿成分が含まれるものやパラベンフリー(防腐剤無添加)のもの、厚みがあるものなどバリエーション豊富なので、赤ちゃんに合うものを使いましょう。市販のおしりふきの代わりに湯でぬらして絞ったコットンを使ってもいいでしょう。

●ビニール袋やふたつきのバケツ
使用済みの紙おむつはにおうため、丸めてテープで留めたあと、ビニール袋に入れたり、ふたつきのバケツに入れるといいでしょう。消臭タイプのビニール袋やにおいもれの少ないおむつ専用のごみ箱もあります。

紙おむつの替え方 男女別のコツ

必要なものがわかったところで、おむつの替え方を詳しく紹介していきます。

1 新しいおむつを下に敷く

いきなりおむつを開いてしまうと、赤ちゃんがおしっこをしてしまって大変! なんていうことも。おむつを開く前に、新しい紙おむつを汚れたおむつの下に差し入れます。

2 おしりをふいておむつを取る

おむつを開き、おしりの汚れをふきます。きれいになったら両足をおなか側に倒しておしりを浮かせ、汚れたおむつを抜き取ります。男の子・女の子それぞれのふき方のコツは次のとおり。

【男の子】
おちんちんや陰囊(いんのう)の表と裏、両わき、肛門、おしり全体をふきます。汚れがたまりやすい、しわや陰嚢のひだの間などもきれいに。
【女の子】
外陰部は前から後ろ(会陰から肛門)へふきます。逆にふいてしまうと尿道口から細菌が入りやすくなるので注意。

3 おなかのテープを留める

汚れたおむつを抜き取ったら、おなかのテープを左右対称に留めます。まだおへそがジクジクしているときは、おへそにおむつがかからないように端を折り曲げるなどします。

4 締めつけすぎていないかチェック

おなか回りに指を入れ、指1~2本分くらいゆとりがあればOK。太ももは股ぐり部分が脚にフィットするよう整え、ギャザーを外側に出します。

布おむつを替えるときに用意するもの

布おむつの交換で用意するものを見ていきましょう。

●布おむつ
布おむつには、反物、輪形、成形の3タイプあります。反物は端を縫い合わせ、輪状にして使います。購入時に輪状になっているのが輪形タイプです。成形はすでに当てる形に整えられています。

●おむつカバー
布おむつを固定し、もれを防止します。布おむつとセットで使います。

●おしりふき
紙おむつのときと同様に、赤ちゃんに合ったものを選びましょう。湯にぬらして絞ったコットンでもかまいません。

●バケツと洗剤
使用済みの布おむつは洗剤の入ったバケツにつけ置きし、まとめて洗濯機で洗います。そのほうが汚れを早く落とせます。うんちをしたときはうんちだけをトイレに流してからつけ置きします。

布おむつの替え方 男女別のコツ

布おむつの替え方を詳しく見ていきましょう。男女別におむつの当て方のコツも紹介します。

1 布おむつを開いて汚れをふく

おむつカバーをはずし、布おむつを開きます。ママやパパは片手で赤ちゃんの両足を持って顔のほうに倒しておしりを浮かせ、汚れをふき取ります。

2 新しい布おむつを敷く

手でおしりを持ち上げ、汚れた布おむつを抜き取ります。おしりを持ったまま、もう片方の手で、たたんでおいた新しい布おむつを、おしりの下に差し入れます。

3 布おむつを股に当てる

男の子はおしっこが出る前側に折り返した厚い部分を当てます。女の子はおしっこがおしり側に回りやすいので、後ろ側に厚い部分をあてるといいでしょう。おへそがまだ乾燥していないときは布おむつがおへそに当たらないように、折って当てます。

4 おむつカバーのベルトを留める

おむつカバーは布おむつを包むようにして、上から当てます。左右対称になるようにベルトを留めます。

5 締めつけやはみ出しをチェック

おなか回りに指を入れ、指1~2本分くらいのゆとりがあるか確認します。太ももと背中は、布おむつがおむつカバーからはみ出ていないかも確認し、はみ出ていれば内側に収めるようにし、もれを防ぎます。

まとめ

毎日のお世話の基本であるおむつ交換を、紙おむつと布おむつ別に紹介しましたが、参考になりましたでしょうか? 新米ママにとっては謎の多い(?)男の子のふき方やコツも解説しました。赤ちゃんのためにも、きちんとマスターして、おむつかぶれのない、きれいなおしりを保ってあげられるといいですね。(文/ひよこクラブ編集部)

監修
横田俊一郎先生
横田小児科医院院長。東京大学医学部付属病院小児科、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)小児科部長などを経て、1993年に開業。ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けていらっしゃいます。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る